技術の継承

何故、電機屋になったのか。

・電気の世界
「ハンダごて」を握るということからでした。ハンダを溶かし部品を基板に取り付ける時の“香り!?”がとても好きになってしまったのが中学生の頃。部活動の顧問の先生が「アマチュア無線」免許を取ってみないか?と勧められ勉強を始めたことが電気の世界を知ることになります。

・無線の魅力
当時は携帯電話(スマホ)といったものは普及してないので線を伝わることなく「話ができる」というのはすごく不思議な

もっとみる
読んでいただいてありがとうございます。
5

すべてを記録できるか

マニュアルを見るだけで何らかの作業を失敗せずに行なう、これだけなら最近はロボットでも代わりにできる事があると思います。
ロボットに作業を覚えさせるには色々な方法があります。

作業が動きを伴うものならモーションキャプチャからデータに落とす事ができます。画面上での操作ならそのまま動画に落とすソフトは色々とあるはずです。

さて動きだけを取得できればすべて解決されるのかが重要です。

特定の装置やソフ

もっとみる

レベル

マニュアルを作るとき、最初に考えないといけないのは誰が使うのか、です。

敢えて読むのかとは書きません。マニュアルがあったとして、実際にマニュアルが必要な人がいるとすると、その人は最初に全部読んで理解してから仕事を始めるでしょうか。ほとんどの人はマニュアルを片手に見ながら仕事をするでしょう。

マニュアルを作る時に一番大切にすべきなのはこういうユーザです。
そして一番感想をもらいたい人でもあります

もっとみる

終わりのないマニュアル作り

マニュアルを作ろうという話になると多くの場合が一度作れば終わり満足してしまいます。しかし本当に使えるマニュアルは日々更新されていくものだと思います。

仕事のやり方が変わった

使っているソフトをバージョンアップしたら操作方法が変わってしまった

上司が変わって仕事のやり方を変えられてしまった

もっと簡単にできる方法を見つけた

より確実にできる方法を思いついた

毎回失敗するところがある

もっとみる

この note を始めるきっかけ

今の日本は高齢化が進み、団塊の世代が定年退職を向かえています。
そんな中で技術の継承に問題を抱えている会社も多いです。

技術の継承は、別に超一流の職人さんの技術を残すといった大仰な目的だけではありません。日々当たり前のようにやっている仕事でこそ活用すべきではないかと思います。

"当たり前" と書いたように無意識にやっている仕事も多いです。

これを意識して分析し、より無駄が無い方法に改善したり

もっとみる

SmartSTREAM課題解決ストーリー 建設・工事会社様の利用シーン | NTTスマートコネクト

光Webスクールで社内教育が充実!視聴管理による理解度分析で安全意識と技術の底上げを図る!

建設・工事会社 人材育成担当者様の利用シーン

世界中で高い評価を受けている日本の土木・建築技術ですが、それを支えるのは先輩から後輩へと代々受け継がれてきた繊細な技術と技能があるためで、現在でも、次世代を担う人材の育成は、企業にとって重要な経営課題の一つと言えるでしょう。

さらに、建設業界では、次世代に

もっとみる

第235回 初の題名忘れで投稿

1、学問のライフサイクル

たまたま研修会で目にしたのですが、

リクルート進学総研で出している、大都市圏の学科のライフ・サイクル分析というものがあります。

国公私立大学に設置されている学科総数は2014年時点で5139、これを12の大分類と 78の小分類にわけ、それぞれ、志願者数を縦軸に、募集定員数を横軸にして図化します 。

志願者も募集定員も増えているときはI成長期、

募集定員

もっとみる
きっと貴方ならスキを押して下さると思ってました!
4