keisodo

フィルムカメラを中心に、あれこれ書いていきます。 Instagram ↓ https://www.instagram.com/gaolang3c/

keisodo

フィルムカメラを中心に、あれこれ書いていきます。 Instagram ↓ https://www.instagram.com/gaolang3c/

    マガジン

    • 日々の写真

    • カメラについて

      私の持っているカメラについて紹介しています。

    • 旅の写真

    最近の記事

    固定された記事

    私がフィルムカメラで撮る理由

    デジカメで素晴らしい写真が撮れるこのご時世に、なぜ、フィルムカメラで撮影をするのか。 フィルムの雰囲気が好き、仕上がりを待っている間のワクワク感がたまらない、デジカメよりも描写が良いetc... フィルム写真好きの方々それぞれに、様々な理由があると思います。 まず断っておくと、私はデジカメに対しての忌避感はありません。 20年前、初めて自分で買ったカメラはデジカメ(Finepix 4800Z)でしたし、今でもリコーのGR3を使っています。 それでも、デジタルよりもフィル

    スキ
    285
      • 彼岸花三景

        暑さ寒さも彼岸まで、の言葉通りにお彼岸を過ぎたら急に秋めいてきました。 夏の暑さに別れを告げ、秋の爽やかな気候の中、カメラ片手に散歩するのが楽しい季節です。 彼岸花の紅さに魅かれて、色々と撮ってみました。 彼岸花の紅さは草むらの中にあっても埋もれる事なく浮き上がって見えます。 夕暮れに赤く染まった空と彼岸花。 散りかけの様にも美しさを感じます。 秋はやはり撮影が捗りますね。 紅葉が始まるのが今から楽しみです。

        スキ
        44
        • 夜の彼岸花

          まだまだ暑い日が続きますが、街角には秋の花をちらほら目にするようになってきました。 いつもの夜のウォーキング、街灯の薄明かりの下で一際輝いて見えるのが紅い彼岸花です。 iPhone13pro+標準カメラアプリで撮影 夜の街灯に照らされる彼岸花の紅さは、ひときわ妖しく、そして美しく、まさにこの世ならざる彼岸の花と言う印象を受けます。 もう少しすると紅葉も色づく季節。 カメラ片手の外出が楽しみな季節になってきました。

          スキ
          60
          • ムック「写真家10人の旅」感想

            雑誌カメラホリックの別冊として出版されたムック「写真家10人の旅」を読みました。 制限が少しづつ緩和されているとは言え、まだなかなか気楽に海外へ、とはいかない中で、収録された海外の街角の風景は懐かしさと旅気分を存分に味合わせてくれます。 そして、当たり前なのですが、どの写真も素晴らしい! 画角、露出、そして何より一瞬を切り取るセンス、とても参考になります。 風景写真だけでなく、ポートレート、スナップショット、様々な写真が楽しめます。 私のお気に入りは巻末の渡部さとるさん

            スキ
            36

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 日々の写真
            keisodo
          • カメラについて
            keisodo
          • 旅の写真
            keisodo

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            モノクロの街の風景(iPhone)

            iPhoneのカメラをモノクロの設定で、スナップ撮影してみました。 いつも見ているスマホの画面が白黒になるというのはなかなか新鮮な感覚で、フィルムやデジカメで撮るのとはまた異なる感覚です。 やはりモノクロは難しいですね。 ましてやiPhoneで撮るとなると色々と勝手が違います。 あれこれ試行錯誤する甲斐がありそうです。

            スキ
            56

            夕焼けの空

            だんだんと日没が早くなってきました。 iPhone13pro+標準カメラアプリで撮影

            スキ
            47

            中秋の名月と富山城

            月も雲間のなきは嫌にて候、と言ったのは村田珠光だったか。 確かに少し雲がかかっているくらいの方が、風情を感じます。

            スキ
            50

            雨の朝、iPhoneでのスナップ

            雨が降る朝、夏のまとわりつくような不快さが無い篠突く雨に、秋雨の気配を感じます。 そんな雨の通勤途上に、iPhoneでのスナップを楽しんでみました。 雨の中での撮影は、古いフィルムカメラはもちろんのこと、デジカメのX-E4も防水性能は備えていないために控えていたのですが、水深6mまでの防水性能があるiPhoneなら不安なく撮影できます。 レンズに水滴がつくことを厭わず、iPhoneのマクロ撮影機能を活かして雨粒を被写体として取り入れることは、今まであまり試したことのない

            スキ
            45

            台風一過の朝

            夕方から夜にかけてが強風のピークとの予報通り、雲こそ低く立ち込めていますが、無風の朝。 収穫間近の稲穂に被害が無いようで、何より。 農業に従事しているわけでも無いのに、実った稲を見ると安心感の様なものに満たされるのは、先祖伝来の本能なのでしょうか。 桜と同じくらい、この時期の田んぼには撮影欲を感じます。

