最近の記事

Love story : chapter 4

これは私の恋愛ストーリーの始まり 初めて出会ったその日、忘れられない 大学の初夜、新しい寮に引っ越した 「ジェシカって言います、よろしくね」 隣の部屋から叫び声 ベッドから飛び起き、ドアをノック 驚いたことに、ドアが開き、緑の目のハンサムな男 混乱した表情で彼が言った "ごめんね、起こしちゃった?" 私はうなずいて、何があったのか尋ねた 彼は目をこすりながら言った "変な夢を見たんだ。本当に怖かった。ごめん" 彼のクレイジーな夢に笑って その夜は終わりがなかった 心の中

    • 私の心は統制不能

      Image : krea ai song by sunno ai(18禁を載せる人には禁止曲)

      • 生きるってそういうものね

        生きるってそういうものね どれだけ意味なく生きてきたのか 苦しみが私に訪れて その時やっと祈るようになった 言えなかったのに 愛してるって言葉(愛してるって言葉) 言えなかったのに ごめんねって言葉(ごめんねって言葉) そばにいてくれたのはあなたなのに 私のために泣いてくれるのはあなたなのに 後悔しても時間が足りない あなたに愛してると言えなかったのに... 生きるってそういうものね どれだけ意味なく生きてきたのか 苦しみが私に訪れて その時やっと祈るようになった ず

        • 恋しくて~

          行かないで 行かないで 愛はもう残っていないのですか 私だけ未練が残っているのですか 花びらが散り 君の行く道に降り注ぎます 永遠にそばにいると誓った あなたの約束は忘れたのですか 時が経てば戻るという言葉 長い歳月をどうやって一人で耐えますか 恋しくて 恋しくて 恋しくて~ 涙を流しながら空を見上げると あなたはもう平気ですか 私を置き去りにできますか 行かないで 行かないで 行かないで~ 愛はもう冷めてしまったのですか 私だけが切ない心なのでしょうか 風が吹いて 風

        Love story : chapter 4

          Love story : chapter 3

          病院の前で3回目の出会いです 天使のような白いドレスを着た あなた 「Heal me, I'm sick」と書かれた帽子 友達にあげるようなバラと風船です 震えるような驚きと喜び 君はバラを振りながら笑っていました まるで私を看病するようです 私は生き返ったようにあなたに近づきました 再会を感謝して私を覚えてくれたという事実に感動しました あなたは花束を落とします 僕の腕に飛び込んできました 私の傷をやさしくなでて 「Heal me, I'm sick」 あなたの手が必要

          Love story : chapter 3

          Take a chance

          チャンスがありますように、チャンスがありますように 感じます。 これが最後のチャンスです あなたは私を狂わせます、 あなたは私をクレイジーにします、クレイジー Fairy Tail、愛は楽園にあります 私の願いは毎日叶うかもしれません あなたは私の人生を想像したことがありません 昼も夜もあなたのことを想います 愛していますと言ったら 本当かどうかお知らせします あなたが私の心を愛していると言うならば チャンスがありますように、チャンスがありますように 近寄ってきま

          Take a chance

          この一杯は自分のために乾杯

          乾杯~,乾杯~,乾杯~ 辛い時には 疲れた時には 崩れていく自分を閉じ込める どんな闇が襲ってきても 倒れはしない 最後の一杯を持って力強く叫ぶんだ この一杯は自分のために乾杯 (乾杯~) 辛くて疲れた時 時々はもどかしくて悔しい時も 心を込めて一杯を手に取り みんなで声を合わせて この曲を聴いた全ての人に 力を与え、慰めになればいいな みんなで一緒に心から手を振ろう 乾杯~,乾杯~,乾杯~ 辛くて疲れても慰められなくても みんな顔を上げて一緒に歌おう 立ち上がっ

          この一杯は自分のために乾杯

          Love story : chapter2

          黄色いドレスに黄色い帽子 一目で分かったんだ 彼女がスーパーに立っていた 美しい彼女、嫉妬の化身のように燃える瞳 帽子には文字が書いてあった 「Mr. Rightを探しています」 彼女のバスケットには チョコレートと花がいっぱい まるで愛する人のためのように 彼女は微笑んでいたんだ 魅了されたように彼女の前へ お互いを見つめて感じた火花 彼女は微笑みながらウインクした まるで僕を覚えているかのように 僕もウインクしながら近づいた 希望とときめきを胸に ベンベン、ベンベン

