金光碧 / Kanemitsu Midori

bitFlyer Head of Crypto Strategy Dept。bitFl…

金光碧 / Kanemitsu Midori

bitFlyer Head of Crypto Strategy Dept。bitFlyer Blockchain 取締役。 最近はLightningNetworkとDeFiが好き。猫とレモンとBitcoinのNFTのコレクター。

マガジン

  • Flyers !!

    • 94本

    bitFlyer Blockchain のメンバーがお届けする公式ブログ。「ブロックチェーンで世界を簡単に。」をミッションに、情報革命により社会や生活に先進性や利便性をもたらす明るい未来の実現を目指します。世界を変えていく、そのリアルタイムの日々をお届けします。  bitFlyer Blockchain 公式HP:https://blockchain.bitflyer.com/

    • Flyers !!

      • 94本

最近の記事

資本主義からこぼれるものにお金をまわす~ツールとしてのDAOとGenArt~

株式会社とは何か株式会社とは何か。 Wikipediaには以下のように説明されている。 株式会社の「株式」には価格=株価がつき、株価×発行済み株式数が当該会社の時価総額であり、株式会社の価値を示す一つの有力な指標と考えられる。 上場会社であれば四半期の適時開示があり、これが事業計画を達成できるペースかなどが評価され株価が変動する。非上場会社であっても、上場したらいくらの時価総額として評価されるか、M&A時の企業価値はどう評価されるか見られる。 清水大吾さんの「資本主義の

    • NounsDAOから考えるDAOは人類には早かったのか

      ブロックチェーンの世界における「DAO」 DAOはDecentralized Autonomous Organizationの頭文字をとったもので、そのまま日本語に翻訳すると「自律分散型組織」です。 ブロックチェーンの世界では、 共通のFT(ファンジブルトークン、いわゆる普通のトークン)またはNFTをWalletに持っている人たち(以後「DAOメンバー」)で構成され ブロックチェーン上に誰でも見れる形でDAOに所属するTreasury Walletがあり※会社の銀行口座

      • DAOのガバナンスと報酬設計~Gitcoin DAO/Optimism Collective/CityDAOから学び日本のローカルDAOへの活用を考える~

        DAOのよい点と難しい点「DAO」はDecentralized Autonomous Organization、自律分散型組織のこと、と一般的には定義されています。理想像として全ての決められた機能がスマートコントラクトで動き、人がいなくてもまわる仕組みというように語られますが、足許の実態としては、同じFTやNFTを保有し、共通の目的のために集まった人たちがDiscordや独自プラットフォームでわいわいしてる状況、という方が近いのではないでしょうか。この時点でなんだサークルかよ

        • 英語が苦手でもあきらめないためのHow to 努力

          2023年4月14日からETHGlobalというイベントが東京で開催されていた。ちょうどコロナも落ち着いてきていて海外からのGuest、ハッカソン参加者も日本に多く来れたようで、複数のサイドイベント含めとても盛り上がっていた。 私はサイドイベントの一つ、Plurality TokyoというとてもNiceな会に、個人で参加している山古志DAOについて話すPanelistとして呼んでもらえた。 Globalのイベントなので基本的には公用語は英語、私が出たPanel Discuss

        資本主義からこぼれるものにお金をまわす~ツールとしてのDAOとGenArt~

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • Flyers !!
          bitFlyer Blockchain 他

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          AIの時代における「人間」性~オープンでパーミッションレスなIDプロトコルへの道(OpenAIサム・アルトマンブログ和訳)

          注釈&はじめにby金光 最近(2023年4月1日現在)、世の中のテクノロジーHype Cycle的に話題の中心がCryptoからGenerativeAIに移ってしまい、Crypto民の私は寂しい思いをしていました。このムーブメントの震源地であるOpenAIのCEOサム・アルトマン氏がWorldcoinなるCryptoプロジェクトをやっていることはなんとなく知っていたのですが、AIとCryptoをどうLinkするつもりなんだろ?くらいしか思っていませんでした!が! 3月31日

