黒の団より ラルフォ

ラルフォに関してはいくつか情報を散りばめています。一科学者として若くして名を馳せていましたが、とある告発により「倫理的問題」を指摘され、表舞台から姿を消した後、李国に入り黒の団で更に実験を重ね、出来損ないたちを含めた多くの犠牲のうえにザングースたちのような存在、そしてニノや白たちが成功体として生み出します。内戦の戦力増強としての側面はもちろんありますが、なぜこういった実験を行ったか、などについて、

もっとみる
ありがとうございます!!;▽;

「書く」をめぐるインタビュー④~「書くことは生きることであり、自分への責任を果たすこと」

「書く」をめぐるインタビューセッションを実施した。お話を聞かせてくれたのは、人事やキャリア教育の専門家として、大学で就職指導をしながら、企業の人事顧問もしているやそりえさん。

インタビューを終えて

お話を伺っていて、内省のオニだなと思った(笑)。子どもの頃から日記を書き続け、それを読み返しながら日々自分をたしかめていくということを繰り返している。さらに、やそさんの話には自分を否定するような表現

もっとみる
ありがとうございます♡
28

初めてマックのハンバーガーを食べたという話

どうもuenoです!
おはようございます🌞

最近東京は天気良いですよね~
梅雨がもう終わった感じですかね?

でも私の地元の新潟は雨のようですね

東京から新潟まで地図を見るとそこまで離れてないように見えるんですけど
住んでいる場所で天気が全然違うって地味にビックリです

というわけで今回はマックのハンバーガーを初めて食べた話をします

今日初めて食べました!(*‘∀‘)

マックに行くのは初

もっとみる
パワー受け取りました!!\\\ ٩( 'ω' )و ////
4

リスカや自傷行為をやってはいけない事の様に語る風潮にNOを

リスカを自傷行為をやってはいけない事の様に語る風潮にNOを

著:石山始

僕はリストカットをしたことは無い

でもネックカットをしたことならある、2~3回ほど

結局表面を傷つけただけで終わったけど

でもなんでも自傷行為を悪い様に言う風潮にNOを突きつけたい

僕にとっては自傷行為はメッセージなんだな

僕の知り合いの場合は

「リスカを愛している」とまで言い切っていた

「卓球の試合の景気づ

もっとみる
忝いです、宜しければマガジンの購入もよろしくおねがい申し上げます
3

ムーキー・ベッツについて語りたい

どうもどうも、たぬき開発の責任者たぬきちと申します。最近MLBが開幕したということで今日は語りたいシリーズ第二弾「ムーキーベッツについて語りたい」をお送りします。

プロフィール

ムーキー・ベッツ(本名 マーカス・リン・ベッツ)

1992年10月7日生まれ。

2011年ドラフト5位でレッドソックスに入団

2014年メジャーデビュー

2016年ゴールドグラブ初受賞

2018年首位打者、M

もっとみる
フォローもしてくれると嬉しいです😊
1

ため込みすぎ人間のアウトプット人生⁉︎

はじめまして、20代後半の女性、遊野 月翔(ゆの つきと)です。
名前が男性っぽいですが由来的なのは、またの機会に(´ω`)

あと画像のネコは黒猫のクロッキーことクーちゃんです🐱

初の投稿はこちらで記事を書こうと思ったきっかけをボソボソっと。

近状の感動と長年のしくじり

最近感動したことは、マルチポテンシャライトの本を読み、自分のことだと大納得したことです。(この詳細もまたの機会に)

もっとみる
ありがとうございます!
5

8月5日にうたう

misuzu_culira | 體と旅する

00:00 | 00:30

“ジャンプ力を鍛えようとおもうの”


木脇 孝子さんのメッセージポエムより

とても響くポエム 可愛くも力強いな
こころふわり

いつもお聴きくださりありがとうございます。
さっき、森のなかで録音したのですが蝉の合唱が勝りあえなく削除しました。笑


#ポエム #メッセージ #たかこさん #うた #語り #響きあう #声 #ジャンプする #スキしてみて

わお❤︎ありがとう!
2

あゝ死にたい

今日首を吊ろうとした。

昨日も首を吊ろうとしたんだ。

でも死ねない。

これは覚悟が足りないから?まだ生きたいから?

首にまいたネクタイをほどいて今日も死ねなかったと落ち込む。

気持ちのコップが前は空になってた。

今は気持ちのコップが壊れている気がする。

寝る、好きな物食べる、好きな音楽聞く、好きな声を聴く色々やって

ちょっと元気になる。でもまた夜には落ち込む。。。。

それは仕事に

もっとみる

「書く」をめぐるインタビュー③~「その人の生の言葉を届けたい」

先日、「書く」をめぐるインタビューセッションを実施した。お話を聞かせてくれたのは、「整理し」「見える化し」「伝える」ということに日々取り組まれているグラフィックレコーダーのりんどうまきさん。

インタビューを終えて

人が発する言葉の「生加減」と、それを「わかりやすく」「伝える」ということを、行きつ戻りつしたような時間だった。

「生加減」というのは、言葉を発した人の血が流れている感じ、息づいてい

もっとみる
あなたによいことがありますように♪
40

私がいてくれることを望んでくれる人

「本当にわからないの?タツ兄の好きな事」

「リュウ兄と一緒にいることだよ」

「シンカリオン」54話

リュウジ君は弟・タツミの好きな物事がわからずに困惑していましたが

妹であるミユちゃんにより判明。

それは、愛する兄と一緒にいることだった。

これを見て嬉しくなった

推しであるリュウジ君が愛されてることもそうだし

何より、私自身が肯定されたように感じた

私はいつも人に迷惑かけてばかり

もっとみる
私の作品を好きと言って下さるなんて嬉しいです