衆議院議員 荒井ゆたか/与野党唯一の校長出身

衆議院議員(立憲民主党)@北海道第3区(札幌市豊平区、白石区、清田区) ソフトバンク社…

衆議院議員 荒井ゆたか/与野党唯一の校長出身

衆議院議員(立憲民主党)@北海道第3区(札幌市豊平区、白石区、清田区) ソフトバンク社長室→東日本大震災復興支援財団 専務理事→札幌新陽高校 校長→東明館学園 理事長→衆議院議員 教育が変わることで地域が変わり、日本が変わる!

マガジン

最近の記事

7/8(月)朝のご挨拶@南平岸駅と東京都知事選挙の振り返り(後編)

都知事選振り返りの後編です。(前編はこちら) 今回の知事選挙では前回よりも投票率が5ポイント上がりました。 注目された2名の方と都議補選に触れた上で、本当の勝者について書いてみたいと思います。 石丸さん 無党派の期待を背負った形になった石丸さんは、YouTubeを媒体として活用する新たな政治家群の一人だと思います。 名を上げるという戦略で安芸高田市の市長を辞めて都知事選への立候補でしたが、その目的は達したと思いますが、次が難しくなったのではないでしょうか。 ご本人

    • 7/8(月)朝のご挨拶@南平岸駅と東京都知事選挙の振り返り(前編)

      今朝は小雨が降ったので、予定を変えて南平岸駅で朝のご挨拶。 今日で2年半前に当選してから11回目のこの場所での1時間半。顔馴染みになった方含めて101名の方にかわら版を受け取ってもらいました。 18℃でこの格好でも少し肌寒いくらいの札幌です。 「蓮舫さん残念だったね」と声をかけてくれる方もいらっしゃいました。 東京都知事選挙は、北海道でも注目して見ていた方が多かったようです。 東京都知事選挙の振り返りを書いておきます。 東京都知事選挙 選挙については、「都民は小

      • 蓮舫さんが東京都知事になったら

        蓮舫さんが東京都知事選挙に立候補しています。 TVやニュースなどを通じてみる蓮舫さんは、華やかで、厳しく見えますが、僕の知っている蓮舫さんはちょっと違います。 蓮舫さんとは東日本大震災の復興支援をしている時からお世話になってきました。被災地の状況や活動にいつも関心を持ってくれていて、ここぞというタイミングにメッセージをくれたりする。 いつだって見守ってくれている、そういう安心感がありました。 そして、2016年に校長になることを報告したら、 と励ましてくれました。

        • 能登半島地震の被災地視察に行ってきました(2/3:輪島市、七尾市、内灘町)

          能登半島地震の被災地視察のレポートです。 この前はこちらからお読みください。 13時20分 輪島市役所 訪問 輪島市内に入る。被害状況が伝わってくる。 輪島市役所にて中山副市長から復旧復興状況の説明を伺う。 輪島朝市の建物は相続がされていなかったり、複数の所有者がいたりと複雑な権利関係だったため、公費解体の前提となる、建物が被災により無くなったことを示す「滅失登記」を行うことが極めて難しい状態だった。 そこで法務省が5月末に「市町村の判断により解体・撤去を行って差し

        7/8(月)朝のご挨拶@南平岸駅と東京都知事選挙の振り返り(後編)

        マガジン

        • 優読書
          1本

        記事

          能登半島地震の被災地視察に行ってきました(3/3:馳知事、わかったこと)

          能登半島地震の被災地視察のレポートです。 この前はこちらからお読みください。 19時00分 石川県庁 着  馳知事・西垣副知事と意見交換 今回の視察の最後に、石川県庁で馳知事・西垣副知事と意見交換する時間をいただけた。 馳知事は、元衆議院議員。直接にお会いするのは初めてだが元高校教師でもあり、自民党文教族の中心人物だった方だ。 馳知事からは、「石川県創造的復興プラン」を作成したこととそのポイントとして以下の4点を上げられた。 また、どの地域でもお祭りが中心的な行事だっ

