21

今日もイチニチオツカレさまです。

音楽と向き合うとは

人生と向き合うということ。

人生は長いとおもう。

人生と向き合うということは

人と向き合うということ。

人と向き合うためには

己を知ること。

己を知り、敵を知り、味方にして生きたい。😌

#Adele #Taylor #EdSheeran
#自己啓発 #ビジネス書 #Billbord
#忌野清志郎 #甲本ヒロト #前田裕二

もっとみる

[スピッツ] マサムネさんのThe Muffs 愛が溢れてる

スピッツ草野マサムネさんのラジオ番組「ロック大陸漫遊記」の11/10はThe Muffsの特集でした。

マサムネさんは1990年代にThe Muffsの1stを、Weezerの”Pinkerton”やRage Against the Machine の”Evil Empire”と並んでかなり聴きこんでいたとのことで、ファンとしてはスピッツサウンドのルーツを知れた貴重な回でした。

特に”Ever

もっとみる

タイムトラベル

松本隆先生が男の子に書く詞も洗練されてる。シャドーボクサーも好き。もちろんてぃーんずぶるーすも。

スピッツ  『スピッツ』

今や日本を代表するロックバンドのひとつと言えるほど絶大な人気を誇るスピッツだが、彼らの音楽はこの30年間で様々な変化を経験してきた。

そんな彼らの30年間の歴史を辿るために、nikumanのお気に入りのアルバムをいくつかピックアップして、考察していきたいと思う。

(正確には考察ではなくて、ただの感想です)

今回は、スピッツのメジャーデビューアルバム『スピッツ』(1991年発売)について。

もっとみる

大宮サンセットと私。

東北から出張で来ている友人を、新橋の居酒屋でビールを飲みながら待つ間、この記事を書いている。

先日、スピッツの楽曲がサブスク解禁になって話題になっていた。ベストと一部楽曲はすでにサブスクで配信されていたけれど、全楽曲配信というのはにわかファンにとっても嬉しい出来事だった。
昔、「お父さんの大学時代によく聴いたんだ」と、父が運転する車のカーステレオからロビンソンが流れていた。ただ、父もにわかファン

もっとみる
\( ˆoˆ )/( ˆoˆ )/( ˆoˆ )/
2

311とPTSDのはなし

スピッツの草野マサムネさんが、911や311の報道のニュースで体調不良になったと知って、とても繊細な人だなあと思った。(そしてそんなところが、ますます好きになるわけですが)

かくいうわたし。

311の時には肉親が被災したため、まったくの無関係ではなく、緊迫した面持ちでずっと災害のニュースを見ていました。

幼少期に離婚した父親が、宮城県で教師をやっているはずだから、一度も言葉を交わすことなく死

もっとみる

そんなに知らないけど好きなもの(スピッツ)

アルバム2枚くらいは聴いたことあるし、巷で流れている曲はたくさん聴いていると思う、けど、とりわけファンというわけでもなく・・

歌番組で生でこの人が歌っているのをみると、なぜか泣いてしまう。
とっても好きなアーティストでも、歌を聴いて泣いたことはないのに。
CDや音源ではなく、どうやらリアルタイムだと泣けるらしい。

この人の純粋さが、もしかしたら伝わってくるのかもしれない。

だいぶ昔だけど、草

もっとみる
コップンカー
5

好きなボーカリストの話 その1

歌を歌うことが好きだ。
毎日続けることが苦痛ではないものを「好き」と呼ぶのなら、私は歌うことが好きである。実は。

随分と昔の話で恐縮だけれど、小学校の頃には合唱団に所属していたので、その頃はまあまあうまかったと思う。音域も声量もあったし(もういまはぜんぜん、だけれど)。人間、訓練をすれば、それなりにはうまくはなるものだ。ただ、やっぱり持って生まれた声の質や天性の才能には到底敵わない。

こんな声

もっとみる
濃いコーヒーが好き
7