孤独を胸に抱いて

色々なことが周りで起きて、とてもキツイ一週間だった。そのせいか、約束をキャンセルして眠り込んだ土曜日。夕方に少し出かけてみたものの、たいして面白くもなんともなかった。

今日は少しだけドライブをして、晴れた空に清々しい気持ちに。

でも、それとともにやってくるいつもの孤独感。
私は一体、何がしたいのか。

今日、私がふと思い出したのは、私に苦々しい思いをさせた人達のことではなく、私が大切にしたかっ

もっとみる
面白く書けたかなぁ

⑮一人一人と……

リーダーって何ぞや。
そう思うことが増えた。
とりあえずやらなきゃいけない仕事に追われている。
あれもこれもあの子もこの子も気になる。
向き合ってきちんと話を聞きたいが、
電話で話を聞く技術が私には結論から言うと無い。

LINE上だと話をしやすいが、電話だとてんぱってしまう。
結局何を伝えたかったのかわからない。

もっと、みんなのことをわかる主導者になりたい。
そうじゃないとただの生き急いでる

もっとみる

居場所を続けていくということ ~横浜市港南区のお菓子屋さん 手作りおやつ工房とさか~

色んな居場所があっていい。一人一人が自分で選択できる地域社会に

今週は、空き家を活用した地域の居場所にあちこち行ってきました。「居場所」って言葉があちこちで聞かれるようになりましたが、「居場所」の指す意味って使う人や状況によって結構バラバラなのかな?時々違和感を覚えたりしながら、私も使ってしまう「居場所」という言葉。

「居場所とは?」なんて話すとこじれてきそうだから、色んな解釈があっていいんじ

もっとみる

何か自分の性格や行動について話した時
「えーっ!?」
って反応される、ああいう些細な事が
結構精神的にクるんだよね。

素の私を、存在を否定された気がして
反射的に傷付くというか・・・。

こんな感じの「無意識の人権侵害」に
よって傷付いてる人は、案外そこら中に
溢れてるのかも。

みんな、ありがとー🎶🎸
4

オトナキセカイ

私は、音にまみれた空間が苦手だ。

家に他の誰かがいる時にラジオがついて          いれば仕方無く聞くけど、私しかいない時は  基本的につけないし、無音の空間でご飯を      食べるのも平気。

部屋にいる際はラジカセにイヤホンを着けて  音楽を聴いているが、コレは部屋の扉越しに  聞こえて来る毒母と毒兄が会話する声を          シャットアウトする為にやっているだけで、  耳がず

もっとみる
スキ御馳走様です🍴🙏
3

「生きる事がつらいとか苦しいだとか
言う前に野に育つ花ならば力の限り
生きてやれ」って有名な歌詞があるが、
力の限り生きる気力が無くて辛くて苦しんでいて死にたい私には不快でしかない。
この歌を好きな奴とは分かり合えた試し
が無い。
こういう作品を好む奴は大体、自殺否定
主義だし。

喜びの極致なのですニャ😻🐾
11

粗末

自殺する人だけが、                                              「命を粗末にしている」のか。

自殺を止める人が本当に、                                  「その人を救えている」のか。

自殺を一時的に止められて命を救えても、      「根本的に心は救われている」のか。

良かれと思って掛けた自殺防止の言葉は、   

もっとみる
汝に幸あれ✨
13

「中高年男性の孤独」と「中高年女性の交友関係」の差ってなんだろう

先日、Twitterで中年女性に中年独身男性のケアを求める投稿が話題になっていました。

私自身は「なんで中高年女性が結婚しない男のケアまで求められなきゃならないんだ・・・」と絶望感を感じましたが、確かに高齢女性と高齢男性を比較すると、概して女性の方が友達とワイワイやってるケースが多いですよね。※高齢男性でもお酒飲んで談笑するのが好きな人は別ですが。

「中高年男性の孤独」と「中高年女性の交友関係

もっとみる
スキ、嬉しいです!
2

動物や虫って人間みたいに義務的に結婚
とか子作りとか考えなくても本能で相手
見つけて子孫残してる所が凄いと思う。

その一方で、私は子作りどころか結婚も恋愛も自立も社会貢献も出来ない、動物
や虫以下のゴミクズだという事に気付き
地獄の底まで落ち込んだ朝。

訪問感謝💕
10

孤独感と付き合う。

このところ、秋のせいか、はたまた更年期のせいか、なんだか寂しい。

孤独感が強いときって、外の世界に依存的になっている状態だそう。

確かに。

誰かに会いたい。誰かに甘えたい。誰かに愛してほしい。誰かに抱きしめてほしいと、「誰かになんとかしてほしく」なる。

でも、誰かに会えない、会う人がいない。誰にも甘えられない。誰にも愛されない。誰にも抱きしめてもらえないから「渇き」を感じる。

また、誰か

もっとみる