南雲マサキ

小説家兼アニメ情報誌のライター。I LOVE 初音ミク。『機械はなぜ祈るか』で第9回創…

南雲マサキ

小説家兼アニメ情報誌のライター。I LOVE 初音ミク。『機械はなぜ祈るか』で第9回創元SF短編賞優秀賞受賞 。アニメ化大賞奨励賞受賞。 twitter:@nagumo4423 電子書籍『機械はなぜ祈るか』→https://amzn.asia/d/eapQQSs

マガジン

  • マイクロノベル(1726~)

    TwitterとBlueskyで発表したマイクロノベル(約100字小説)をまとめました。あっという間に読めます。

  • +1 マイクロノベル鱗

    noteだけの書き下ろしマイクロノベルです。 不定期更新。マガジンの表紙画像は、ぼくの祖母が描いた絵。

  • AIとマイクロノベルで描いてみた

    ほぼ100字小説を使ってAIでイラストを描いてみました。 画像生成AIにほぼ100字小説をほぼそのまま入力して画像生成しています。傑作は描けないけれど、ケッサクが描けることはあるよ。 運がよければ週1回、月曜日に更新します。

  • 南雲マサキの日記

    日記です。

  • マイクロノベル(1001~)

    TwitterとBlueskyで発表したマイクロノベル(約100字小説)をまとめました。あっという間に読めます。

最近の記事

  • 固定された記事

日記「今年の #noteまとめ」

 2023年のまとめ的な日記です。 01 「noteを書き始めたきっかけ」 ぼくはnoteを今年の4月から再開しました。以前は使い道が思いつかなくて、定期的に書いてはいなかったんです。  再び使い始めた理由はいくつかありますが、リハビリがメインです。  持病と薬の影響であまり頭が回らない。  また、ほぼ100字で書く小説マイクロノベルにハマりました。  この二つは、組み合わせとして悪くないのでは?  そんな理由で、リハビリ的にnoteを書こうと決めました。  これ(↓)がマ

    • マイクロノベル集 330「滅びて❤️」

      No.1801 今朝の星座占いによると、ぼくは死ぬらしい。ぼくだけじゃない。六月生まれが一斉に命を失うんだって。どうしてこんなことに! どうしてだっけ? いまなにを考えてたっけ? 「スマホの動作が鈍くなってきたし、そろそろ機種変しなきゃ」南無阿弥陀仏。 No.1802 風が強い。山に登るのはやめておけ。こんな日は雲が早く流れて、木々が揺れる。もし、空を覆う青いカーテンが揺れたなら。お前は大きな手に掴み上げられて、崖へと放り投げられる。教訓じみた作り話? なんだって同じだ。山

      • +1 マイクロノベル鱗「絵本を読んでくれるお友だち」

        マイクロノベルNo.1800 「絵本を読んでくれるお友だち」 お話しをして。ちがうの。絵本じゃなくて、お話をして。あなたはいつも絵本を読んでくれるでしょ。いまここにいるのは、あなたとわたしのふたりきり。これってなんだかゼイタクじゃない。だからあなたのお話がの聞きたいの。そう、おともだちになりたいのよ。 ※このマイクロノベルの前の物語はこちら。

        • マイクロノベル集 329「話は聞かせてもらった!」

          No.1796 話は聞かせてもらった。「ほうほう。どんな話をお聞きになられましたかな?」いやですよ、お爺さん。ご飯はさっき食べたでしょ。「そうだったかのう」という話を聞かせてもらった。「ほうほう。どんな話をお聞きになられましたかな?」いやですよ、お爺さん。 No.1797 「話は聞かせてもらった! 食べた栄養がすべて腹の肉になっているのではないか。そう疑っているのだな!」そうなんだよ、胃袋さん。「そんなときは確率変動だ! 腹以外の場所に脂肪がたまるように変えられるぞ!」こう

