「銀座熊本館」に今月もお買い物に行ってきました!

私は個人や法人の「専属編集者」になって、コンテンツ制作や情報発信をする仕事をしています。この「専属編集者」という仕事を通して、熊本の復興のために熊本に人を呼び込むお手伝いができないかと考えて、「わざわざ会いに行きたいくまもとの人」というこのマガジンを作ろうと思いました。

私は熊本の震災以降、自分にできることの1つとして、毎月「銀座熊本館」で熊本の物産品やくまモングッズなどを購入することを続けてい

もっとみる
よかったら【フォロー】もよろしくお願いします。。。
4

アスリート×社会貢献の祭典

日本財団が推進する『HEROs AWARD 2019』の表彰式が12月9日の夜に行われた。

その理念に共感し追いかけていた巻誠一郎さん(サッカー)のほか、井本直歩子(競泳)、日本障がい者サッカー連盟、一般社団法人Sport For Smileらが受賞した。

巻さんの受賞は「YOUR ACTION KUMAMOTO」の活動の中で行ってきた、熊本地震の復興支援および風化させないための取り組みが評価

もっとみる
次も「スキ」をもらえるように頑張ります!
15

ルフィ像に続いて、あの2人がヒノ国へ!

ワンピースファンにとってはたまらない週末となりました^ ^

それぞれ、
サンジ  → 益城町役場
ウソップ → 阿蘇駅

に設置されました。

(写真:熊本日日新聞より転載) 

実はこの像がそれぞれの場所に設置された背景には、ストーリーがあります。

サンジが設置された益城町は、2度の地震で給食センターが被災し、子どもたちに充分な食事を提供出来なかった経緯があることから、

コックであるサン

もっとみる

被災者への支援は、三つのフェーズに分けて進められます(ぼうさいペディア #2)

今回は、大きな自然災害がおきたときに、実際に、被災された方に対して、国や自治体が行う支援のおおまかな姿を説明します。

地震などの大きな自然災害が起きた場合には、起きた直後から3日間と、それから3ヶ月から6ヶ月、それ以降の三つのフェーズに分けて、国や地方自治体の様々な支援が行われます。

この三つのフェースでそれぞれ被災した市民の方の心構えが異なりますので、それを説明します。

また、この三つのフ

もっとみる

先週の首都直下型地震の連続特番を観て感じたこと。

地震は予知出来ない前提の上で、あと30年間のうちに70%以上の確率で起こると言われている。

首都直下型地震とか、南海トラフ地震については私が説明するまでもないが、ドラマや特集をあえて年末のこの時期に放送したのかは防災や復興という理由だけではなく、他の要因があるのではないかと考えてしまいます。

もちろん、いつ何が起こっても備えは万全にしておく必要はあります。

しかし先週の特集番組と並行するかの

もっとみる
これからも「よぉわからんけどおもろい!」を目指します!
7

くまモンの熊本へ

先日、知人からお誘いを受け、熊本市内のクリスマスマーケットに1日ボランティアで参加してきました☆彡

福岡(博多)→熊本は九州新幹線のおかげで所要時間40分弱、会場までも駅からバスで10分程度だったので、予定よりも少し早めに到着。熊本城を少しだけ散策しました。

熊本城入り口には、すっかり秋冬仕様のくまモン!

ちなみに角度によってはクマ感が倍増。笑

熊本地震から3年以上が経過しましたが、現在も

もっとみる
嬉しいです!
3

RCFと休眠預金①資金分配団体として採択されました!

RCFが災害支援分野で休眠預金等活用事業の資金分配団体に採択されました。

 この休眠預金、これが社会課題解決に使われるようになったことには大きな意味があると思っています。

1. 休眠預金とは

 休眠預金とは、預金者の死亡や名義の変更忘れなどで10年以上お金の出し入れがなく放置されている預金。払戻額を差し引いても毎年700億円程度が発生しています。これまでは銀行の収益となってきました。
 休眠

もっとみる
ありがとうございます!
3

RCFは、本日12月6日より台風15号・19号被害からの復興を目指す団体への助成を開始します。

先週、RCFが休眠預金を活用する資金分配団体に指定されたことを紹介しました。

 続いて、支援の第一弾として、本日12月6日より今年度の台風被害からの復興をめざす団体への助成を開始することを発表しました。

事業のポイントを3点紹介します。

1.台風15号・19号等からの復興を目指す団体を公募

 本年9月9日に千葉県に甚大なダメージを与えた台風15号、10月12日に東日本広範囲で水害のダメージ

もっとみる

初心者必見!これさえわかれば参加できるボランティア案内

台風15号、台風19号で被害を受けた多くの被災地でボランティアが不足していると報道されています。ところが、支援したいけど、どのように参加すれば良いかわからない。そんな声をよく聞きます。
 時間が経ってニュースも減り、そして、これから被災地は冬になり、ますますボランティアは減っていくと予想されます。宮城県丸森町では復旧が進まず、来春までボランティアが必要になるのではという話もあります。

写真①、②

もっとみる

もう25回かぁ✨

始めて点灯の瞬間みたときは感動したなぁ✨

🐼またみてぱんだ💕🐼
2