SynQ@クアンド

福岡のスタートアップ株式会社クアンドが手掛ける現場コミュニケーションツール「SynQ …

SynQ@クアンド

福岡のスタートアップ株式会社クアンドが手掛ける現場コミュニケーションツール「SynQ Remote」。 人手不足、非効率な作業が問題となる現場仕事に特化した、現場仕事の効率化と従事する人々の働き方を改善するWEBシステムです。建設やメンテナンス業界に関する情報を発信します。

最近の記事

現場の仕事は「個人」から「チーム」の時代へ。現場の未来を変えるリモート・コラボレーションとは?

リリースしてから1年がたったSynQ Remote(シンクリモート)。どうやって生まれ、これから何を目指すのか、代表の下岡に改めてインタビューしてみました。初めてSynQ Remoteを知る方や、導入を検討されている方にもぜひ、我々が実現したい世界や考え方を知っていただきたいと思い、このnoteを執筆しています。 リモートコラボレーションを現場に――SynQ Remote(シンクリモート)とはどのようなサービスなのでしょうか? ひと言で表すと「現場版のZoom/Teams

    • すべて電話だった自社内・協力業者とのやりとりを視覚的に。レポート作成までの時間を短縮したい

      今回はSynQ Remote(シンクリモート)を導入検証いただいている電気通信事業者の保全部門の方にお話をうかがいました。どんな課題を持ってい て、なぜSynQ Remoteにたどり着いたのか、その背景を聞きました。 業種:電気通信事業者 部署:光回線保全部門 業務内容:光回線のケーブルの保守業務を管轄。ネットワークが切断された場合の緊急工事や定期的な保守工事を協力業者と共に行う。 使用端末:PC、iPad、iPhone 主な利用機能:ポインタ表示、描画、複数人通話、画面

      • 【無償提供】現場仕事向けビデオ通話サービスSynQRemote(シンクリモート)デバイス付き特別トライアルのご案内

        2022年2月1日より、現場の遠隔支援アプリSynQ Remote(シンクリモート)をご検討のお客様で、ご利用のデバイス(PCやスマートフォン)にお困りのお客様に先着10社様限定で無償でトライアル&機器をお貸出しするキャンペーンを実施いたします。 現場仕事に特化したビデオ通話アプリ「SynQ Remote(シンクリモート)」とは? SynQ Remote(シンクリモート)は、現場仕事に特化し「あれ、これ、それ」を言葉ではなく、指差し感覚で簡単に、正確に、相手に伝えることの

        • 【無償提供】海外工場や現地法人様とのやりとりでお困りの企業様へ  ~現場仕事向けビデオ通話サービスSynQRemote(シンクリモート)を期間限定で無償提供いたします。

          長引くコロナ禍の中、海外への渡航制限も厳しく、海外の工場や現地法人とのやりとりでお困りの企業様へ、2022年2月1日~2022年3月31日までの2ヵ月間、期間限定で、SynQRemote(シンクリモート)を無償でご利用いただけるキャンペーンを実施いたします。 現場仕事に特化したビデオ通話アプリ「SynQ Remote(シンクリモート)」とは? SynQ Remote(シンクリモート)は、現場仕事に特化し「あれ、これ、それ」を言葉ではなく、指差し感覚で簡単に、正確に、相手に

        現場の仕事は「個人」から「チーム」の時代へ。現場の未来を変えるリモート・コラボレーションとは?

        • すべて電話だった自社内・協力業者とのやりとりを視覚的に。レポート作成までの時間を短縮したい

        • 【無償提供】現場仕事向けビデオ通話サービスSynQRemote(シンクリモート)デバイス付き特別トライアルのご案内

        • 【無償提供】海外工場や現地法人様とのやりとりでお困りの企業様へ  ~現場仕事向けビデオ通話サービスSynQRemote(シンクリモート)を期間限定で無償提供いたします。

          現場向け遠隔支援ツール「SynQ Remote」が複数人向けコラボレーション機能を新たにリリース

          複数人が同じ現場を見ながらビジュアルコミュニケーションをとれるコラボレーション機能が新登場。さらに現場で使いやすくなりました。 現場仕事に特化した遠隔支援コミュニケーションツール「SynQ Remote(シンクリモート)」は、2021年11月26日に、複数人向けコラボレーション機能をはじめとした新機能群をリリースいたしました。  実際に現場で働く方々にインタビューを行い、「現場仕事」ならではの新機能を開発いたしました。下記にご紹介する5つの新機能を中心に、より現場での遠隔コ

          現場向け遠隔支援ツール「SynQ Remote」が複数人向けコラボレーション機能を新たにリリース

          建設×IT ~現場デモンストレーション~沖縄の建設業の方々にSynQ Remoteを体験していただきました!

          2021年9月8日、まだまだ夏の日差しが降り注ぐ沖縄にて、建設業に従事する方々を対象としたITツール体験会が行われました。現場向けビデオ通話アプリ「SynQ Remote(シンクリモート)」を実際に操作し、搭載したばかりの新機能を含め、現場での扱いやすさを体験していただきました! イベント概要建設×IT~現場デモンストレーション~ 内容①ドローン測量の座学・実演・体験会(株式会社okicom様による) 内容②「SynQ Remote」の実演デモンストレーション(株式会社クア

          建設×IT ~現場デモンストレーション~沖縄の建設業の方々にSynQ Remoteを体験していただきました!