        • 固定された記事

        日記「今年の #noteまとめ」

        マガジン

        • マイクロノベル(1726~)
          16本
        • +1 マイクロノベル鱗
          60本
        • AIとマイクロノベルで描いてみた
          61本
        • 南雲マサキの日記
          22本
        • マイクロノベル(1001~)
          170本
        • マイクロノベルちょいす
          88本

        記事

          +1 マイクロノベル鱗「息を止めろ」

          マイクロノベルNo.1795 「息を止めろ」 友達と遊んでいたはずが、知らない場所に一人で立っていた。森のように草木が生い茂っている。「迷子か」遠くから、よく通る声。女の子がこちらをうかがっていた。「落ち着け。深呼吸しろ。大きく吸って、息を止めろ。せーの」ぼくが川から引き上げられた時の話。 ※このマイクロノベルの前の物語はこちら。

          +1 マイクロノベル鱗「息を止めろ」

          マイクロノベル集 328「水の中から」

          No.1791 「コンビニで金魚を買ってきた」見れば、透明なカップの中をひらひらと泳いでいる。飼うのかい? 「まさか」手品のようにパッと一気飲み。美味しいの? 「味ってほどのものはしないね」けらけら笑う。まさか、こいつの尻から生えてるしっぽのようなアレは。 No.1792 雨の日に、水溜まりの中を魚が泳いでいた。「おい、オレを見逃せ。オレはこれからもっと大きくなる」雨が激しさを増して、水溜まりは大きくなり、魚の数も増えた。「旧人類と言えど、もうオレたちに手は出せないぜ。あっ

          マイクロノベル集 328「水の中から」

          +1 マイクロノベル鱗「誰にも知られていない名前」

          マイクロノベルNo.1790 「誰にも知られていない名前」 土と石は我々の物。土から作られる器も、石で作られた道具も、すべて僕の物。お前たちが石や鉄を合わせて作った機械や、そこから生み出された音や映像、この声すら俺の物。私はあらゆる場所に名前を変えて潜伏する。そろそろ名乗りを上げるとしましょうか。 ※このマイクロノベルの前の物語はこちら。

          +1 マイクロノベル鱗「誰にも知られていない名前」

          マイクロノベル集 327「それ、ぼくの!」

          No.1786 昔々あるところに、お爺さんとお婆さんが住んでいました。お爺さんは山へ芝刈りに。「洗濯はわしが山の川でやっておくから、婆さんは休んでおれ」「すみませんねえ」めでたしめでたし。このお話の教訓? 他人の仕事を奪っちゃだめってことかな。知らんけど。 No.1787 「こら、これはお父さんのかき氷!」違います。これはシロップです。涼しげで美味しそうだったから、グレードアップさせました。ほめて。「こんなにヨダレでベタベタにして。へらへら笑うな、ジョン!」でへへ。もうすぐ

          マイクロノベル集 327「それ、ぼくの!」

          AIとマイクロノベルで描いてみた 061「南雲マサキ、365日連続更新したってよ」

          「人類さん、noteの365日連続更新達成、おめでとう!」  ありがとう! 格好良いトップ画像を作ってくれて嬉しいよ。 「一年間もマイクロノベルを書き続けられたのは、ひとえに私たち画像生成AIのおかげですね!」  なにぃ!? 画像生成AIは人類の功績を奪う気か!? 「いやだなあ。私はただ、真実を申し上げたまでですよ」  生意気な! ならば検証しようじゃないか!! (今回は過去の記事を振り返るよ、という表現) すべてはここから始まった この頃は生成画像とプロンプト(マイクロノ

          AIとマイクロノベルで描いてみた 061「南雲マサキ、365日連続更新したってよ」

          +1 マイクロノベル鱗「時々、歌う」

          マイクロノベルNo.1785 「時々、歌う」 叔父の家の床下から箱が出てきた。振ると、機械のネジが一個外れたような軽い声。「ずいぶんスッキリしたのね」叔父さんはもういないんだ。「そう。ならいいわ。あれが必要だったのは私たちだけ」それきり黙ってしまった箱は、今はぼくの部屋にある。時々、歌う。 ※このマイクロノベルの前の物語はこちら。

