恋愛物語

死者との恋愛

健太郎はひとりでは飲まない酒を静かに飲んでいた。横にはひとり息子の陽太が先に眠っている。
「麻衣、ついに今日思い切ったことをやってしまったよ。本当にお世話になった社長だったけど、辞めるって言えた。お前が夢で教えてくれたからだ。やっぱり俺は料理人の道に戻る。今度は、新しいお店のいち従業員として修行しなおしだ」

 健太郎は10年前に知り合った麻衣と3年の交際の後に結婚。その1年後には、今年6歳になる

もっとみる
Cảm ơn bạn "Ski"「スキ」ありがとうございます
99

どうしよう。

どうしよう。

昨日、不倫について話した。
不倫相手にこんな話するのはきっと貴方くらい
“仮に、不倫相手が自宅に電話かけて来たらどする?“って自分から聞いた私も馬鹿だと思うけど、
まさか“常識無さすぎてこれからの関係を疑ってしまう”なんて帰ってくると思わなかったよ。
好きなら休みの日も家に帰って何してるかも
何もかも知りたくなるのは人間の性でしょ?
いくらダメって分かっていても、
自分が傷付いたと

もっとみる

fork road 第六話 大人になること

こんばんは。
YouTubeチャンネルOTO-MONOGATARI の第1弾の物語「fork road」第6話をUPしました。
音楽も物語も全て自分で作って編集しています。
是非、ご覧ください!

第6話 「大人になること」 あらすじ

レナはシモンに会うことができた。
しかし、シモンの友人達との会話で、カルチャーショック…グローバルスタンダードの洗礼を受けてしまう。
ただ、直向きなレナの姿を見て
もっとみる

ありがとうございます。あなたに幸せが訪れますように❤️
3

fork road 第五話 ニースの香り

こんばんは。
YouTubeチャンネルOTO-MONOGATARI の第1弾の物語「fork road」第5話をUPしました。
音楽も物語も全て自分で作って編集しています。
是非、ご覧ください!

第5話 「ニースの香り」 あらすじ

レナはニースで1日目の朝を迎えた。
朝のマルシェに出かけ、夜は遂に、シモンに会うことになっていた…

このYouTubuチャンネルのプロジェクトを始めるキッカケにな
もっとみる

ありがとうございます。あなたに幸せが訪れますように❤️
5

大恋愛を振り返って~携帯小説もびっくりな自己紹介物語恋愛編番外~

恋愛物語、締め。

中学生日記

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恋、友情、進路。

たくさんのことを学んで、

たくさんの経験をした中学校の3年間。

振り返ってみれば、

楽しいことも

そうじゃないこともたくさんあった。

でも、成長できたことは確か。

K。

今思う。

Mくんのは恋じゃない。

K。

あなたしかもう、好きになれない。
あなたにしかもう、本気

もっとみる
ありがとうございます。すごく嬉しいです^ ^
24

大恋愛を忘れさせて~自己愛性たっぷりの自己紹介物語恋愛編④‐4~

前回の記事、恋愛物語の続きである。

席替え

いよいよ、班を決めるときが来た。

「学級委員、ちょっといい?別室に集まってもらえる?」
学級委員は思った以上に仕事があり、班決めに関わることができなかった。

「L、任せたよ・・・」
心でそう願い、教室で話し合いをするLを見守った。

――どうか、Mくんと一緒の班になりますように――

1時間。チャイムが鳴る。

私は、別室から教室に戻る。

ドキ

もっとみる
どうぞお身体に気をつけてくださいませ
19

大恋愛を忘れさせて~自己愛性たっぷりの自己紹介物語恋愛編④‐3~

前回の記事、恋愛物語の続きである。

寂しい

「おはよ~」
朝、いつものように学校に向かう。

「あ、Aちゃんこれ」
一緒に登校している女友達が、かばんからシャープペンを取り出した。
Mくんに貸したものだった。

早く返さないとと思ってくれたのかもしれない。
でも、いつもの「ありがとう」が聞けないことが少し寂しかった。
心のどこかで、今日学校に行けば、直接返しに来てくれて、いっぱい話せることを期

もっとみる
ありがとうございます。すごく嬉しいです^ ^
20

大恋愛を忘れさせて~自己愛性たっぷりの自己紹介物語恋愛編④‐2~

前回の記事、恋愛物語の続きである。

男友達

相変わらずMくんとの接点はなかったが、委員会を機に「全くの他人」というような壁はなくなった。

私は勉強が得意だったこともあり、

「プリント見せて?」
「何点だった?」

とMくんが聞いてきて、たわいもない会話をするようになったくらいだ。

基本的に口数は少なくて、男友達に好かれて、いじられキャラ。
女の子に積極的に話しかけるタイプではなくて、下心

もっとみる
どうぞお身体に気をつけてくださいませ
25

大恋愛を忘れさせて~自己愛性たっぷりの自己紹介物語恋愛編④-1~

中学1年生のとき好きな人ができた。

瞳の綺麗なK。

2年間、大恋愛をした。

でも、Kが私を好きだったかは分からない。

これは、大恋愛をしたその後の話である。

中学3年生

新しいクラスはKもいなければ、仲の良かった女友達5人もいなかった。

全員、意図的に離れた人達ばかり。

そうなったのは、紛れもない私のせいだ。

新しい班が決まった。

ずっと悪いこと続きだった私に神様が味方してくれ

もっとみる
どうぞお身体に気をつけてくださいませ
27

人生最大の恋の結末~自己愛性たっぷりの自己紹介物語恋愛編③番外~

これまで書いてきた物語の結末である。

実際に中学生のときに書いていた日記をもとに綴ってきたが、

日記は中学1年生の終わりで途絶え、次に再開するのは中学3年生となる。

中学2年生の1年間何があったのか。

私の暗黒時代である。

中学2年生の初め、私の隣の席はKだった。

クラスが張り出された紙を見て、私は自分の名前より先にKの名前を探した。Kの名前を見つけて、私の名前も同じ紙に書いてあったこ

もっとみる
ありがとうございます。すごく嬉しいです^ ^
23