着心地

NEWカラー登場◎接結カットソーシリーズが入荷いたしました
+6

NEWカラー登場◎接結カットソーシリーズが入荷いたしました

こんにちは。TUTIE.デザイナーの松田です。 TUTIE.でも人気の定番アイテム、接結カットソーシリーズに新たに新色2色が加わりました。 接結カットソーシリーズは以前のコラムでもご紹介させていただいておりますが、一度着るとやみつきになる心地良さが魅力のアイテムとなっています。 新たに加わったNEWカラーはこちらアイボリー チャコール どちらもベーシックに使いやすいカラーになっていますよ。 毎シーズン人気のカラーやサイズは早めに完売となってしまう事も多いですので、

スキ
3
極上の着心地ワンピース

極上の着心地ワンピース

今日は、朝から太陽が出て、湿度も低く 秋の足音が聞こえるかのような気候です。 それでも、太陽が顔を出すと、ジリっと暑く感じたりして 秋が深まるまでには、もう少し時間がかかりそうです。 ~~~ 今日は、「生地」に触れたいと思います。 お洋服を買う時に、気にするポイントは人それぞれだと思います。 もちろん・・小柄な女性にとってはサイズが一番重要ではありますが、 サイズが合えば、それだけで良いというわけでもありません。 「着心地」 ワンピースのこだわりポイントで

スキ
1
マイサイズ以外受け入れられない

マイサイズ以外受け入れられない

贅沢な悩みです それは重々承知です でも なんかもう 頑張って着るとか無理なのよ たまに着て感じることほぼマイサイズだったり ジャストマイサイズだったり 直してマイサイズだったり 着物愛が高じて そんな状態になってます。 リサイクルのサイズの合わないものを着たり プレタのものを着て感じることが 【これ、ここじゃない】 いつも通りに着てるのに短いおはしょり するっときれいに決まらない右側の布ダマリ 自分が思う着姿じゃないから 気になるポイントに目がいき 手が行く

スキ
2
暑い日には竹布のTシャツを。

暑い日には竹布のTシャツを。

今日の大阪は猛暑日! 38℃越え・・・ こんな暑い時には選ぶ服装に気をつけているんだ。 午前中は会社にいたけど、 窓際に座っている私は 冷房が届かず、熱かったのよ。 21℃に設定しても全然冷えないのよね。 それでもそのままずっとクーラの部屋にいたかったんだけど、 昼から絵手紙教室に行く予定だったので、 仕方なく、熱い中外出したんだ。 そうしたら ウォーーー 肌にじりじりと突き刺さるような日差し!!。 今日はこれを予想して竹布のTシャツにしたんだ。 竹布は竹の繊維

スキ
2
042 居心地や着心地をよりよく、快適に

042 居心地や着心地をよりよく、快適に

【私の研究はこんな感じ】  身近なところでは、ブランケットを身体のどこにかけたら知的生産性を維持できるか、掘りごたつはどのくらい快適か、また、ファン付き作業服の効果的な着用方法や、夏の着物を涼しく着る方法など、生活環境や衣類に関する研究をしています。  研究方法としては、人体のように温かく制御できるサーマルマネキンを用いて、教室やオフィスなどの室内環境に滞在させて、その環境が暑いのか/寒いのかを検討したり、衣服の保温性や蒸発特性を評価したりしています。また生理心理指標を用

スキ
3
着物専門店のこだわり-④「裏地」

着物専門店のこだわり-④「裏地」

「裏地」を大切に! 着物は表地の素材はもちろんのこと、「裏地(うらじ)」というあまり見えないところも大切な部分だ。料理にも、こだわりのかくし味があるのと一緒である。 裏地には、着物の上半身や袖(そで)の裏につける白い光沢のある布「胴裏(どうら)」、着物の袖口や裾(すそ)周りにつける「八掛(はっかけ)」、羽織や道行コートなどにつける「羽裏(はうら)」、帯には「帯芯」などがある。 まず、「胴裏」について話してみることとする。そもそも着物には、紬などの「織(お)りの着物」と、小

スキ
12
着物専門店のこだわり-③「加工法」

着物専門店のこだわり-③「加工法」

着物の反物(たんもの)をお求めいただいたら、そのまま仕立てをする訳ではない。着物を着やすく長持ちさせる状態にするために、一度京都に送り、何かの加工をして、また和の國に戻ってくる。 その加工方法には「湯のし」・「湯通(ゆとお)し」・「ガード加工」などがある。たとえ同じ工程でも、何処の職先に出すのか、つまり、加工先の工場や技術者の経験によって違った質感になってくる。この選択によって、着心地の元となる「風合い」も変わってくるので、経験と先を読むチカラが必要となってくるのである。

スキ
10
自分ブランドを作りたい

自分ブランドを作りたい

私の3つ目の望み 自分ブランドを作りたい 何のブランド? ・良い香り ・肌触りが心地よいもの ・透明感のあるもの を扱いたい。 ここ数か月、 念願のアロマセラピーの勉強をしています。 ずっと精油は使ってきたけど 王道のLavenderとTeeTreeしか使っていなかった ま、この二本があれば、かなりの守備範囲になるのだけど ほかにも 良い香りで効能があるものがたくさんあるから それらを使って 生活の中に自然の香りとその恩恵を取り入れたいと願ってた

スキ
2
着物専門店のこだわり-②「素材」

着物専門店のこだわり-②「素材」

日本には、美しい四季がある。 それぞれの季節を着物で快適に過ごすためには、素材選びがとても大切だ。僕たちは、木綿(もめん)や麻(あさ)・絹(きぬ)などの天然素材が大好きだ。初めて着物に袖を通す方には、日本の風土に合った「木綿の着物」がオススメ、四季を通して大活躍する。少々シワになりやすいのが欠点だが、着崩れしにくく吸水性も良く、その肌触りは誠に心地良いものである。 最近は安価なポリエステルが出回っているが、まとわりつきズルズルして着にくいので、初心者には不向きだ。仕事着とし

スキ
15
着物専門店のこだわり-①「着心地」

着物専門店のこだわり-①「着心地」

超ヘビーユーザーだからこそ、伝えたいことがある。 着物専門店のこだわりは、何といっても「着心地/きごこち」だ。 僕は、創業105年を超える呉服専門店「きものサロン和の國」の三代目。2 8年前、今まで持っていた洋服を全て捨て、「きもの宣言」≒「洋服断捨離」をした。仕事中はもちろん、日常生活の全てが和服だけだ。 365日×28年なので、日数換算すれば10,000日以上、毎日毎日着物だけを着続けていることになる。変わり者だ。 また、かみさんも5,500日以上着物姿である。朝から

スキ
14