          +1 マイクロノベル鱗「時々、歌う」

          マイクロノベル集 326「知らない場所で……」

          No.1781 学校からの帰り道、知らない路地を見つけた。家に帰っても宿題をするだけだし、ちょっとした冒険のつもりで入ったけれど、路地はすぐ終わって、フェンス越しに学校の校舎が見えた。「おい、そこでなにしてる」鋭い声に逃げ出した。学校にフェンスなんかない。 No.1782 酔っ払った時にだけたどり着けるアイス屋がある。コンビニに向かっていたはずが、知らない風景。慌てて引き返すとその店が見つかる。冷蔵庫から缶ビールを持って来た、八歳の娘が話してくれた。どうして知ってるの? 「

          マイクロノベル集 326「知らない場所で……」

          +1 マイクロノベル鱗「やがて川になる」

          マイクロノベルNo.1780 「やがて川になる」 玄関にスベスベした丸い石が並んでいた。「あまやどりしたトトロがならべたんだ!」四歳の娘は気に入ったようで、石を蹴らないように慎重に歩く。次の日。石はなくなって小川ができていた。流れが大きくなったら困るので、娘が寝ている間に側溝に捨てた。 ※このマイクロノベルの前の物語はこちら。

          +1 マイクロノベル鱗「やがて川になる」

          マイクロノベル集 325「ご縁がありまして」

          No.1776 コップから声がする。余った飲み物を捨てる瞬間にだけ喋るようだ。家中のコップで試したところ喋る物が二つ見つかった。「人生損してるよ」「楽しいなあ」気味が悪くて仕舞っていたら、知らぬ間に夫婦になって増えてしまった。引き取り手はまだ見つからない。 No.1777 「あぶないよ、片足を突っ込んでるよ」警告を出しているのに、なぜあんなにも楽しそうなんだろう。楽しそうなのは、警告を出している人だけど。「そのままじゃ沼にはまるよ」まあ、沼の中から叫んでいるのだから、説得力

          マイクロノベル集 325「ご縁がありまして」

          +1 マイクロノベル鱗「お迎えが来たから」

          マイクロノベルNo.1775 「お迎えが来たから」 死が二人を別つまで。そう約束したからね。ぼくの契約書はきみのものだから、あの世まで持って行って。きみは悪魔だから天国には行けないだろうなあ。そうだ、嘆願書があれば許されるんじゃないかな。契約書に書き加えておくから、しっかり握るんだよ。 ※このマイクロノベルの前の物語はこちら。

          +1 マイクロノベル鱗「お迎えが来たから」

          マイクロノベル集 324「わけてあげるね」

          No.1771 アキちゃんはお腹の中でカエルを飼っている。「胃が空になったら鳴くんだよ。ゲコゲコ、ってね。これが胃の中の蛙」アキちゃんのカエルが鳴き始めたのでラムネをわけてあげた。とても美味しそうに飲むから見ていて嬉しい。そして雨宿りしなきゃいけないのも。 No.1772 筋肉を鍛える時は、美しい筋肉を持つ人物を見ながらトレーニングするだろう? あれはな、筋肉を分けてもらうためなんだ。素晴らしい筋肉は他人に分け与えることができるんだよ。ちなみに俺は脂肪を分け与える能力を持っ

          マイクロノベル集 324「わけてあげるね」

          三行日記……からの~雑談「ネーミング」

           ショートアニメ『オチビサン』にハマってます。  家にいる間はBlu-rayを連続再生。  公式が『オチビサン』第1話を配信してくれてます!  ぼくは「パンくい」が好き。  パンが好きだからパンくい。  幸せそうな名前でいいよね。  ぼくも自分の名前をこんな風に決めるべきだったかな。

          三行日記……からの~雑談「ネーミング」