大林宣彦監督とキネマの玉手箱〜goen°とラビリンス

「海辺の映画館〜キネマの玉手箱」

劇場公開を予定していたが2020年4月10日、
大林宣彦監督は旅立たれました。
コロナ禍によって映画は7月31日に延期されましたが、監督はきちんと公開予定日を迎えられたのです。
私が監督とはじめてお話させていただいたのが2020年1月9日の監督のお誕生日です。

(大林宣彦監督の誕生日、奥様でありプロデューサーの恭子さんと娘の千茱萸さんと)

出会いがあまりにも

もっとみる

朝の挨拶200927 読むRadio

Good morning, everyone. おはようございます。

9月27日・日曜日。
葉が深い緑から黄色に変わってきました。
本日は、世界観光の日。

世界観光の日(9月27日 記念日)
世界観光機関(World Tourism Organization:WTO)が制定。国際デーの一つ。「世界観光デー」ともされる。英語表記は「World Tourism Day」。
1979年(昭和54年)

もっとみる
うふふ♪The bottom of my heart. Cheers!
6

沈黙-サイレンス- (映画 2017)

遠藤周作原作の小説をハリウッドが映画化。

拷問シーンは目を背けるほどの凄惨さで、さすがマーティン・スコセッシ監督。撮影は台湾で行われたそうだが、当時の日本をよく再現できていたと思う。

通詞役は当初渡辺謙だったが、スケジュールの都合で浅野忠信になったらしい。渡辺謙は存在感があり過ぎるから、浅野忠信の方がさりげなくて、適役だったと思う。

宗教について、私はよく解らない。命をかけてまでその信仰を守

もっとみる
更にスキして下さって、ありがとうございます❤️
1

【映画館】ミッドウェイ

1937年。レイトンは大使館の武官として日本にいた。まだこの頃は日米ともに関係は良好な時期であったが、そのバランスも危うい方に傾きつつあった。
 レイトンは日本を離れる前に海軍将校たちと乾杯をすることになったが、グラスのウィスキーを飲み干せずにテーブルにグラスを置いた事を山本五十六海軍大将に冷やかされる。レイトンは山本五十六のグラスこそお茶だという噂があると返すと、古い中国のトリックだよと山本五十

もっとみる
スキありがとうございます!
3

日本の運命を変えた『ミッドウェイ』

【基本情報】

 原題:Midway
製作年:2019年
製作国:アメリカ
 配給:キノフィルムズ

【個人的順位】

鑑賞した2020年日本公開映画ランキング:17/122
 ストーリー:★★★★☆
キャラクター:★★★☆☆
    映像:★★★★★★★★★★
    音楽:★★★☆☆

【あらすじ】

1941年12月7日、日本軍は山本五十六(豊川悦司)の命により、ハワイの真珠湾に攻撃を仕掛

もっとみる
拙い文章で恐縮ですがありがとうございます!
5

エメリッヒ映画の進化形!実録戦争超大作!!『ミッドウェイ』

皆さんは、エメリッヒ監督の映画と聞いて、何を思い浮かべますか??

ウィル・スミス vs 宇宙人のSF映画『インデペンデンス・デイ』?

結局、実際には来なかったマヤ歴のド迫力終末映画『2012』?

ひょっとすると、各所で賛否両論を巻き起こした驚きのハリウッドリメイク、98年版の『GODZILLA ゴジラ』と答える物好きの方もいるかもしれません。

今回は、そんな監督の新たな代表作『ミッドウェイ

もっとみる

映画鑑賞の備忘録「ねじ式」

「ねじ式」★★★
石井輝男監督
浅野忠信主演
瀬川憲一音楽
つげ義春原作

つげ義春のねじ式を石井輝男監督が実写化。原作がカルト色濃厚だけに、半端なカルト作品では許されない。

映画の冒頭は土方巽率いるアスベスト館による暗黒舞踏。暗黒舞踏ってちょっと意味が分からないので苦手ですが、本作にはマッチしています。音楽も良い。こういうのって「キモカワ」と言うんだろうか。暗黒舞踏が出る時点でもう一般の趣味趣

もっとみる

黄金を抱いて翔べ

本小説は映画化もされているという事でどんな作品に仕上がっているのか、監督の本作品の解釈はどうなのか気になって観ることにした。

やはり、モモの死を前に立ち去らねばと思う幸田は自分が何者であるのかはっきりと自覚して死と生の間を彷徨い、限りなく死に近いところで生きてきた幸田が生へ向かって歩きだしたのか、死んでしまったのか、それをどのように映像にしたのか知りたかった。

本作の魅力はハリウッド映画を意識

もっとみる