yuko.tapir

小6、小3の子どもを持つ母親。皮膚科クリニックの看護師です。 仕事、子育て、自身の好きなことや考えていることなど、その時書きたいと思ったことを気ままに書いています。知らない分野のへぇ~と納得できる話を聞くのが好きです。

yuko.tapir

小6、小3の子どもを持つ母親。皮膚科クリニックの看護師です。 仕事、子育て、自身の好きなことや考えていることなど、その時書きたいと思ったことを気ままに書いています。知らない分野のへぇ~と納得できる話を聞くのが好きです。

    マガジン

    • かんたん料理

      手間のかからない簡単料理のレシピです。

    • 歯列矯正 インビザライン

    • 旅ログ

      旅先での少しのお役立てとおすすめスポットなど。

    最近の記事

    エルピス⑦を観て

    組織は一枚板ではない。 警察の平川は、最初署に浅川と岸本が来た時、素直な驚きがあったのだろう。 二人が来たことで、完全に消えかけていた(密閉して発火しないようにしていた)火種にわずかに空気が入り込んで、むくむく煙が沸き立つように、少しずつ自身を動かした。 平川は、勝手でズル賢い人物だから、世の動きを敏感に察知して、今だな〜と。その抑えつけていた思いを、小さな穴から噴出したい衝動から逃れられなくなったのだと思った。良心とはちょっと違う。 鬱憤を晴らしたい方が強い。 それは、自

      • 神聖な、こたつ

        子供が学校に行っているうちに、こたつを出した。 「ただいまー! イェーイ!こたつ〜」 息子が帰ってきて、すぐに反応した。 こたつでゴロゴロぬくぬくするのが大好きなのだ。 ランドセルを置くと、お風呂場に直行しシャワーで足を洗い出した。 「臭いと、こたつに入れないから」 と足を拭きながらリビングに戻ってきた。 ニコニコ顔で、こたつに入ってゴロンとしている。至福の時のようだ。 「神聖なこたつなんだね。」と私が言うと、 「うん!」と言って漫画を読み出した。 しばらくすると、

        • 知らない昭和30年代に、思いを馳せる

          子供と図書館に行った際に見つけた一冊の本。 私は、昭和30年代に以前から興味を持っています。 それは何故かと言うと、 母の実家が岐阜県の揖斐郡池田町というところでした。そこは古いこじんまりとした今は寂しい商店街。 この街は明治の頃にでき、その頃は芸姑置屋があるほどの栄えた花街でした。東北などから奉公に出た若い娘たちが働いていたそうです。 母が子供の頃、まさに昭和30年代にはまだ、隣の料亭に芸妓さんが出入りしていたそうで、芸妓さんたちに可愛がられたという話を聞いたことがあ

          • エルピス⑤を観て

            抑え込み飲み込んだことで招いた自身の過去を背負いながらも、それが原動力となり、松本死刑囚の冤罪を覆すために大きな力に立ち向かっていく。その希望が見えてきたかのように思える第五話。 この事件の背後にあるものが徐々に形を帯びてきたというおもしろさと、それに抗っていけるのかというヒリヒリ感も増すが。  良い方向に転ぶか、悪い方向に転ぶかは楽しみにするとして。 全てをやり終えたあと、二人はどんな心境になるのだろう。 信念を貫き大きな流れに抵抗したことで、前向きに捉えられるようにな

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • かんたん料理
            yuko.tapir
          • 歯列矯正 インビザライン
            yuko.tapir
          • 旅ログ
            yuko.tapir

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            『medicalなんとか』というお仕事

            先日、製薬会社の営業の人の話を書きました。 頂いたコメントをきっかけに、製薬会社のMRという仕事について調べてみました。 そして、今までただの営業の人という失礼な認識をしていたことを反省しました💦 今回は、このMRという仕事と、他にmedical〇〇という仕事って何があるのか、気になって調べてみました。 更に、最近会ったMRさんが最強だったのでそのことについての話です。 MRというお仕事 medical representative 医療情報担当者 製薬会社の自社製品を

            インビザラインによる歯列の変化🦷

            抜歯せずに、出っ歯をできる限り改善することを目標に、9月からインビザラインによる歯列矯正を行っています。 今回は、1枚目から11枚目までのアライナーの形を、時系列で見ていきます。 11/9現在、9枚目を装着中ですが、11枚目まででかなり歯並びが改善しそうです。 11枚目の歯並びになったとしても、外してそのままにしておけば元に戻っていってしまうので、さらにインビザラインを何枚か追加して戻りにくい位置まで持っていくそうです。(当初の支払い分に含まれる) 今は歯に痛みもなく、

            スキージャンプ観戦の魅力 2022全日本選手権in白馬

            10/20(木)〜23(日)にかけて、長野県白馬村の白馬ジャンプ競技場で全日本選手権がありました。 北京冬季オリンピックで活躍した選手はじめ、国内のトップ選手が集結し、今季ワールドカップ派遣メンバーを選出する大会でもあります。 今回私は初めてジャンプ観戦をしに行ったわけですが、温泉・紅葉も同時に楽しめてしまう白馬と、ジャンプ観戦の魅力についてまとめてみましたので、よかったら読んでみてください😌🍂 ⚠私の偏った視点も入っています。 夏もスキージャンプができること知らない人も

