守本 陽一

家庭医。暮らしの動線上にケアを置くことをテーマに仕事してます。一般社団法人ケアと暮らしの編集社代表理事。兵庫県豊岡市で移動式屋台カフェやシェア型図書館を運営している。共著にケアとまちづくり、ときどきアート(中外医学社)、社会的処方(学芸出版社)など。ご連絡は各種SNSのDMへ。
    • SHIPマガジン〜旗を立てよう。〜

      SHIPマガジン〜旗を立てよう。〜

      • 135本

      SHIPは、医療・介護・福祉領域を軸に、「これまで」を変えたい人、「これから」を作り出したい人、応援したい人が集まり、対話や行動をともにすることで自らの強みを見いだし、やがて世界を前に進めるコミュニティです。 応援してくれる人が見えるとやる気になります!

    • ローカルプレーヤーの頭の中

      ローカルプレーヤーの頭の中

      • 29本

      兵庫県北部、但馬地方。どこにあるかもわからない但馬に住むちょっと〇〇な若者たちのマガジン。医者、ゲストハウスオーナー、塾経営者、映画館スタッフ。僕らのnoteとヒトトナリから、こんなおもしろいやつが兵庫県の北側に住んでるのか。そんな風に思っていただければ幸いです。

    • 医療人たちはどう生きるか

      医療人たちはどう生きるか

      • 21本

      医療・保健・福祉、そして介護のこれからを考える。2025年を超えたその先は、よりよい質の勝負になる。納得する医療とはなにかを考えながら、書いていくシリーズです。(photo by hiroki yoshitomi)

    • 自己紹介的note...

      自己紹介的note...

      • 4本

      僕の書いたnoteのうち、自己紹介の代わりになるようなnoteをまとめました。

    • 徒然なるままに

      徒然なるままに

      • 18本

      学生生活、本、人との出会いなど、日常生活で感じたことを書くシリーズです。(photo by hiroki yoshitomi)

固定された記事

noteマガジン「ケアとまちづくり、ときどきアート」が書籍化されました。

noteで連載していた「ケアとまちづくり、ときどきアート」が書籍化され、2020年6月18日に中外医学社から発売されました。 このマガジンは、総合診療医の私、守本陽一と福…

+1

コロナワクチンについて考える会をします。

9月16日更新 日程追加しました。9/18(土)10-12時 9/21(火)18-19時 新型コロナウイルスワクチンの接種が進んでいます。 高齢者のワクチン接種がひと段落つき、10代~50…

医師が商店街の空き店舗に小さな図書館を作った理由。ケアをまわすエコシステム「だいかい文庫」とはなにか。

2020年12月、家庭医療専攻医である僕は、豊岡市の空き店舗に小さな図書館を作った。だいかい文庫と名付けた図書館は、おかげさまでオープン4ヶ月で400冊程度借りられている…

レッテルを張ることとタグ付けすること

僕ら医療者はいつも患者にタグ付けをしてしまう。 「喫煙歴のある60代男性の呼吸困難」、「独居の80代男性の認知症患者」といった具合である。前者が救急外来に来た場合は…

Withコロナ時代の「コミュニティ」,「社会的処方」を考える

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が蔓延している。4月18日現在で世界で15万人もの人がなくなり、日本でも感染者数が1万人を超えた。未曾有の感染症だ。COVID-19は死…

”市街地からちょっと出た豊岡市”おすすめ10の場所

編集履歴2021.4.6に更新しました。 カバン生産量日本一で、コウノトリの野生復帰が行われて、平田オリザさんが移住する街。それが豊岡市です。僕が住んでいる街でもありま…