            スキ
            35

            台風が近づく

            台風が近づきつつある最中、刈り取りを間近に控えた田んぼでのスナップ。 重苦しく、しかし非常な勢いで流れていく灰色の空と、金色に鈍く光る稲穂の対比が印象的な風景を、iPhoneのカメラはきちんと捉えてくれました。 強風で小雨が叩きつける中、防水性能を備えていないカメラを取り出すことが躊躇される状況でしたが、iPhoneなら不安なく撮影出来ました。 今回の台風は、幸い、私の住む地域に被害を与えることなく通り過ぎて行きましたが、今夜から明日にかけ台風の影響を受ける地域の方々は

            スキ
            27

            iPhoneでのスナップ撮影

            iPhoneで夜のウォーキング時にスナップ撮影を楽しむようになってから1カ月。 iPhoneでの撮影にも慣れてきたところで、昼のスナップ撮影にも使ってみました。 今までカメラを持ち歩いていなかった通勤の合間や、ちょっとした外出の最中にiPhoneで撮った写真を載せてみます。 橋の上で自転車に追い抜かれざまの一枚。 川岸に泊まる木舟。 河川敷での一枚 交差点で信号待ちしていると、飛行機が頭上を飛びさって行ったので咄嗟に撮影 日常の何気ない風景をきちんと切り取ってく

            スキ
            79

            自転車と電車で楽々めぐる富山の旅

            ここ2回ほどの記事で書きましたが、お盆休みに久しぶりに自転車ツーリングをしてきました。 目的地は富山県のらいちょうバレースキー場。 自宅からは片道35Kmほどの距離になります。 自転車が趣味の方ならお分かりかとは思いますが、往復70㎞程度ならさほど大変とは思わない距離です。 ただ、目的地がスキー場ということで標高差が600mほどあり、普段あまり鍛えていない身としては夏の暑い最中の山登りは体力的に不安があります。 でも、山の爽やかな空気の中で自転車に乗りたい! 登りがきつ

            スキ
            79

            苔むすお社

            前回の記事で書いた雄山神社への参拝の帰り、山間の集落にひっそりと佇む神社を参拝しました。 階段はすっかり苔むしていますが、お社の周りはきれいに下草が刈られており、大切に維持されている様子が伺えました。 今回の自転車ツーリングでは荷物を減らすためX-E4のレンズは23mm単焦点のみ持参し、広角と望遠はiPhoneに任せてみました。 正直、iPhoneだけでいいんじゃないかと思わないでもなかったのですが、仕上がりを見るとやはりX-E4の画質はiPhoneを上回っています。

            スキ
            42

            雄山神社中宮祈願殿にて

            お盆休み中、自転車ツーリングで富山県の雄山神社中宮祈願殿に参拝してきました。 雄山神社は立山を御神体とする越中国一宮で、標高3,015mの立山山頂に本宮がありますが、そう簡単に参拝できる場所ではないので、立山山麓の標高300m程のところに中宮が開設されています。 立山杉の立ち並ぶ見事な参道は一宮の風格を感じさせます。 この辺りは冬には1mを超える積雪が連日続く豪雪地帯なのですが、豪雪にも曲げずまっすぐ伸びる杉の姿は人智を超えた威厳を感じます。 X-E4のボディとXF23

            スキ
            47

            iPhoneでの夜間撮影の楽しみ2

            先日の記事にも書きましたが、変わらず夜のウォーキングの合間にiPhoneでの撮影を楽しんでいます。 もともとフィルムカメラで撮っていたこともあり、夜にスナップ写真を撮る機会が少なかったため、新鮮な気分です。 iPhoneにカメラグリップを付けて手持ち撮影。 カメラグリップのお陰でシャッター速度3秒でも手ブレになることがほぼ無くなりました。 ここからはミニ三脚を使って撮影しています。 三脚に置くと、iPhone側で安定した土台に載ったことを感知、シャッター時間が最大30秒

            スキ
            90

            国宝瑞龍寺ライトアップ

            富山県高岡市にある国宝、瑞龍寺のライトアップへ行ってきました。 夕闇の中、刻々と変わる色の灯りに照らされた寺院は荘厳さを感じる美しさで、息する間も惜しんでシャッターを切っていました。 さすがに夜間の撮影はフィルムカメラでは厳しいので、今回は富士フィルムのX-E4とiPhone13 Proを持参。 初訪問で混雑具合がわからなかったため三脚は持参せず、手ぶれ補正のないX-E4では厳しいかとも思いましたが、しっかり構えることでシャッター速度1/15秒までなんとかブレずに撮影可能

            スキ
            57