            全く違う話の切り口で、着地点を曖昧にしようとする人の話。

            製薬会社の営業の方と関わることがあります。 医師、薬剤師、医療事務、看護師に対して、新薬や在薬でも新たに分かったこと、大学病院の教授の研究結果や薬を使ってみての患者さんのアンケート調査結果など、データをもとに根拠立てて説明してくれることで、現場スタッフにとって勉強になるし、結果製薬会社の売上げにも繋がるという…。 どっちにとってもWin-Winな営業方法。と言ったら怒られるかもしれませんが。 そういうのがあって、営業の方の話の後に、一人の薬剤師がある質問をしました。 薬の投

            体温表、連絡帳、宿題プリントが入った袋ごと息子が家に忘れた。オイオイ勘弁してくれよと思いながら、今日は仕事も休みなので学校までこっそり届けに。冷たい朝風に乗って金木犀の香りと眩いオレンジ色。こんな日もいいね。

            映画『百花』 (ネタバレあり)

            アルツハイマー型認知症になってしまった母という題材だけだと、ある程度流れが読めてしまうよな。 母親が少しずつ日常の中で問題を起こし始め、息子が違和感に気づき出し、進行と共にいろんなことを忘れていき、それを息子は受け止めきれず、現実と向き合うことに苦悩しながらも受け入れていく…などと。 そこに何がプラスされるのか。という思いと、キャストに期待してこの映画を観に行った。 やはりそれだけではなかった。 母がアルツハイマー型認知症になるよりもはるか前に、基盤としてまず、息子は裏切

            人の顔と名前が一致せず、覚えられないのは何でだろう?

            例えば、子どもの担任の顔や名前がいつまで経っても覚えられない。覚えた頃に進級してしまう。 よく来る患者さんの顔と名前が一致しない。文字で名前を見ただけでは顔が思い出せない。なんてことはしばしば… よく飲食業の方とか、たくさんいる常連客一人ひとりの顔、名前、いつも注文するものを記憶していて、お客さんが来店したらすぐ出せるっていう、そんな店員さんいますよね。 こんな店員さんになれそうなくらい、すぐに覚えられる友達がいます。 その友達と話していたときのことです。 友達の話を聞

            クッキートルテで、かんたんベイクドチーズケーキ

            いよいよ待ちに待った季節が近づいてきました。 冷たい風に乗って金木犀の香りが漂う10月、一年で最も好きな季節が来ると思うと、ほんとに嬉しくなります。 それはもう少し先のことですが、気分はもう秋🍂 ホットコーヒー☕と共にチーズケーキが食べたくなります。 ベイクドチーズケーキって自分で作るレシピを見ると、クッキー生地のところを作るのが少し手間じゃないですか😅 なので、既成のタルトを使えば簡単、しかも間違いなく美味しくできます❣ 混ぜて流し入れて焼くだけなんで、簡単です! クリ

            娘の情熱

            小6の娘は、絵を描くのが得意です。 幼稚園児の頃からずっと絵画造形教室に通っています。 独創的で大胆な作品だと褒められて、私達親も祖父母も「すごいね~、すごいね~」ってな感じで褒めまくってここまできています。 しかし、小6で絵画を続けている子は、好きでやっている子がほとんどです。 つまり、実力者揃いなのです。 娘は最近、他の子の絵がうまい。とか、他の子の柔軟な発想に驚いたりと、自分に少し自信を失くしている様子。 でも、私は娘の絵や作品が大好きです。いい味出しています。

            マウスピース矯正(インビザライン)について🦷

            歯科衛生士の方から、届いたインビザライン実物を見ながら説明をしてもらいました。 私の場合はアライナー(マウスピース型矯正装置一枚ずつのこと)が11枚綴りになっていました。 上写真のように、一枚ずつ順番に個包装されています。 光学スキャンで口腔内や歯列の3D画像を撮り、そのデータをもとに導き出された枚数だそうで、今は機械が有能すぎますね。 患者の求めるゴールと、AIが数値的に導き出すものと、歯科医師の治療方針。これらを擦り合わせるにはどうするのか知りませんが、AIだけに頼るわけ

            連載【かたばみ】を読み終えて

            7/21をもって朝刊連載小説『かたばみ』が完結しました。 終戦直後、世の中混沌としていて人の事を考える余裕もなく、我が身や我が子を守ることで精一杯な中で、自分自身を殺してでも生き延びるための人間の底力というのは凄まじいものがあったと思います。 その状況がゆえに良心や優しさが封じ込められて、元はいい人だったのに意地悪い人になる…。 夫が戦地で亡くなり未亡人となった人が子供を連れ再婚したり、後継の為に養子をとったり、妾の子供は他所に出されたり、それ以外にも今ではなかなか考え

            歯列矯正🦷の続き

            3週間ほど前にマウスピースの型を取りました。これは、インビザラインが届くまでの間装着しておくための物です。 最近、歯に着けられていたワイヤーを外してもらい 、インビザラインのスキャンを行いました。 いよいよインビザラインが3週間位で届くそうです。それまで、このマウスピースを着けます。 透明でプラスチックみたいな素材です。インビザラインはもう少し、しなる素材のようです。 外してごはんを食べた後、歯を磨いて装着します。 厄介なのが、料理をしている時に味見がしにくいことです。