          AIの時代における「人間」性~オープンでパーミッションレスなIDプロトコルへの道(OpenAIサム・アルトマンブログ和訳)

          内閣官房さまのご要望にこたえたら世界初政府系機関発行SBTになった話

          2022年9月2日、bitFlyer Holdingsから「ブロックチェーン領域への取り組みを加速させる bitFlyer Holdings 夏の Digi 田甲子園副賞のトロフィーと、内閣官房初となる NFT を作成」というプレスリリースを発表いたしました。 これはこのブログのタイトルの通り結構すごいことなのですが、当時のTweet↓ではそこまでアピールできず、この度bitFlyerのAdvent Calendarのネタを書いてという依頼をいただいたので内閣官房様、本件に

          内閣官房さまのご要望にこたえたら世界初政府系機関発行SBTになった話

          デジタル村民による山古志村ガイド / How to Visit and Enjoy Yamakoshi

          新潟県長岡市の「山古志村」デジタル村民の金光です。 ※デジタル村民って何・・・?と言う方はこちらの記事を読んでいただければと思います。山古志村が発行したNishikigoi NFTを持っている人たちのことです。 山古志村は現在は長岡市の一部の地域で、棚田と錦鯉で有名な地域ですが、ネット上に行き方や宿泊施設などの情報があまりなかったので、今後訪問される方に役立つと思われる情報をnoteに纏めます。 私は2022年の6月11日(土)ー13日(月)に滞在してきました。そのときの

          デジタル村民による山古志村ガイド / How to Visit and Enjoy Yamakoshi

          ビットコイン法定通貨化はトレンドになるか?+エルサルバドルの今

          世界のビットコイン法定通貨化の実態最近Twitterを眺めていたらエルサルバドルにおけるビットコイン法定通貨化にも一役買ったSamson Mow氏のこちらのTweetが流れてきました。 SamsonはもともとBlockstream(ビットコインのコアディベロッパーのひとりAdam Backの会社)の人でしたが、直近ビットコインの国家、自治体への採用を促進するためBlockstreamをやめています。 エルサルバドルにおけるビットコイン法定通貨化は2021年かなり話題になりま

          ビットコイン法定通貨化はトレンドになるか?+エルサルバドルの今

          NFTのはじめかた

          最近TVでもNFTが取り上げられることが増え、デジタルデータに価値がつく?なんだか高額なお金が動いているみたいだけどよくわからないな、、、と思っている方も多いのではないでしょうか。 本日1月23日に放送された「林先生の初耳学」でもNFTが取り上げられ、私はNFTのコレクターとして専門家枠で出せていただいたのですが、視聴者の方にこのトピックをわかりやすく伝えるために番組制作の方はすごく苦労されていて何度も相談させていただきました。 この番組を見て、or最近耳にして気になっている

          NFTのはじめかた

          9月にビットコインが法定通貨になったエルサルバドル 2021年のできごと

          2021年6月に南米エルサルバドルにおいてビットコインを米ドルに加えて法定通貨とする法案が可決され、9月に施行されてから3か月、これまでエルサルバドルでは何が起こり、どの程度ビットコインが法定通貨として浸透しているのでしょうか。 法定通貨になった4日後の状況は9月にこちらのnoteにまとめています。 本件、定点観測的にまとめていこうと思っているので2021年年末バージョンを書きました。 Bitcoinファンド利益による動物病院、学校の建設2021年10月10日にはブケレ

          9月にビットコインが法定通貨になったエルサルバドル 2021年のできごと

          一瞬で26億円売り切れたadidas×BAYC  NFTの仕掛けと狙い

          日本時間2021年12月18日朝、adidas Originals初のNFTコレクションが販売個数の29,620枚(一枚0.2ETH)全部の販売が一瞬で終了しました。時価で26億円相当のNFTが一瞬で売り切れたことになります。 暗号資産市場全体がダウントレンドなタイミングだったこともあり、特に日本ではあまり大ニュースになっていない印象なのですが、大企業×NFTの取り組みとして非常によく考えられた、現時点で理想的なもののひとつと言える内容だったのでnoteに纏めておきます。