          建物はコミュニケーションでできている

          α版からプロダクトを育ててくれたユーザーと考える建設業の将来 株式会社クアンドは時間、空間、言語を超えて、現場の知を価値に変えることを目指して、製造、建設、設備管理などの現場向け情報コミュニケーションプラットフォーム「SynQ(シンク)」を提供しています。 この「SynQ」構想の第一弾となるプロダクトが現場のコミュニケーションに特化した、ビデオ通話アプリ「SynQ Remote(シンクリモート)」です。 2020年11月に正式版をリリースしましたが、構想自体は2018年

          建物はコミュニケーションでできている

          2024年4月より建設業の残業規制開始!今できることは?

          こんにちは、株式会社クアンドのSynQ広報部です。 今回は施行開始が近付いている 建設業の「時間外労働の上限規定」 について徹底解説していきます。 2019年4月より施行された「時間外労働の上限規定(厚労省情報サイト)」。 残業時間の上限は、原則として月45時間・年360時間とし、特別な事情がなければこれを超えることはできないという規制です。 建設業については開始より5年間の施行猶予が認められていましたが、2024年4月よりついに建設業でも上限規定が開始されます。 また、

          2024年4月より建設業の残業規制開始!今できることは?

          【環境省公募採択】パラオ共和国におけるEV車両導入事業の遠隔メンテナンスをSynQ Remoteでサポート

          この度、クアンドは北九州市、市内3企業、(公財)地球環境戦略研究機関と共同で、環境省「令和3年度脱炭素社会実現のための都市間連携事業委託業務」を受託し、「パラオ共和国コロール州におけるEV車両導入を通じた脱炭素化促進およびコ・ベネフィット創出事業」に参画することになりました。 パラオ共和国とは パラオ共和国はミクロネシアに位置し、群島からなる人口約2万人の国です。観光を主要産業とする同国は、恵まれた観光資源を有する一方で、廃棄物増加・食料安全保障・エネルギー安全保障・外需依

          【環境省公募採択】パラオ共和国におけるEV車両導入事業の遠隔メンテナンスをSynQ Remoteでサポート

          早稲田大学IPS・北九州コンソーシアム情報共有会にて講演を行いました

          2021年3月3日、早稲田大学IPS・北九州コンソーシアム情報共有会にお声がけいただき、CEO下岡がSynQシリーズの構想と現在のプロダクトについて「現場(製造現場や建設現場) におけるリモートワーク・リモート化の可能性」というタイトルで発表をさせていただきました。 早稲田大学IPS・北九州コンソーシアムとは?IPS(早稲田大学情報生産システム)研究センターは早稲田大学の研究拠点の一つで、多くの企業との対話を通じて情報アーキテクチャ、生産システム、集積システムの3つの分野に

          早稲田大学IPS・北九州コンソーシアム情報共有会にて講演を行いました

          福岡市実証実験フルサポート事業にQUANDOが現在構想している事業 「Digital Factory」が採択されました!

          2021年3月15日、福岡市役所にて行われた福岡市実証実験フルサポート事業の採択式にて、髙島市長にプロジェクト内容を正式にご報告させていただきました。お隣は、同時に採択された株式会社新出光の出光泰典社長です。なんとも光栄な式典でした! 福岡市実証実験フルサポート事業とは「福岡市実証実験フルサポート事業」は、福岡市と福岡地域戦略推進協議会がAI・IoTなどの先端技術を活用した社会課題の解決や生活の質の向上などにつながる実証実験プロジェクトを全国から募集し、福岡市での実証実験を

          福岡市実証実験フルサポート事業にQUANDOが現在構想している事業 「Digital Factory」が採択されました!

          SynQ Remote製品版がリリース!

          こんにちは!SynQ 広報部です。 2020年11月2日、SynQ Remoteが待望の正式リリースをいたしました! 「SynQ Remote」とは? SynQ Remoteは福岡のスタートアップ 株式会社クアンドが開発する次世代型現場コミュニケーションプラットホームです。簡単に言うと、建設業やメンテナンス業などの現場に特化したコミュニケーションツールです。事務所と作業所、本社と各事業所など離れた場所からでもまるでその場にいるかのようにPCやスマートフォンでコミュニ

          SynQ Remote製品版がリリース!

          「遠隔臨場」とは? -遠隔臨場に活用できる"SynQ Remote"-

          こんにちは、株式会社クアンドのSynQ広報部です。 今回は今建設業やメンテナンス業等の現場仕事における話題のワード 「遠隔臨場」 について徹底解説していきます。 この「遠隔臨場」というワード、聞きなれていない方がほとんどなのではないでしょうか? 令和2年5月、国交省が2020年度版の遠隔臨場試行方針を策定しました。 →遠隔臨場に関する記事 3月2日には「建設現場の遠隔臨場に関する試行について」 5月7日には「令和2年度における遠隔臨場の試行について」 と「遠隔臨場」が今年

          「遠隔臨場」とは? -遠隔臨場に活用できる"SynQ Remote"-

          はじめまして、「SynQ Remote」です

          はじめまして、SynQ 広報部です。 この度、現場の遠隔支援アプリSynQ Remote(シンクリモート)の公式アカウントを立ち上げることになりました。初めての記事ということで、SynQ Remoteの自己紹介をさせていただきたいと思います。 「SynQ Remote」ってなに? SynQ Remoteは福岡のスタートアップ 株式会社クアンドが開発する次世代型現場コミュニケーションプラットホームです。簡単に言うと、建設業やメンテナンス業などの現場に特化したコミュニケ

          はじめまして、「SynQ Remote」です