妊娠…最期のドライブ その3

今夜が私達二人の最期の夜だから……だからあなたと出来る限り愛し合いたいの!いつまでも……永遠に!あなたに私のすべてを残したい!私が消えてしまうまえに!あなたの毛だらけで全身真っ黒な体のすべてに私の生きていた証を残したいの!

 嵐はますます激しさを増していく。割れたガラス戸から雨や風がひっきりなしに入ってくる。そして稲妻は暗闇で抱き合う私とダーリンのすべてを照らし出す!嵐のせいで何もかもが雨に濡れ

もっとみる
愛…いただきました

銀河フェニックス物語<出会い編> 第十三話(2) 人生にトラブルはつきものだけど

部長とフレッド先輩に呼ばれた。
 フレッド先輩が眉間にしわを寄せながらわたしに話しかけた。

「ティリー君、君に頼みたいことがある。今回のリコール問題で僕は本社を離れることができない。そこで、ザガートの事務所へ行って、説明と謝罪をしてきて欲しいんだ。君はこのアイデアの発案者だしザガートのマネージャーと会ったこともあるから適任だ。ただ、下手をしたら裁判沙汰になるから気をつけて欲しい」
 嫌な仕事だ、

もっとみる
アーサー「ご愛顧いただき、感謝の限りです」

ぬるい夜の話

「明日で最後なんですかぁ〜寂しくなりますね〜」

がちゃがちゃと作業しつつ、負けないように声を出して会話を紡ぐ。日曜の飲食店の慌ただしさは落ち着き、着々とラスト作業を進めていく。
「フロアはなんとかなるやろ〜俺も本業に戻らなあかんし。ほなこれ捨てて上がろか〜」
あえて重い方のゴミを持ち、スタスタと歩いていく背中を、抜けた返事をして後を追った。

「24時まであと5分、待つか」
数年前にこの店

もっとみる

アイロンと火傷

すっごくバカみたいなことをやって、
例えば誰かに話したら、ばかだなー。でも心配だからさ、今後気を付けてよー。って言われちゃいそうなそんな、そんなちょっとした失敗をして、私はアイロンを手に持ったままひとしきり落ち込んで、あなたにLINEを送ったら、2時間後くらいに返信が返ってきました。

「ばかじゃん!!」
「ほんとそういうとこ」
「危ないから気をつけろよ」
「心配だわ」

思っていた通りの反応

もっとみる

想像力は、相手の気持ちを想うこと。

自分が人に言われても平気かどうか。人に言われて嫌なことを、人に言ったり行わないように。言ったり行ったことは、経験上(善い行いは10倍以上、わるい行いは100倍以上)になって、いずれ身に返ってきます。善い行いをすれば、自らの人生において10倍以上の、何か素敵なこと、が返ってきます。

人の振り見て我が振り直せ、とは昔の人々がよく言ったものです。因果応報はあると思います。

諺(ことわざ)を沢山知ると

もっとみる
帰宅後は、なるべく早めに湯船に浸かると、疲れが一気に取れますよ♪
15

作品案内『Words・Ⅰ』

【内容説明】

君と一緒にいると、僕は、きたなくなるんだ――

「とても、残酷なことを、ひとつ言おう。
 「実はスゴイ自分」なんていない。
 何十年生きても、そんなものには決して出会えない。
 例えば、この国を自転車で隅々まで走っても。
 世界を歩いて、一周しても。
 きみはスゴくない。

 君が他人に見せているその顔は、決して仮面なんかじゃない。
 君が、他人に見せてしまうその顔こそが、
 どん

もっとみる
うれしいな
3

作品案内『epilogues』

言葉でも、身体でもないものを――

かつての美しい失恋の、その後。
彼と彼女は、偶然に出会い、そして、「蛇足としてのその後」を、どう生きるのか。
オトナになれなかったコドモたちの、「泥遊び」の恋愛を描く連作短編集。

青春長編「ラブコメディ」で評価を得た著者
藍田ウメル、二年ぶりの新作小説。

ご購入はAmazonにて。Kindle Unlimited(読み放題)でも読めます。
https://w

もっとみる
ありがたくちょうだいいたしまする
1

火の山十七 第二章 魔王と魔性の女「少女が裸であなたのベットに横たわったなら」

世の中はいったい何が起こるか、分からない。まさか、自分の部屋に一人で戻ってみると、ベッドの上で裸の少女が寝転がっているとは、夢にも思わなかった。

 小さな顔に目だけが異様に大きく、その目は強い光を放っていた。すらりと伸びた白い足が眩しく、手足の爪が長くて、鋭いのが印象的だった。髪の毛は肩までのショートカットで、綺麗に巻かれていた。唇は妙に薄かったが、横に広がっていて、艶やかだった。白く大きく、健

もっとみる
ありがとうございます。とても励みになります。
5

作品案内『断片集・藍田ウメル短編集』

【内容説明】

「僕のセイシュンの三、四日」「僕はハタチだったことがある」の藍田ウメルがおくる、恋、愛、性をテーマとした断片をまとめた短編集。

○大学生の僕はサクラサクラに恋をしていた。徐々に近づきつつあった二人の間に、現れた新入生が、サクラサクラにしたこととは……切ない片思いを描く。
「煙草を冷やす」
○片思いの彼女の恋人が男と寝た? それは友情? それとも……「良いトモダチ」の悲しみ。
「情

もっとみる
ありがとうございます。

卒業式

桐野りの;堀之内宙

00:00 | 00:30

こんばんは! #胸キュンnovel1000本ノック 458 お届けです!
作:桐野りの さん
声:堀之内宙

いつも聴いてくれてありがとう!
そして、スキ&コメントありがとうございます!

聴いてくれた方にときめき、胸キュンが訪れますように!

それでは、また明日も胸キュンな月曜日を(*'ω'*)

すきボタンありがとうございます!
8