          一瞬で26億円売り切れたadidas×BAYC  NFTの仕掛けと狙い

          ジャックドーシーが考える分散型取引所 tbDEX ホワイトペーパー(序文)

          ジャック・ドーシーは2021年8月21日にビットコインのDEX(分散型取引所)を作る!とTweetし、彼がCEOを務めるSquareにDEX部門の「TBD」を設立、エンジニアを募集するなどしていましたが、日本時間11月20日、TBDから彼らが作るDEX「tbDEX」のホワイトペーパーが出ました。 こちらがホワイトペーパーを紹介するブログですが、ジャックドーシーがあくまで「金融包摂」「native currency of internet」の観点でビットコインをとらえており、

          ジャックドーシーが考える分散型取引所 tbDEX ホワイトペーパー(序文)

          2021年10月時点の分散型金融~各種ブロックチェーン、DeFi2.0、規制~(2021年10月21日JBA DeFi勉強会)

          先日2021年10月21日にJBA(日本ブロックチェーン協会)のDeFi勉強会で「DeFiの現状~各チェーンの特徴、プロジェクトの紹介、規制の方向性など」という話をさせていただきました。 私は暗号資産交換業者の人としてマーケット全体の動き、規制動向を見るためにDeFiも研究していますが、改めて今回2020年からのこの分野の大きな進化を感じました。 ※2020年にもJBAのDeFi勉強会でも「CeFiからみたDeFi」というテーマでお話しさせていただいています。 今回の勉強会で

          2021年10月時点の分散型金融~各種ブロックチェーン、DeFi2.0、規制~(2021年10月21日JBA DeFi勉強会)

          2021年の糖質制限ダイエット(3.5か月で体重を15%弱落とした話)

          2021年6月から糖質制限を始め、目標体重(-7kg、15%弱減)を3.5カ月で達成しました。この間、特に運動やトレーニングはしておらず以下の原則を守る食事制限のみです。 ①一食あたりの糖質は5-10gに抑える ②夜19:30以降は食べない ③あまいものは禁止、ワインとハイボール、糖質ゼロのお酒はOK ④体重は毎日はかって記録する 過去も同様の方法で体重を落とせたことがあり、効果があることはわかっていたので今回もこの方法を採用したのですが、令和3年における糖質制限は平成時代に

          2021年の糖質制限ダイエット(3.5か月で体重を15%弱落とした話)

          Bitcoinが法定通貨になったエルサルバドルの今(4日後、2021年9月11日時点)

          2021年9月7日、エルサルバドルでビットコインを法定通貨とする「ビットコイン法」と呼ばれる法律が施行されました。6月8日に国会で可決された90日後に施行ということですね。 もともとエルサルバドルの法定通貨は米ドルだったのですが、これにビットコインが加わった形で、店舗などにはビットコインの受け取りが義務付けられます。 法律施行後ビットコインがどう使われているかなど今の状況についてTwitterのTimelineに流れてきたので以下にまとめます。 店舗でのビットコイン支払い

          Bitcoinが法定通貨になったエルサルバドルの今(4日後、2021年9月11日時点)

          Lightning Networkでビットコインはインターネットのネイティブ通貨になるのか?

          Twitter、Squareのジャック・ドーシー、Teslaのイーロン・マスクが現時点で仮想通貨、ブロックチェーン業界に大きな影響を与えていることは(よいことかわるいことかはさておき)否定できない状態になっていますが、その彼らが語り合った7月21日のThe B Worldにおいて、ビットコインのセカンドレイヤー、Lightning Networkについて多く言及されていました。 Lightning NetworkによってBitcoinはNative Currency of 

          Lightning Networkでビットコインはインターネットのネイティブ通貨になるのか?