          能登半島地震の被災地視察に行ってきました(3/3:馳知事、わかったこと)

          能登半島地震の被災地視察に行ってきました(1/3:概要、能登空港、珠洲市)

          今年の1月1日能登半島地震が起きて以降、「自分はいったい何をしているのだろう」という悩みがあった。 49歳になる今年、能登半島地震が起きたものの、「何をどうしていいのかわからない状況」がこの半年ずっと続いていた。 若い頃はもっと違った。 19歳の早稲田大学1年生の時に阪神淡路大震災があり、2週間後に灘のボランティア施設に行った。 35歳のソフトバンク社長室で働いていた時に東日本大震災があり、11日後には孫社長と共に福島県に行った。 40歳の新陽高校の校長の時に熊本地

          能登半島地震の被災地視察に行ってきました(1/3:概要、能登空港、珠洲市)

          【地方史のつむぎ方 北海道を中心に】山本竜也著、尚学社、2024年 #優読書

          本屋に行く機会がめっきり減った。 というより、最近はめっきりカフェにもテニスにもサウナにも行く回数は激減しているので、本屋だけではない。 でも、AmazonやKindleによって、読まなければいけない本は手元にどんどん増え、本に追いかけられる日々だ。 先日、札幌の紀伊國屋書店の近くに行く用事があり、思いのほか早く終わったので、帰りがけにちょっと立ち寄ってみると、晴れ晴れとした気持ちになれたのが不思議だった。 たくさんの本が並んだ空間に、本好きが集まって、ゆったりとした

          【地方史のつむぎ方 北海道を中心に】山本竜也著、尚学社、2024年 #優読書

          自民党は第三者委員会設置から逃げちゃダメだ

          第三者委員会を設置できるかどうかが自民党の未来を決める 荒井ゆたかです。 1月26日から国会が始まりました。 年末から自民党の裏金の問題で逮捕者が続出していることについて、本当に残念な気持ちで一杯です。 「今の時代に、そんなことをやっていたのか。。。」 そういう思いです。 そもそも、今回の事態が発覚してからの自民党の対応の仕方が、まったくなっていません。 検察の捜査を理由に説明を避け、身内による対応策の作成、派閥の解消という、事件の本質とは関係のない行為。企業

          自民党は第三者委員会設置から逃げちゃダメだ

          かわら版note 龍となれ 雲自ずと来(きた)る

          荒井ゆたかです。 2024年がいよいよ始まりました。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 3年前、学生時代からお世話になってきた大恩人に「選挙に出ます」と報告に行った際に、その方のオフィスの掛け軸に書いてあった言葉がこちらでした。 目に入った瞬間に、ビビビっと来て、帰ってから調べたら、昭和の文人である武者小路実篤が色紙によく書いた言葉として知られているとのこと。 同名のタイトルで、武者小路実篤の画讃(絵と言葉)を集めた本も出版されていて、買い求めました。 表紙には

          かわら版note 龍となれ 雲自ずと来(きた)る

          今年は「かわら版」を14,000人の方にお渡ししました。

          今年も残すところあと5日ですが、「朝のご挨拶」は次回の12/28木が最後となります。 振り返ると、今年一年で14,000人を超える方に、かわら版をお渡ししてきました。 「行ってらっしゃい!」と挨拶すると、「行ってきます!!」と元気に返してくれる方がじわりじわりと増えてます。 一方、「選挙近いの?」と聞かれることはだいぶ減りました。 どうしても、「政治家が駅前でなにかやってるのは、選挙前だけ」という認識があると思います。 それを打破したいと思って毎日コツコツやってきま

