ひとり歩きする「評価経済社会」というワードから考えるここ数年のはなし 6/22

ビジネス書の宗教性について、気が付いたら何も書かないままに週をまたぎました。だれだよこんなの書くって言ったの。はい! わたくし、久保内自身であります!(敬礼) なんか、あれですね、宗教性とか思想とかになるとあんまり適当にこんなふうに書きなぐるのも何だな? という職業倫理的なものが顔を出しますね。

なので、今回はちょうど「評価経済社会という考え方ってどうよ」というちょうどいい具合に適当に考えていい

もっとみる
フォローやシェアもしていただけると、飼い猫をなでさせてあげなくもない
65

中世の人にとって金=核燃料だったと考えるとすんなり理解できる当時の価値観

岡田斗司夫さんの『評価経済社会』の中で、中世の人にとっての勤労や金儲けは悪だったということが紹介されていました。

説明がわかりやすいので、一応理解はできていたのですが、イマイチ実感が伴わないなあと感じていて ーそりゃあ、パラダイムシフトが何百年も前に起きたからですがー これを補間するアイデアに飢えていました。

そんな時に、長沼伸一郎さんの『現代経済学の直感的方法』に出会って、「あぁ!」という快

もっとみる
ありがとうございます🐒
15

岡田斗司夫さんのいう評価経済社会そのものの芝麻信用

芝麻信用は評価経済社会そのもの

アリババグループの #芝麻信用 がやっている信用スコアは岡田斗司夫さんが2011年に書かれた評価経済社会そのものだというお話です。

評価経済社会では好感度ランキングがかわる

これまでは自己アピールがなく人の評価を気にしない静かなる人徳者の好感度が高いと考えられていましたが
#貨幣経済 から #評価経済 へと変わることで評価をあげる気のない奴は負け犬となり

もっとみる
超超大吉🤗ぜひ二俣川にお越し下さい👍✨
7

【革命を渡り歩く】

※短くまとめたつもりですが、むっちゃ長いので歴史の変遷に興味のある方へお届けしたいと思います。

現象よりもそれを動かす背景にすごく興味があって、「Why」で考えることが多くなりました。今のような社会、例えばSNSの普及でこうして誰もが送受信できるようになったこと、オンラインサロンに始まる同じ「イズム」を共通言語として集まるコミュニティーの存在、を考えてみるとそのターニングポイントはなんだったのか

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
3

刺さったnote、刺さった動画

家入さんのnote

朝から刺激的でささりました。いろいろ挑戦して苦労されているのだなと思いました。

特に3月に読んだ #評価経済社会 をリアルタイムにチェックされていたのだとびっくりしました。

ちなみにこの本を薦めてくださったのが鴨頭嘉人さんだったりします。

鴨頭嘉人さんの動画

昨晩、オンライン飲み会が始まるまでの暇つぶしにみていた動画が、自分の中でささりました。

この方の動画は刺激的

もっとみる
超大吉✌️もっともっとスキになりますように🤗
2

【ネオ中世という現代】

2週間で開脚180度チャレンジに挑戦中なのですが、気づいたら余裕で(5/3)2週間が経っていることに気づいたのですが、現状150度くらいしか開いていない松木蓮です。すみません、無理でした。

社会の変遷のあり方を勉強するのが好きで、それは何よりヒストリーはストーリーで読み解くべきだ、と思っているからです。これまでの歴史を俯瞰してみたときに今はどんな時代なのかを考える時間が結構好きで、今日はここ数日

もっとみる
心が温まります。
4

2025評価経済社会の勝ち筋が見えた!岡田斗司夫氏も降臨。田端大学、年に一度の頂上決戦

2025年における評価経済社会での勝ち方が示され、終了後には田端大学の面々から “神回” と絶賛された、田端大学2019年度の年間MVP決定戦の様子をレポートします。

テーマは2019年3月定例会に引き続き『評価経済社会』(著:岡田斗司夫)。

前半は、課題図書の著者である岡田斗司夫さんと、田端信太郎の対談。

後半は、事前課題によって選出された、年間MVP候補によるプレゼン大会です。

年間M

もっとみる

田端信太郎が切実にYouTube指南を求めたら。岡田斗司夫「それじゃアイドルの脱ぎ競争みたいなもの」

田端大学2019-2020シーズンの年間MVPを決める、1年に一度のお祭りイベント(Zoom開催)に、岡田斗司夫氏がゲスト登壇。田端信太郎との対談が行われました。

評価経済社会の予言者・岡田斗司夫が語る、オンラインサロン、YouTubeなどファン集めの真髄とは。本来はオンラインサロン「田端大学 ブランド人学部」限定のコンテンツですが、特別に一部を公開します。

田端信太郎、カミングアウト!実は「

もっとみる

ウィズコロナ時代へのロードマップ

100年に1度の社会変革において収束までの2年以内に日本が仕掛けねばならないロードマップをまとめました。このとおりに仕掛けられたら次のウィズコロナ時代に豊かな資産を形成していくことが可能になるとみています。

4月1日に書いた #アフターコロナ へのロードマップの内容を再考しこの1か月間でまとめなおしました。

このまとめから詳細に練り直したのが以下のまとめです。

変革の時代に新しいことを考える

もっとみる
大吉💖スキでいつづけられる投稿にする励みになります👍
12

▼新たな価値を創造する

年間人口100万人減少の現実

これから100万人ずつ人口が減少していくなかで日本は経済を回して行かねばならないわけですが、負債は毎年増えていく一方だったりします。

貨幣経済が終わる日

日本は自由経済をうたいつつも、民間の株式市場に日銀が介入して下支えしているという現実があるので、国家権力が日本経済にのめりこんでいるということになっています。

だから日本の株式市場にも国家権力はいつでも介入で

もっとみる
大吉👍いいね👍イイネ👍良いね😊
4