わたしの名刺

苗字部分にモザイクかけているのでわかりにくいですが...
ご縁があった方にお渡ししている名刺をご紹介します。

名刺はその人の分身となるものなので、「らしさ」を持たせるせるよう心がけて制作しています。

私自身の名刺は、おひとりおひとりとのご縁を大切に、1枚ずつサインしてお渡しするようなイメージを持たせたかったので、手書きのサインを元に制作したロゴを用いました。

仕様は0.8mmの厚めの紙に活版

もっとみる
ありがとうございます!
1

これまで開発してきた製版、印刷向けツール

製版、印刷業界の悪しき慣習や無駄を変えたいと誰もがいつでもその場で使えるオペレーターの立場に立ったツールを開発し無償配布もしてきましたが、今後の配布を取りやめたのを機会にこれまで私が開発してきたツール、あるいは私自身の技術を支えるツールも含めて書き残して整理しておきたいと考えました。これらもまた私の作品と呼べるものです。

印刷トラブルを防ぐためのプリフライト(Acrobat)

メディアでも紹介

もっとみる

目黒川の看板で印刷の常識が覆された話。インクって重力でこぼれるんだ・・・

明日のnoteは何書こうかなーなんて、中目黒を徘徊したりしている店長のはなちゃんです。

私、長い間、広告のデザインの業界におります。パンフレットやポスターといったいわゆる紙ものに関してはそれなりに知識と経験を積んできたと自負していたのですが、この前、目黒川を歩いていたときにある看板を発見しました。

「ふるさとの川案内図〜魚と野鳥がすむ目黒川〜」

この看板です。この看板ちょっと違和感があるんで

もっとみる
感謝!感激!中目黒!
4

照明の『2020年問題』

昨年、国内の主要蛍光灯メーカーが、蛍光灯器具・ランプの製造中止を発表しました。いわゆる、照明の2020年問題。

以前から、大家さんに「LEDにしてくれ~」と叫び続けていた所、重い腰を上げて頂き、やっと全面交換と相成りました。

ふぅ...

これで「イカシタ、Tシャツ、つくれま〜す。」

政府は省エネを推進する立場から、新成長戦略やエネルギー基本計画でLEDなどの次世代照明の導入を推進しています

もっとみる
気に入って頂いて嬉しいです。
16

サンクラール様|Sプリズムプリント®︎ むか~し昔カレンダー2021 コンテンツ制作

みなさま、こんにちは!
なんだかすっかり、秋?!という涼しさ。

季節の変わり目に、体調を崩しやすい私は、ハラハラドキドキしています。皆さんも気を付けてくださいね!

さて。

今年も、もう・・・カレンダーの季節ですよ!

ということで、

サンクラール様|Sプリズムプリント®︎ のむか~し昔カレンダー2021 コンテンツ制作いたしました!

未知なる表現世界へ。
光と色が織りなす至高の印刷 Sプ

もっとみる
コメントもお気軽に♡
9

ホテルブランディグを支える、ツール&アメニティのデザインとは。

なかなか旅行にもいけない2020年ですが、だからこそ「泊まること」に渇望している八木です。

さて皆様、ホテルや旅館に置かれているアメニティにはどんな印象をもっていらっしゃいますか?

私の経験では、最近はエコの観点から「歯ブラシなどの消耗品は、極力お持ちください」というホテルも増えてきたように思います。ある程度のグレードのホテルであっても、です。

オリジナルのアメニティではなく、オーガニックブ

もっとみる
スキ嬉しい・・・!!
6

就活日記 「印刷会社について調べてみた」

今日は就職活動日でした。

朝からポートフォリオを作りつつ、家でのんびりとしていた。お昼になりお腹が空いてきたので出かけることにした。

ハローワークの近くにある居酒屋さんに行って、ランチを食べながらビールを飲んだ。平日のお昼間でもお酒を楽しんでいるお客さんが数名いて心強かった。

お腹が膨れていい気分になってからハローワークに行って、パソコン検索で印刷会社を調べた。

意外と求人が出ていた。

もっとみる
ありがとうございます🐱
6

包装で中身の印象も変わる?!パッケージデザインのススメ

「パッケージ」と言っても箱・袋・パウチ・段ボールなど商品の様々な包装が思い浮かびます。

パッケージは生活する上で欠かせず毎日必ず目にするものですが、チラシや名刺と違ってオンラインで注文できる印刷所も少なく、最低印刷枚数や価格のハードルが高いです。専門知識も必要とするため本職がデザイナーの方でもなかなか制作する機会は少ないと思います。

デジタでは、箱型のパッケージを1枚から注文できます。箱の展開

もっとみる
ありがとうございます!
6

誰でも印刷できる時代に向けた、想像力を印刷するための見本帖 『Figures and Details』 に込めたもの | 【長文】

こんにちは、アンパサンズの中村です。
グラフィックデザインを職能とする限りほぼ必ず必要とされる「印刷」という技術ですが、それまで何かを作るための「目的」として、その技術を調べたり追求したりしましたが、今までその技術「自体」について考えたことはあまりありませんでした。(なかなか悠長な響きに聞こえますね…)

今ではかなり専門的な知識まで広く知られ、ほぼ誰でもイメージしたものを印刷できる時代になってい

もっとみる

白い紙の色名、どれくらいあるか数えてみた。

もし「白い紙をください」と言われたら、どんな紙を思い浮かべますか?

一般の人「白い紙?コピー用紙かな?」

ですが、紙屋さんに勤めている人は違います。

「白い紙?スノーホワイト?ホワイト?ナチュラル?え、どの色?」

となって困るのです。それくらい、白い紙の種類は多い。そして白の色名も多い。
白い紙をください、だけではどの紙かわからない!!

特に色名はエキストラホワイトとかプライムホワイトと

もっとみる
ありがとうございます!
15