          Love story : chapter2

          Bang,bang,bang~

          ンベン~、ベンベン~、ベンベンベン~ 心臓を打つ痛み 銃声を聞いた鹿のように あぁぁぁぁぁぁ~ あなたの声が響く 心臓を貫かれたように 悲鳴のように聞こえる あなたの声 あなたの炎 あなたのまなざし 私をとりこにして、止まらない あなたの一言で心臓が止まる 燃え上がるこの感情 あなたへの想い、息が詰まる 心臓を叩いて、逃れられない ベンベン~、ベンベン~、ベンベンベン~ 心臓を打つ痛み 銃声を聞いた鹿のように あぁぁぁぁぁぁ~ 心臓を貫かれたように 悲鳴のように聞こえる

          Bang,bang,bang~

          take it now

          Take it take it take it now 私のところに寄ってきてもっと早く(早く) Take it take it take it now すべてを持ってみて 今は君のための時間 これはあなたと僕だけのステージです 私たちは楽しみながら走ってみましょう 退屈な日常から抜け出されます 今から始めます。この瞬間から 逃さずに、今のままです 私のところへ走って来て私たち一緒にしましょう もっと高く、もっと遠くまで みんな一緒に飛び上がって この瞬間を掴みます T

          take it now

          Love story : chapter 1

          彼女に出会った初めての日 彼女は赤いドレスを着ていた 道の向こうに立っていたけど 彼女はまるで輝いていた ああ、とても素敵で、とても美しい 彼女の赤い帽子が僕を引き寄せる 「I'm with fool」彼女は両手を上げて 白い紙を揺らしていた 「ミスター・ライトを探しています」 僕たちの目が合い、火花が散った 彼女は僕に微笑み、闇を照らした 僕は手を振り返し、興味を感じずにはいられなかった 彼女に向かって歩いて行った、息が詰まり 心臓が激しく跳ねた 彼女は僕の胸に飛び込

          Love story : chapter 1

          祝福

          みんなで過ごした 輝く時間 一緒にいると 力が出てくる 共に過ごした日々が 心に残る 祝福に祝福を 加えたのさ 祝福に祝福を 加えたのさ 私たちは共に成長しながら お互いに大切にして 信じて 応援して みんなで一緒に もっと成長するよ 祝福 祝福 今年も私たち 祝福 祝福 今年も私たち 誰が誰のために 何をしたのか 私たちが歩んできた道 これから歩む方向 強い力になるのは みんな まるで一つの心のように 強固な絆 祝福に祝福を 集めた私たち みんなで一緒にいると 幸せ

          愛の裏切り

          愛の上に愛はなくて 愛の上に裏切りだけ たくさんの時間、尽くして尽くして 裏切りは自由、裏切りは欲望 何でも構わない 君が僕を避けても (避けても) 君がいなくても平気 君のいない世界 (憎みながら生きる) 君の嘘に揺られない クズ野郎と罵りながら生きる 裏切りの痛みにはもう慣れた 後悔はない、傷はある 何でも構わない (構わない) 君が僕を避けても 何でも構わない (構わない) 自分の道を行く 止まらない 止まらない 君の裏切りが私を強くした 君が去った後も生き続け

          愛の裏切り

          summer night dance

          hot, hot, hot, hot~ 燃える情熱 燃える手のひら 燃える吐息 耐えられない (耐えられない) 我慢できない (我慢できない) hot, hot, hot, hot~ この熱に溺れて この情熱に酔いしれて 私たちの夜は終わらない 耐えられない (耐えられない) 我慢できない (我慢できない) Under the starlit sky tonight 君と目が合う時 My heart races, my body ignites この燃える感情、止められな

          summer night dance

          愛は一人じゃできないよ

          愛は一人じゃできないよ 誰かを見つめてしまう だんだんと惹かれていって ついに感じたこの気持ちが愛だとわかった でも悲しくて寂しいよ あなたは私を見てくれない この心がこんなに燃えているのに 愛は一人じゃできないよ 愛は一人じゃできないよ あなたを知らなかったら こんなに寂しくなかったのに あなたが私を見つめてくれることを願い 心で待っていた私 思いだけが募っていく 待つことに疲れた心 だんだんと重くなっていく 待ち疲れても諦められない あなたの笑顔、あなたの瞳 思い出

          愛は一人じゃできないよ

          あなたの愛

          忘れていたわ あなたとの愛がどんなものだったかを忘れていたわ 初めての恋の純粋な感情を 疑いながら彼の足跡を辿るたびに わかってきたの、彼がどれだけ私を愛していたか あなたの愛を知って幸せ 確かめれば確かめるほど 私がどれだけ幸せな女性か気づいたの 愛してると言えることが嬉しい 遅くなる前にあなたを知って あなたのすべてを愛してると言えて幸せ どれだけ幸せかわからない 彼が受けた傷と 私のせいで受けた痛みを忘れたことがどれだけ幸せかわからない 遅くなったけど、心が痛くても

          あなたの愛