先生の働き方

先生の”引率”の負担について

学校の仕組みに混乱しております。 といいますのも、Twitterのタイムラインで、 修学旅行の費用が自腹 ってのが目に入ったもので、どうなってるんだろうと呟いてみたところ、いろいろ出てきたので、整理しておきます。 自腹なんて、そんなことあるんですか?と、まあ、普通の反応のケース。私はこちらですかねぇ。修学旅行の旅費とか、引率したけど、払ったことないし、実費の部分って、現地で自分で食事したときぐらいじゃないだろうか。遠足とかでも。入場料とかも自分の財布から払ったことない

スキ
12

コロナ禍の学校に必要なこと

週末に2度目のワクチンを打ち、久しぶりの高熱にうなされていました。 副反応があると覚悟していたもの、いざ来ると本当につらい。 熱よ、下がれ下がれと思いつつ、「今は何もしなくていいんだ」と開き直れる時間でもありました。 さて、緊急事態宣言は9月末で終わるそうですね。 そういえば、今年緊急事態宣言って何日あったんだろう? 2021年も9月下旬に差し掛かり、残り3か月ちょっとという中で東京都は8か月近く緊急事態宣言orまん延防止措置が取られていました。 多くのお店が休業を余儀

スキ
4

自分を幸せにする覚悟

こんにちは。コキフです。 昨日、初めてライブ配信というものをしまして。 めちゃめちゃ緊張したけど、しゃべったらしゃべれるもんだ。(職業柄…笑) テーマは 「今すぐあなたを幸せにする、たった一つの方法」 …なかなか大きく出たよ笑 ざっくりいうと、幸せってキラキラとかポジティブとかだけじゃなく、まるっと自分を受け入れることだよね、自分に寄り添っていくことだよねっていう話。 その中で、私からは「自分のトリセツをもっておく」という話もさせてもらいました。 興味のある方は、良

スキ
1

2学期の外国語の授業でやってみたいこと

2学期が始まって2週間。分散登校も延長になり、2学期早々バタついています。でも、子供たちの協力によってなんとか現場は持っている状況です。 さて、分散になっても授業は進まないといけません。 今年はICTをどんどん使ってみたり、アナログの良さも継続させたりできる授業をめざしています。 2学期やってみたいなと思っていることが3つほどあるので紹介します。 振り返りカードをgoogle formでとる早速2学期から導入しました。 1学期どのクラスもchromebookにかなり触れ

スキ
12

新学期が始まって思うこと

2学期が始まりましたね。 夏休み終了間近になり、2学期のスタートをどうするのか、ゴタゴタしておりました。 夏休みを延長するのか、開始してオンライン授業なのか、分散なのか、通常なのか。 下々の私たちもそれなりに振り回されましたが、管理職は本当に大変そうでした。でもその大変さを見せないのが私の職場の管理職です。すごいなと思いました。 もちろん個々の不満や憤りはあると思います。でも、組織として、「今できる最善策はなんなのか」を考えて、実行するのがリーダーです。 口で言うのは簡単でも

スキ
9

4年「一つの花」の題名の意味を考える

昨日の記事とリンクして、今日も「一つの花」の話題です。 https://note.com/akumon_hirakata/n/nf5d4982008fe 単元目標にも関係する、いわばこの単元も核となる部分です。『一つの花という題名の意味を、2つ以上挙げよう』 教材研究では、この単元でどんな力を付けさせたいのかと同じくらい、単元末にどんな文章を書けるようにしたいかを重視しています。 特に「一つの花」では、題名の意味についてよく述べさせていました。しかし、一つでは面白くな

こども基地HOPE OPENによせて

はじめまして。 こども基地HOPE管理人ニシムラです。 元小学校の先生で、今は、子どものよりよい育ちを支える会https://www.facebook.com/yoriyoisodachi/ という会を運営したり、小学校で校務支援員や学習支援員、放課後まなびアドバイザーなど、学校運営のお手伝いもしています。子どもも3人いて、お母さんもしています。ですから、PTAの活動に参加したり、子育てのことも日々考えています。 学校の先生は辞めたけれど、学校の外から学校を支える人になり

スキ
7

緊急事態宣言なのに今日は部活動の大会です。(4月25日)

学校のさまざまな活動は自粛になる。短縮授業で夕方のラッシュを避けられるように時間調整をしたり、修学旅行は延期になったり。 緊急事態宣言が出たのだから仕方がないことだ。 しかし、学校がこのような対応をしているのにも関わらず、中体連や高体連は引くことをしない。今まで大丈夫だから大会をしてもよいというゴーサインが出た。 そして大会があるなら、練習せずに大会に出るのは怪我をしては危ないという言い訳ができてしまい、放課後の部活動は実施となった。 授業時間は削るのに、部活動はする

スキ
4

人間は自分の都合の良いことだけ言う。部活動の賛否。

平常時は部活動をしたい教員が、やりたいやりたいやりたい! コロナになれば、コロナを言い訳にして、やりたくないやりたくないやりたくない! これはどちらも教員のセリフです。 日本の教師は何考えている?と思うかもしれませんが、これは言っている人が違うという簡単な結論になります。 日常の時は、通常時の学習は成果が見えにくいので、置いておいて、成果が見えやすい部活動を推進する気持ちは分かる。恐らく2割の教員。 部活動を全くやりたくない1割の教員と、運動部のような忙しい部活動だ

プロスペクト理論を小学校の行事に当てはめて考える

ベネッセが空気の読めない記事を出した。 今は #教師のバトン で、教師の仕事が多すぎるからどうにかしなきゃ、という流れがある中で、なんでこんな記事を書くんだと思う。 その感情は置いておいて、あらためて行事を見ると、ほとんどいらないと感じた。 プロスペクト理論を知っていますか? 1000円もらった次の日に1000円取られる。 1000円取られた次の日に1000円返される。 どちらもなんか、嫌な気持ちだけ残りませんか? 人間って、得るものよりも失うものの方が大きく感じ

スキ
1