日野笙 / Sou Hino

デザイン/文筆/コピーライティング | 2021年1月より毎日投稿始めました。身の回りの事、ふと感じた事、頭の中の物語などを書いています。死なない程度の気づきの毒と、寝る前にふっと笑えるくらいの薬を。 質問も受付中です➡https://peing.net/ja/sou_hino
    • 世界のお友だち

      • 11本

      様々な国の様々な友達の話

    • 頭の中のストーリー

      • 30本

      物語、小説、散文、自由詩

    • ご紹介頂いた記事

      • 22本

      noteで紹介して頂いた記事をまとめています。 嬉しいです。ありがとうございます!

    • 昔の記憶

      • 9本

      幼い頃の断片的な記憶

    • 【連載】ギルティ女史はプラダを着ない

      • 21本

      「働くとは、仕事とは何か」を教えてくれた元上司のぶっ飛びストーリーをまとめたマガジン。連載ですが1話完結なので、どこからでも読めます。 いつか誰かが漫画にしてくれたり、可愛い女優さんでドラマ化されたりしないかなぁ。深夜ドラマがいいなぁ。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

【コインランドリー】2. 廻る。  -全3編-

やっぱりそうだ。そうだった。 去っていく青年の後ろ姿を見ながら、僕は身震いした。 かすかに記憶にあったあのコインランドリーを思い出したのは5年前。 大学2年の春先、…

+3

猫界唯一の友であり偉大なる美しき先輩、ミーコ。

猫が好きだ。 しかし、残念ながら私は猫アレルギーである。 犬も好きだ。 しかし私は、犬がちょっとこわい。 小さい頃からペットを飼ったことなどもなく、身近に動物がい…

冬の匂い、バイクの音、君のポケット。

冬の気配を感じる肌寒い風と共に、ガソリンの匂いを嗅ぐと、あの頃の夜を思い出す。 3回だけ鳴って切れる着信音。 電話は取らずにそのまま家を出る。 これは到着の合図。 …

紙に書くことで、心の中に滞留する気持ちを少し手放す。

私には「書く」ということについて、ある強烈な思い出が1つ残っている。 小学生の頃、私はかなりのマイペース、マイワールド全開少女だった。 周りのことをあんまり見てい…

ギルティ女史のファッションチェック

今日も慌ただしいオフィス。 ギルティ女史はいつものように猛スピードで仕事をこなしている。 【ギルティ女史はプラダを着ない】 「働くとは、仕事とは何か」を教えてくれ…

「読む」ではなく「聞く」から始める読書 〜私の読書の秋2021〜

今年の秋は、読書を頑張った。 私は普段本を読まない。 本当に滅多に読まない。 noteの中で人の記事を読むのは好きだ。 それなのに、なぜか本にはあまり手が伸びない。 …