人気の記事一覧

「木次線(きすきせん)の父」が晩年語ったこと

『砂の器』と木次線と図書館

松本清張「ガラスの城」読書感想文

5か月前

『砂の器』と木次線 まとめ(発売から5か月)

再生

『砂の器』と木次線 自動音声による試し読み

タイムラグはありますが…

一人芝居の中の自分ーある小説を通して

【読書】『影の地帯』松本清張

1か月前

清張の創造性講座5 いろんなジャンルに手を出せ。

民主主義の国が「選挙」を捨てるとき

1か月前

清張に学ぶ創作のヒント:文字に行き詰まったら絵を描いてみる。

再生

【肉声スクープ!】あの原作者が映画『砂の器』を語る

清張の創造性講座4 家政婦は、いや、タクシーの運転手は見ていた。

司馬遼太郎と松本清張

3週間前

「社会派」という呼称について

¥100
1か月前

チャートルーラーが天王星の私はサスペンスを好む。最近読んだ松本清張氏の「球形の荒野」は、亡くなったはずの父の書跡と酷似した書跡と出会うことから物語が進む。寺院や美しい自然描写が流れる中、面影を追う父と娘。私も離れ住む長女との関係性とも重なり切ない感情に包まれた。

2週間前

いも山事件

松本清張に学ぶ現代における情報収集

ゲンロンカフェで松本清張イベントに出ます(6/2)

2か月前

親から受け継いだ嗜好

2日前