          今年は「かわら版」を14,000人の方にお渡ししました。

          嫌でも野党に投票するしかない

          早いもので今年もあと1週間となりました。 旧統一教会問題から始まり、大臣など政務三役の辞任、派閥の裏金やキックバックなど自民党の問題が続いた一年でした。 政治の世界に入って3年目になりますが、感じることは、あまりに内向きだということです。 いつのまにか、カルト宗教の票とキックバックによる裏金で、日本の政治が堕落してしまっていることに国民一人一人が気がついてきたのだと思います。 そうした中で、あの田中真紀子さんが久々に登場して心に刺さることを話されてました。 田中真紀

          超党派・ライドシェア勉強会で斉藤国会大臣、河野デジタル行革大臣に提言しました

          「超党派のライドシェア勉強会を立ち上げるので、荒井さんに事務局長をやってもらえないだろうか」 日本維新の会国対委員長の遠藤敬さんや自民党の小泉進次郎さんから相談された時に、困惑し、最初はお断りしたのだが、2度目の打診があり、結局、僕が引き受けることで丸く収まりそうだったので、腹をくくったのは11月中旬。 そこから、3回の会議を開き、取りまとめをし、国会閉会日となった12月13日に斉藤国交大臣、河野デジタル行革大臣に、提言案を渡しました。 超党派・ライドシェア勉強会の会長

          超党派・ライドシェア勉強会で斉藤国会大臣、河野デジタル行革大臣に提言しました

          自民党の裏金問題は、日本全体の問題だと思われていることが一番の問題

          第212回臨時国会が閉会しました。 「こんな国会になるとは思わなかった」というのが率直な印象です。 10月20日に臨時国会が始まるときには、「冒頭解散もありえる」「いや、補正予算成立後に解散だろう」「12月17日または24日が投票日」そんな声が永田町の大勢を占めてました。 ところが、12月に入ると空気感が一変します。 「自民党派閥の裏金問題」が日々のニュースに出てくるようになりました。 政治アナリストの伊藤惇夫さんは、「派閥に入ることで”金”と”選挙”と”ポスト”が所

          自民党の裏金問題は、日本全体の問題だと思われていることが一番の問題

          かわら版note「超党派ライドシェア勉強会」の事務局長をしています

          平日の朝に札幌の駅前で配布している「かわら版」も23号になりました。 今回は、「超党派ライドシェア勉強会」のことを書きました。多事争論あるライドシェアですが、国民の目線に立って必要なことをしっかりと話題提起し、前に進めていけたらいいなと思っています。 かわら版23号 「超党派ライドシェア勉強会」の事務局長をしています 小泉進次郎さんと一緒に映ってたよね、、、 荒井ゆたかです。 札幌もいよいよ雪景色になりましたね。暑かった夏が随分昔のように感じられますが、いかがお過ごし

          かわら版note「超党派ライドシェア勉強会」の事務局長をしています

          かわら版note「教育、教育、教育」と言えなかった岸田総理は退陣を。

          国会議員になってまもなく3年が経ちます。平日の朝は駅前に立ち「かわら版」を配ってきました。 この3年の累計では、21号を21,436名の方にお渡ししてきたことになります。だんだん、楽しみにしていただいている方が増えてきているのもとても嬉しく励みになっています。 ただ、国会が開会すると約半年ほどは平日朝に札幌にいれるのは月曜のみになり、駅前でみなさんに会う機会がぐっと減ってしまいます。 そこで、今回22号を発行するにあたって、内容の一部をこちらのnoteでも公開していきま

          かわら版note「教育、教育、教育」と言えなかった岸田総理は退陣を。

          牛乳大好き!

          みなさん、牛乳は好きですか? 僕は、牛乳もチーズもバターも大好き。 とくにヨーグルトは大大大好きです。 でも、いま、日本の酪農が大変な事になっているんです。 この10年で最多の倒産数です。 その理由は、牛のエサである飼料の価格が上がっているのに、牛乳の小売価格に転嫁できてないという理由があります。 こちらの帝国データバンクの記事に詳しく書いてあります。 いま、全国の酪農家のほぼ全てが赤字の経営と言われていて、この状況が続くと経営継続ができなくなります。 政治もこの