歳をとるのは切ないと思いたくない

死んだ友人がいる。大学が同じだった。
社会人になったら、よく行くラーメン屋が同じで、奇遇にも何回かあった程度の友人ではある。でも比較的身近で同じ年齢の知人が亡くなるのはとても切ない。

歳をとると、こんな感じで深くもなく薄い訳でもない間柄の知り合いが、ぽつりぽつりといなくなる。
これは結構寂しい。

かつての上司が残ろうと思えば残れる勤務先を介護離職した。

かつての職場には、50歳を越えるのに管

もっとみる
ありがとうございます‼️。共感嬉しいです。また来てください❗️ 。
5

本当に大事な研究は誰にも言わぬべきか?

僕の全てを0から構成する研究は、このnoteで全てを開示するべきか?はたまた、大切に秘密にし、大物になってから大々的に本を出版するか?
しかし、僕が這い上がるにはnoteで自分の考え、研究をアウトプットすることが、この研究を完成させる唯一無二の方法なのでは?とも考えられる。

noteで研究をアウトプットしながら完成させるべき理由

※研究などとは言えないお粗末なものですが。

なにせ、人間の一次

もっとみる

エゴイズムリーダー論

こんにちは。

リーダーについて

リーダーとは、と聞くとなにを思い浮かべますかね。

リーダーとは、組織やチームが一丸となって目の前に立ち塞がる壁を乗り越え、目標を達成することができるよう、進むべき道筋やビジョン、戦略を示す人物のことです。 組織やチームのリーダーは、数多く存在するリーダーシップの中から現状に最も適しているものを見極めて実行しなければなりません。

Google先生にお世話になり

もっとみる

一人旅で膜外の空気を摂取する

普段の生活では、社交モードと制作モードを切り分けて身体を運用しています。社交モードのときは元気いっぱいですこぶる鈍感なんですが、他方制作のときは「誰とも話したくない」という札が貼りついた面をしています。人間をやっていると前者を求められるシーンが多いため両者のバランスは崩れやすく、バランスが著しく崩れると重度のひきこもりをキメるか旅に出て孤独を胸いっぱい吸うことになります。

他の人と一緒に旅に出る

もっとみる
リアクションありがとうございます。はげみになります。

そいつは突然に

そいつは突然にやってくる。

今日もダメだったと肩を落として歩く帰り道
寒いねと抱き合える誰かがいない聖なる夜
はたまたそれは誰かとのさり気ない会話のふとした時かもしれない

あれ、なんか…孤独だな。

そいつは簡単には帰ってくれない。そいつはたくさんのことを引き連れてやってくる。追いやったはずの闇やらなんやらかんやら。

でも、そいつは案外良い奴なんだ

そいつは本当の意味で1人になった時にやっ

もっとみる

自分を嘲笑う。

わたしは孤独が好きです、でも他人には愛を感じていますし、好きな人にはとても興味を持っています。ですから、人生の小さなドラマに対して、自分を嘲弄して、ユーモアをたっぷり持つことが必要だと思うのです。
それでユーモアを持つための第一段階は自分自身を嘲笑うことだと思います。

フランソワーズ・サガン

フランソワーズ・サガンとの出会い

言葉は何の役にも立たなかった。
どう表現したらいいのかわからなかっ

もっとみる
嬉しいです。
4

孤独と心の旅人

大人の道徳、と言うのが今週
私の中では気になるキーワード
でした。

語る事は、特にありませんが
それぞれの心に基準があるものだと
思います。
せっかくなら、いい方向に持っていきたいものですね。

そして、一人と 孤独についても
あれこれ考えます。
感覚で書いているもので、
世間のイメージと合致するかは
わかりませんが、
前者はきっと複数に帰れる場所を
もっている気がします。

後者は

もっとみる
そのひと押しで元気をもらいました!
4

足手まとい

体育や部活動、地域のスポーツクラブでさえも
不得意なことは嫌われること

みんな頑張ってるのにこいつだけ頑張ってない

足手まといと思われ
ちゃんとやれと怒鳴られて
できない人は憎まれ続ける

だってしょうがないもんね
勝つためなんだもん
下手な奴はみんなの迷惑

見たかあれがスポーツマンだ

だからスポーツもスポーツする人も大嫌い

みんなはスポーツもスポーツする人も大好き
だからみんな大嫌い

もっとみる

【孤独のススメ】『独りが好き』な人は本当に孤独なのか?

ひとりで行動するのが好きな人
他人と一緒に行動したい人

この違いはどこから生まれるのでしょうか?

『独り』は『孤独』ではない

私はひとりで行動するのが好きです。
旅行やショッピング、美術館、映画、ドライブ・・・

断っておきますが、決して独り言を言いながら行動しているわけではありませんよ!

時には友人と食事をしたり、他愛もない時間を過ごすこともあるし、それも嫌いではないのですが。

では、

もっとみる
嬉しいです✩°。