年に一度の総決算

十月といえば。。
行楽の秋、紅葉狩りや栗拾い、運動会もあったりして
冬を迎える前に、色々と活動しやすい時期ですね。

「天高く馬肥ゆる秋」という言葉にもありますように
秋は空気も澄んでいて、空も高く感じられ、馬の食欲も増し、逞しくなるという、素晴らしい季節であります。

けれども(OBBは、最近まで存じ上げなかったのですが)この言葉は
昔、警戒の言葉としても使われていたようですね。

*****

もっとみる
嬉しいです♪
5

知識は恐怖を救う。かも。

幼い頃からドのつく怖がりなのに、たまたま見ていたテレビ番組で、予期せず心霊写真特集なるものが始まってしまう。
チャンネルを変えようとしている間に、テレビ番組はどんどん進んでしまい、心霊写真が映し出された。

男性2人が街中で写真に収められている。
日中だというのに、1人の男性の顔が真っ黒に潰れているのだ。もう1人の男性の顔はちゃんと写し出されている。
怖い。怖すぎる。真っ黒な顔が脳裏に焼きつく前に

もっとみる
嬉しいです❗ありがとうございます😆

パソコンwifi繋がらない。どうしたんだろう?今までみたいに奴隷の仕事してこい!ということかな?どう解釈したらいい笑笑youtubuみても解決しないね!スマホは繋がるのに、へんなの?

寝不足の解決策

おはようございます!

夫が夜中3時にお風呂に入っていてお風呂の音で起きて朝からテンション低めでお弁当をつくっていました。

「アレクサ、ゆうりのかくれんぼかけてー。」
最近はまってる曲です。歌詞もメロディも切なくて、声がものすごく大好きです。

さ、今日も人を癒せますように。

そして少し私も癒されますように。

すべての問題には、3つの解決策があります。
受け入れること、変えようとすること、そ

もっとみる
いいことありますように♡
2

管理職なったら知っておきたい!?チームが活性化するためのセブンルールとは!?

年代とともにリーダー像が変わる!?

働き方にも多様性が求められる時代。

工業型の産業モデルからサービス型の産業モデルへ変化をしている現在。

求められるリーダー像も変わってきています。

バブル期までのリーダー像は、経営者のメッセンジャーであった。

個人の力では勝てないので、組織の力を発揮する形で勝負をする時代。

新しいもの、いいものを作れば、ドンドン売れる時代でもあった。

思考停止状態

もっとみる
やったじゃ〜ん!
4

別のことをしてみると引き出しが増えるかも!

こんにちは。

パーソナルトレーナーの酒井です。

年間約1400本のセッションを行い、一般の方、日本ランキング上位の陸上競技選手のトレーニング指導を行っております!

一気に気温が下がってきましたね❄️。体調を崩さないように気をつけましょう😷

皆さんは何か悩み事やうまくいかない時はどうしていますか?

僕は本を読んだり、普段行かないお店に行ったり、新しい体験をしたりします。

この間、人生で

もっとみる
記事を見ていただきありがとうございます😊
2

自分の内省からチームビルディングへつなげる3つのポイント

反省ノートをつけることで成長することができる

とある経営者の方らからいろいろなお話を聞いた時に、これはすぐに真似ができると思ったのが、反省ノートをつけること。

その方は1日の最後に反省ノートをつけるようにしていたそうです。

若手の頃からずっとつけているから膨大なノートの量になっているのですが、ノートを2分割について左側に反省をすることを箇条書きにしていました。

例えば商談でお客様がどういう

もっとみる

HSPの人が苦手なこと【優先順位・マルチタスク編】

重度のHSPと向き合っています
こんにちは!ゴエです

今回はHSPの人が苦手とする
優先順位を決めること
マルチタスクが出来ない
ということについて
考えていきましょう!

まずはじめにこちらをご覧ください

どうして優先順位つけるのが苦手なのか?

HSPの特徴の1つを
STUDY HACKER
がまとめていたのをみていくと、

「一度にたくさんのことが起こる・短時間に多くのことをしなければな

もっとみる
ありがとうございます!
7

悩み事ってどう解決するの?

こんばんは。
まだお仕事が終わりませんが、noteの時間がやってきました。
今日もnoteに向き合う時間といたします。

今日は、質問箱からの回答です。私の質問箱は、こちら。
noteで回答する基準ですが、「回答が多岐に渡るもの」、「140文字では伝わり切らないもの」を扱うようにしています。

あと、回答はゆっくりです。何卒ご容赦ください。

では、本日の質問です。

【質問】

悩みごとって、ど

もっとみる
いつもありがとうございます!
4

HSPという名前がある安心感

私がまだHSPという存在を知らなかった、高校生3年生の頃。自分の劣等感に、弱さに、自己嫌悪が酷かった頃、ずっと思っていたことがある。

「自分がこんなに何もかも劣っているのは何かのせいであって欲しい。いっそ病気なら説明がついていいのに。」

もし自分が生まれつきの発達障害を患っていたとしたら、勉強がうまく続かないのも、友達と親しく雑談ができないのも、しかたがないことなんだと諦めがつくから。でも本当

もっとみる