浜松市

地域のためにできること〜「勝手に観光協会」はじめました〜

春になる前、コロナウイルスが猛威を振るって、地球は大打撃を受けた。
それはわたしの地元も例外ではなかった。

「インバウンド誘致」
今まで、観光庁を先導に、海外から訪れる観光客をいかに誘致するかに力を入れてきた。
わたしの地元、静岡県浜松市はそんなまちだった。

観光協会にできないこと、わたしにできること

わたしは旅行が好きだ。
旅行なんて大げさなものじゃなくてもいい。
知らない町の知らない場所

もっとみる

ピアノのべんきょうはひとりでするもの?

個人ピアノ教室の【ピアノひろば すずらん教室】は、個人レッスンですから、いつもレッスンは1対1が基本です。
でも月に1度だけ、仲間たちと会える日があります。
それが、「みんなでべんきょう会」の日です。

みんなでべんきょう会って何?

楽譜っていつも見てるはずなのに、意外と音符以外に何が書かれていて、どういう形で表されているかが見えてません。
いつも通る道のお店がある日解体されてても以前何があった

もっとみる

07/27 今年初めての鰻と旅行記録

すき家のうな牛

SUKIPASSも31日までということで、念願のうな牛を食べてきました。今年最初の鰻でしたが、肉厚だったし、牛肉の量もなんか多くてラッキーでした。
時にやたらと牛肉の量がショボいとテンションも落ちるのですが、これくらいならば満足です!

旅行行程を記録にまとめています

今回の旅行記録、実際にどんな行動をしたか、立ち寄ったところを1つずつ思い出して、その時の様子とかをどんどんメモ

もっとみる
各駅停車でゆっくり行きましょう!
5

#4 地域ネコにおける共生政策の難しさ

今回は、地域ネコとの共生政策について記したい。
※地域ネコとは
→地域の理解と協力を得て、地域住民の認知と合意が得られている、特定の飼い主がいない猫です。その地域に合った方法で、飼育管理者を明確にし、飼育する対象の猫を把握するとともに、フードやふん尿の管理、不妊去勢手術の徹底、周辺美化などの地域のルールに基づいて適切に飼育管理し、これ以上数を増やさず、一代限りの生を全うさせる猫を指します。
(浜松

もっとみる

浜松市のコロナ感染爆発はどのようにして起きたか?

新型コロナの感染拡大は、人口が集中する東京圏を中心に起きているが、7月25日には、人口80万人規模の地方都市、静岡県浜松市で1日に30人の感染者数が発表になり、地元では衝撃的なニュースと騒がれている。

7月前半までは、浜松市のコロナ感染者数は延べ10名程度しか出ておらず、被害は最小限に食い止められていたが、7月20日頃から新規の患者が増え始めて、7月21日~25日にかけて43名の陽性者が出ている

もっとみる
ありがとうございます。これからも良質の記事を提供していきます。
28

亜桜ゆぅき オリジナル楽曲集

静岡県浜松市を中心に活動する
日本一のパフォーマーソングライター『亜桜ゆぅき』さんの楽曲集です♪

アリガトッ!

もっとみる

07/21 家から車で1時間の田舎で仕事

天竜区の古民家でワーク・オフ会

すぐ横には清流が流れる古民家宿「阿多古屋」さんでのワークオフ会に参加しました。参加者は6名。

確かに明治時代くらいに作られた感じの趣で、20人が一度に泊まれるほどの大きなところですが、ヒノキ風呂やら設備は最新になっており、WiFiもつながります。(DL24 UL3)

もしここがアドレスホッパーになったとしたら・・・?

<交通の便>
・最寄りのコンビニまで車で

もっとみる
ありがとうございます!
7

07/19 野外でダンスしてきた~

今日は昼から佐鳴湖に出かけてきて、ステージ風になっているところでオールディーズを流しながら20人ほどで踊ってきました。
自分に近い世代の方たちが集まって毎月何回かダンスレッスンとかをしているのですが、初めて野外に出て自由にダンスしてみようということ。

前日までの雨も上がり、しっかりと晴れてくれた中、日焼け止めをばっちり塗り、1.5リットルのボトルも用意して出発。
ボウリングシャツを着ながら昼過ぎ

もっとみる
ありがとうございます!
4

グッバイ東京 -私、Uターンして農家の嫁になる[005]新規就農への手がかり

さて、前回、前々回はなぜ私たち夫婦がUターン移住を考えることになったのかについて書いた。今回は、新規就農を目指すにあたって何をしたのか、特にどのようにして「手がかり」を探したのかについて書いていく。

①農業指南本を買った

まず、「よっしゃ農業をやるぞ」ということになり、まず「絶対にギブアップしたくない人のための成功する農業」という本を買った。結論から言うと、とても親切な入門書なのだが、マジでガ

もっとみる

07/17 超巨大防潮堤をやっと見る

浜松市の海岸線に延びている超巨大な防潮堤に行ってきました。
コロナウィルスの影響で駐車場が閉鎖されていたりとなかなか行く機会がなかったのですが、見て「でかい」の一言でした。

これに深くかかわったのが地元企業の一条工務店で、グループ会社と合わせて300億円の寄付をしたとのこと。これをベースにして17.5キロ、堤防高は最大で18mにも及ぶ超巨大な防潮堤を作成して、南海トラフ地震などの津波災害の軽減に

もっとみる
各駅停車でゆっくり行きましょう!
4