批判され続けて出来た人間性の末路

「お前本当にセンスないわww」

「気持ち悪い。うざい。ダサい。」

幾度となく言われ続けた中学、高校の時。あの頃から僕はネガティブな人間から様々な批判とともに通過した分岐点を人生のあらすじとして紹介していきます。

順風満帆だった僕に初めてのトゲ

 現在24歳の僕は、学生業務を終えようとしています。幼い頃から好奇心旺盛で両親がファンであった「サザンオールスターズ」のLIVE映像をキッカケにドラ

もっとみる

洋服!愛してるぞ!!

服が好きすぎて、なんで好きか分からないし、実は好きじゃないのかも、と思う時さえある。

物心ついた時から、服が好きだったし将来は服を作るしかないと思っていた。

思い出の服といえば、母親がピアノの発表会用に作ってくれた、オーガンジーが何層にも重なった、ピンクのふわふわのドレスだ。

初めてオーガンジーを見た。ふわふわして、オーロラのように複雑に光を反射し、少しシャカシャカする。

こんな素敵な、夢

もっとみる
ありがとうございます🌷

シンプルに考えて、シンプルに選ぶ。

前回は本当に必要なものは何か?という考えについて話ました。

今回は売り手と買い手の二つの立場から、本当に必要な物ってなんだろうとうことについて書いていきます。

前回の記事はこちら↓↓

大量生産・大量消費

これ、少し前からよく聞くようになった言葉ですよね。ファストファッション人気と共に注目されたように感じます。その言葉を売り手として体感し、驚いたことがことがありました。

それは ”SALE

もっとみる

【洋服屋の自分史⑦】たかが洋服であっても、その人にとってはかけがえのないものがある。ネクタイ編

質問ですが、

「たくさんのファッションアイテムの中で好きなアイテムはなんでしょう?」

私は、コート、セーター、そしてネクタイです。
当然、これらを身に着けづらい今の季節はあまり好きではありません。それまでは、ガマン。まわりが引かない程度にギリギリまで身に着けていますが、最高気温が30℃を超えてくるとさすがに無理。一般のみなさんと同じように軽装が中心。開き直って半袖とショートパンツなどの盛夏のフ

もっとみる
スキありがとうございます!
2

セクシュアリティと洋服と私

つらつら日記です。

2月に開催した「凛華会議」にて、これからの凛華にして欲しいことの一つとして「セクシュアリティの発信」が出てきました。

そして、ありがたいことに今日までに2回ほどコラボでオンラインイベントを開催させていただきました。

セクシュアリティとはなんなのか。

いまだに一言では言えませんね。

性、人が生きる、命の源。。

どちらのイベントも参加者の話を元に私たちが話す流れでしたが

もっとみる

洋服と下着は ただ着るだけでなく楽しんでみよう

服も気持ちもTPOで変えてみる

私の住んでいる名古屋市は24時間地下鉄乗り放題という券があるので、なんと乗った日から24時間後まで地下鉄が乗り放題だ。11時に乗ったら翌日11時まで延々と地下鉄を乗り降りできるのだ。今日1日だけで3回も着替えて、同じ駅の改札口を少なくとも3回以上は通り、8回電車に乗ってるから、駅員さんもまさか私が同一人物とは思うまい。ちょっとした探偵気分だ。そして電車がほぼ私のマ

もっとみる
一緒にコンパしましょ★
9

【アパレル業界の話⑩】ブルックスブラザーズの破綻に思う。

驚くべきニュースが飛び込んできました。

https://www.wwdjapan.com/articles/1096188

アメリカントラッドのシンボル的なブランドは、今後一体どのような道をたどって行くのでしょうか。ブルックスブラザーズはアメリカ最古の洋服店であることには変わりはなくその価値を今までと同じように維持したまま、変革、進化していくことを期待するばかりです。

アメリカの破産再生チャ

もっとみる
読んでくれて嬉しいデス!
2

ものを素敵に魅せるのは…

自粛が解除されてからやりたかったこと。

それはお洋服を買いに行くこと~!!!!

 以前の職場は毎日が制服勤務だった。
一日の勤務だけで、三種類くらい制服があって、二度も三度も仕事に合わせて着替えるような日々だった。
忙しすぎて遊ぶ頻度も少なかったし、近場のショッピングモールまでは電車で一時間半もゆられなければならず…
おのずと、私服を着る機会も、買う機会も少なくなっていた。

そうして、いま私

もっとみる
よい一日になりますように。
5

【世の中の話⑬】スポーツ選手のファッション

コロナ禍の影響で、随分と開幕が遅れていた野球のメジャーリーグが今月末からはじまります。

私は、昭和生まれの典型である野球ファン。最近ではめっきり日本の野球よりもメジャーの野球に関心が強まり、当然ですが日本人選手の動向はいつもチェックしています。

今期はなんと言っても大谷翔平選手の二刀流の復活。先日の練習試合ではストライクが全く入らず大乱調でしたが、徐々にマウンド感を取り戻して投打ともに活躍して

もっとみる
スキありがとうございます!
1

7/8 棚卸し

今日はネーム付けと棚卸しをしました。ネーム付けは5月に、Tャツのネームを両端だけ真っすぐ縫って付けたのですが、今回はパーカーにネームを四角に縫い付けました。生地も裏毛のスウェット生地を初めて縫いました。毎回思うのですが、生地と糸が替わるだけで縫った時の感覚が全然違うのが面白い所でもあり、難しい所でもあります。合わないときは、とことん合わないです。何回も縫って感覚を掴むしかないので、めげずに頑張りま

もっとみる