ムーブメント

日本人なら日本製好きでしょ?そう言うお話。

どうも!勃男です!
都が帰省自粛呼びかけ検討ってニュース見たんですけど、いや普通に呼びかけ以前の問題で自粛する人はしてるって言うね。
自分の実家は結構田舎なので、帰っただけでバレますw
しかも東京にいるってのもご近所さん達は知ってるので、そんな東京にいるやつが今帰ったらウチの実家村八分になり兼ねません。
親からも「帰って来る気ないとはわかってるけど、今年は帰って来るなよー!」って電話来ましたねw

もっとみる

サヨクなだけの芸人は、人をバカにしてばかりだが、自身を特別扱いさせて、一体、何のプレイだ!!降りてこい、貴様!!#極左学生運動を興そう #ムーブメント #痩せた豚処刑運動 #神奈川大学 #東北大学 #京都大学 #砂川判決 #マルクス経済

『ようは動かないところを動くようにして、 動きすぎる所を動き過ぎないようにします。』

4年前のブログです。
ごちゃごちゃ書いて(笑)いますが、

『ようは動かないところを動くようにして、
動きすぎる所を動き過ぎないようにします。』

言いたい事はココに集約しています!

<以下転載>

【主訴】
膝裏の痛み
2週間前から膝裏に痛みを感じご来院。
運動頻度、強度はやや高め。
以前より同側の股関節に痛みあり。

【検査所見】
局所に炎症無し
歩行立脚中期~終期にかけて疼痛
右肩甲上腕関

もっとみる

発信するバックオフィス

はじめまして!「あえ共freee」です!
記念すべき初投稿は、ムーブメント研究所のariが担当します。

「あえ共」=「あえて、共有する」

あえ共は、freeeの行動指針の1つです。
共有すべきことは当然のことながら、一見他のメンバーに関係が薄そうなことでも、共有したほうがお互い気持ちよく仕事ができることであればどんどん共有していこうというものです!

お互いがオープンに共有し合うことでコミュニ

もっとみる

2人目がムーブメントを作る

アントレプレナーとしての肩書を持つデレク・シヴァーズの「社会運動はどうやって起こすか」

有名な動画なので、見たことある方も多いと思う。

3分程度なので見たことない方は見る価値あるかと。

要約すると、

・何かを始めるリーダーは時に嘲笑されることもある
・2人目のフォロワー(追随者)の存在が重要でその人間が1人目をリーダーたらしめる
・3,4人と続き、それはもうアクションでなくムーブメントとな

もっとみる
メルシー!(フランス語)読んでいただき感謝です(^^)
15

人々が対話できる場所

人々が対話できる場所や機会はどんな形をしているのだろうか。
今朝、友人と話していてそんなことを考えていた。
私は世界をより良く、そして住みやすくしていくための努力や動きにはもちろん賛成だしとても重要だと思っているしそれは(一応)民主主義である以上私たちの権利であり義務でもある。大学でも社会学や原住民のマオリ族の人たちの植民地化の歴史を学ぶことで社会的システムに立ち向かっていくことがいかに今必要かを

もっとみる

シンアングルの変化と重心移動

トレーナーの小野明洋です。
名前だけでも覚えていってください!(笑)

さて先日、空手家へのテクニック指導中「膝抜き」の話になりました。
その方には以前、前方向の膝抜きに関して空手のそれが、例えばムーブメント的な動きとしてはどうなるのか、そしてそれが息子さんがやっているラグビーにはどう繋がるのか。などを、お話させていただいてます。

で、それの今度は横方向になるとどうなるのか?という話だったわけで

もっとみる

【ムーブメントトレーニング】Hip Locking Circle/ヒップロッキングサークル

☑︎股関節の動き作り
☑︎臀部のストレッチング

ヒップロッキングと同様に、腰の代償動作を抑えて行います.

上から見たときに綺麗な円になるように動かしてみましょう.

こちらも、スクワットやジャンプトレーニングの前のウォームアップとして有効です.

もっとみる

社会運動(ムーブメント)と内輪感

社会運動(社会現象)を引き起こすには法則がある。

説明するよりも面白い動画がある。

嘲笑されるようなある行動をおこすリーダー的な存在。そしてそれに追随する協力者。
そしてそこにあつまる人々。

動画の中でわかりやすく字幕で説明されているので是非動画をチェックしてほしい。

ではこれは内輪の盛り上がりなのだろうか?
そうではない。
見ず知らずの人が徐々に集結している。

内輪での盛り上がりという

もっとみる
スキありがとうございます!
9

【ムーブメントトレーニング】Hip Locking / ヒップロッキング

☑︎臀部のストレッチ
☑︎股関節のスムーズな動き作り

踵にお尻をつけるような軌道で、腰の代償動作(股関節の動きを腰で補う動き)が起こらないスピード・範囲で動かしましょう.

スクワットやジャンプトレーニングの前のウォーミングアップとして有効です.

もっとみる