夏目漱石『坊っちゃん』を地理の視点から考える

今回は、読書の秋ということで、文学作品と地理の話です。私はあまりたくさん読書はしませんが、夏目漱石が好きです。特に、小説『坊っちゃん』は読みやすく、楽しく読んでいました。小説の世界(舞台)について地理の視点で考えると、文学を読むのがより楽しくなるということを書かせていただきます。最後に松山旅行のときの写真も紹介します。

 今回読んだのは、夏目漱石『坊っちゃん』(角川文庫,2015年改版,はじめの

もっとみる
ありがとうございます。今日も穏やかな1日になりますように。
8

講演終了!

▼今日は人間環境大学松山キャンパスで行われた「大学入学共通テスト対策講義」の英語の講演を担当しました。昨夜,松山入りしてホテルに泊まり,朝,近くのスーパー銭湯でひと風呂浴びてさっぱりしてから会場入りしました。

▼会場の人間環境大学松山キャンパスの前には,正岡子規の生家の跡を記す石碑が立っていました。

▼講演のあと,近くの喫茶店でランチを。500gのハンバーグと,ホワイトソースのかかったピラフ大

もっとみる
ありがとうございます!今後ともよろしくお願いします!(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡
6

19歳、ノリで愛媛に移住してみた。

はじめまして、いろいろあって地元の神奈川県から愛媛県松山市に移住してきたがくとです。

松山に住み始めて1ヶ月が経ちました。

僕は今年4月から海外に住む予定が潰れ、高校卒業後約4ヶ月半もの間ニートとして実家の部屋にこもり惰性に満ち、甘えた生活をしていました。

その頃はよく、自分が生きてる意味ってなくね?という思考から自暴自棄な状態に陥っていました。

そんな時あるキッカケがあり、このままじゃダ

もっとみる

愛媛松山でボードゲームが出来るボドゲカフェ&ボドゲbar紹介vulgar

単純にこの記事を書きたかったのは、よく行くボードゲームが出来るbarが検索しても全く候補に出てこないから。
愛媛に出張して来たボドゲ勢が「ちょっとボードゲームやろうかな」と検索した時に出てくる選択肢の一つとして検索結果に何とかひっかかるようにと記事を書いています。

基本的に以下3つのお店を紹介します。
1つは検索結果に一番出てくる「ミープルの森」
2つ目は繁華街にあるbar「vulgar」(今回

もっとみる

写真集#01 梅津寺の海2020.08

8月の終わりに梅津寺の海岸へ行ったときの写真です。撮影しながら感じる光、風、波、音、匂い、踏みしめる感触、普段の自分が使わないアンテナが動いているようでした。

※こちらの写真は販売・配布はしていません。フリー素材ではありません

もっとみる
ありがとうございます!ハッピー!

四国一周 一人旅③ 2020.08.29

つづき

29日、ホテルで軽朝食🥐お弁当もあったけど、ハンバーグやら唐揚げは朝から食べられん…_:(´ཀ`」 ∠):

ホテルから徒歩で松山城へのロープウェー乗り場へ

ロープウェーの最寄りは大街道駅だけど、県庁前駅の隣駅だったので、徒歩10分くらいで到着。

感染拡大防止のため、リフトをご利用くださいって…こんな一人乗りのリフト怖くて乗れないんだが……。ロープウェーを貸切。すみません。

猛暑

もっとみる
いい湯ありがとうございます♨︎
5

鯛めし

▼2年ほど前,仕事で松山に赴いた時,「宇和島風鯛めし」を初めて食べてその美味しさに驚きました。以前は「鯛めし」というと炊き込みご飯を想像していたのですが,宇和島風鯛めしは鯛の刺身を甘口の醤油ダレに漬け込んで,卵の黄身を絡めていただくもので,いかにも漁師飯,といった感じでした。

▼で,実は,この鯛めし,それ以前にドラマ『孤独のグルメ 大晦日スペシャル~食べ納め!瀬戸内出張編~』(2017年12月3

もっとみる
ありがとうございます!今後ともよろしくお願いします!(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡
5

四国一周 一人旅② 2020.08.28

つづき

28日、素泊まりだったから、朝ごはんはうず芋どらを買って食べた。

これ超美味しい!!芋がごろっと!!!好き

朝の丸亀城を見てから

丸亀駅から観音寺駅へ。

平日朝7時前の電車だったから、通勤通学ラッシュに当たり、40分立ちっぱなしだった、、

観音寺駅、思ったより小さかった。

バス乗り場がよくわからず、地元のおじさんに聞いたら丁寧に教えてくれた!観音寺のりあいバスと、三豊市コミュ

もっとみる
いい湯ありがとうございます♨︎
5

第156期 松山講習

第156期の松山講習が行われました。

私は東京から移動できないので、すこーしだけオンラインで参加。

早く、みんなが安心して移動ができるようになればいいなと思います。

『でたきり老人日記①』わたくしこう見えても、ただのおっさんです。

お酒が一滴ものめない下戸なんですが、大阪、京都、東京、北京、ソウル、バンコクにボトルが入っています。誰がのんでるのでしょうね。
生き方も、イキ方も人は様々。

命の蝋燭の炎の長さも人はそれぞれ。
わたくしの炎も残り少なくなってきましたが、老いて落ちるのは表面的な美しさとパワーくらいなもんだ。お金や時間、それに知恵にはむしろ余裕ができる。

なぜ『でたきり老人』なのか。

歳をとらない方法が一つだけ

もっとみる