ゴブラン織(50首+)

議事堂にそつととシールし美しい五月の夜明けが見たい君とふたりで

 朝焼けにアンモナイトのアプリ買い足し君が目覚めるのを待つ

 君が歌うラップの火は消え朝焼けに打つドラム低く地を這う野犬屯す

 わが沃野奪うなかれ白夜に問いたし君の瞳になぜか雨粒降るよ

もっとみる
うれしいです

ゴブラン織 その6

春の花粉はイタイねと目をこすりぐしゃっとする猫三匹の昼寝

 吾子の手をそっと幟に触れさせばやさしい風に包まれねむる

 リアリティ・ショウは現実を見せないためのエンタメと引き算してひとり嗤い啼く

 あの頃はまだ若かったなと分かったような口してキスしても駄目

 いつまでも続かぬものをひとしきり透明なアプリに打たれて五月は終わる

うれしいです
1

ゴブラン織 その1

議事堂にそつととシールし美しい五月の夜明けが見たい君とふたりで

 朝焼けにアンモナイトのアプリ買い足し君が目覚めるのを待つ

 君が歌うラップの火は消え朝焼けに打つドラム低く地を這う野犬屯す

 (以下略)

ありがとうございます
2

五等分の花嫁 ぷちひめ シリーズ
(アクリルキーホルダー、スクエア缶、レザーキーホルダー)
各種15%OFFで販売中です!
https://www.hobbylibrary.shop/

断捨離。【いつかの日記の供養】

2020年05月02日、日曜日

今日みたいな昨日、断捨離をした。

沢山の服とさようならした。

手放す服の山を見て、「沢山捨てるのね。」母は言った。

リサイクルボックスに入れられそうなもの入れるつもりだし、全部捨てるわけではないし、もう子供っぽいし、小さいし、もう数年着てないし、。

瞬時に飲み込んだ言い訳は胸を刺してきたから、心が蹲った。

先日見た「365日のシンプルライフ」という映画の

もっとみる
Thank-you❤️
32

五月の風は……

五月の風はなぜかよそみがち
 爽やかで快い笑みをわけても
 どこか哀しい調べののこりが
 いつも白く漂つてゐる――

 ぼくの心に吹きすさんだ
 あの嵐はもうすんだ
 荒れはてた街踏に舞ひつづく
 あの落葉は長い冬に埋もれたことだ

 やがて雪解け水が清らに流れ
 澄んだ空気の背伸びして
 春はすつかり何もかも
 忘れたやうに光と戯れて

 夕凪の薄らぐときに やつと
 喪はれた日々のさざめきを繰

もっとみる
うれしいです
1

詩/五月

035

孤独に群がる蛾が墜落
堕ちゆく先は堆圧地獄
弄んだ罰で苦しめばいいよ
吐き捨てた唾を誰も知らない

チョコレイトの愛は甘すぎ
苦しいくらいが丁度いい
ぜんぶ夢だよ!
誰もお前に興味はない

チョコレイトのように
染み付いて落ちない
夢よ褪めろ!
誰もが愛に嘘を吐く

嫌いなあの子は食べちゃおう
砂糖でも振りかけて
血飛沫はピンクか知らん
あの子はかわいいものね

036

もっとみる
よろしければコメントもお願いします(*˘꒳​˘*)
3

完璧を捨てる

5月最後の日だね!meruです!

今日はずっと携帯電話と仲良くしてました。
あまり仲良くならないほうが良いということは分かっているのだけど、ついついね!
気をつけないと…

さて、今日話したい内容は、人間完璧な人なんていないさ
というごく普通のことについて、改めて確認しておこう!
ってことで。

ほんといないんだよ、全部が完璧な人って。
だってそれは一人一人が違う性格を持っているからね!

ある

もっとみる