驚くほど身につくワイン -ブドウ編3 白ワイン用ブドウ

ブドウ編1の概論、ブドウ編2の赤ワイン用ブドウときて最後は白ワイン用ブドウ編です。主要なブドウなのでぜひ覚えておきましょう。

---

主要品種1. シャルドネ

もっとも有名な白ワイン用ブドウで、世界中広いエリアで作られています。味わいや香りに特別これといった特徴はありませんがその反面、このブドウを使ったワインはどんな香りどんな味わいにもなれる、気候やワインの作り方を反映するブドウとも言えます

もっとみる

驚くほど身につくワイン -ブドウ編2 赤ワインのブドウ-

ブドウ編1に続き、ワインに使われるブドウについて紹介していきます。ここでは赤ワインに使われる黒ブドウについて、特に知っていると良いであろう主要ブドウ品種5種類に絞っていきます。

---

主要品種1. カベルネ・ソーヴィニヨン

世界各国で育成され、使われているブドウの一つです。芸能人格付けチェックでも出題された"シャトー・ラトゥール"など超高級ワインが生まれるフランスのボルドーでもメイン品種と

もっとみる

驚くほど身につくワイン -ブドウ編1 世界中のブドウ-

ワインを知る上でとても重要な要素の一つが、そのブドウです。究極的にはブドウを適当な壷にでもいれて放っておくだけで作れてしまうのがワインですから、それだけブドウがその味わいに影響するということです。ワイン生産者も、ブドウの特徴をワインに出すことに心血を注ぎ、ブドウの品種で特徴があるからこそワイン作りで僅か数パーセント違うブドウ品種を混ぜたりしているわけです。そんなワインに使われるブドウについて、ここ

もっとみる

「人間やめます」"砂糖"で廃人

砂糖(白砂糖)の摂取過多は「人間やめます 廃人一直線」になるのはもう有名過ぎる話ですね(汗)

 まずは「脳のエネルギー源のブドウ糖(グルコース)」の摂取の話から。
脳のエネルギー源のブドウ糖の食べ物からの摂取は主に2パターンあります。
 ①砂糖(白砂糖)、果糖からブドウ糖(グルコース)を得る
 ②穀物などの炭水化物を小腸で分解してブドウ糖(グルコース)を得る

 ①は即効性(短時間の効果)があり

もっとみる
嬉しいです。
6

葡萄

このテキストはマガジン「続・よりぬき つまらない話」の中に含まれているので、一つ一つ購入せずにマガジンを購入した方が多分安いと思います。
このテキストの初出は「短くてつまらない話」です。

これは当時の文章をそのまま載せます。

私の実家は食生活がちょっとおかしいって話は何度かしているけど、ブドウの話はもうしただろうか。
重複しちゃってるかも知れないけど、今回はブドウの話を。

もっとみる
今日のアナタのラッキーアイテムは「村山富市元総理の眉毛
2

ボジョレ・ヌーヴォー

今週11月21日(木)は何の日かご存知だろうか。

そうボジョレ・ヌーヴォー解禁日。

これから簡単に5つの項目でボジョレ・ヌーヴォーについて説明する。

⑴解禁日

ボジョレ・ヌーヴォーの解禁日は、毎年11月の第3木曜日と決められている。

今年は11月21日木曜日。

⑵ボジョレ・ヌーヴォー

ボジョレ・ヌーヴォーとは何なのか簡単に説明するとボジョレー・ヌーヴォーとは、フランス・ボジョレー地区

もっとみる
とりあえず生
6

バチェラーJAPAN3を観て(ネタバレ含)

Amazon Primeのバチェラー3を最終回まで観た。

ネットでも騒がれているけど、本当にもやっとした。 
これはあくまで私個人の感想。
個人的にもやっとポイントをまとめてみた。
(書いてる途中で止まらなくなってきたので2つだけ)

バチェラー発言の矛盾
MCの藤森MR一押しのマリアちゃんが落された回・・・
大事なことを最後まで話してくれなかった的なことを黙ってた。
というようなことを理由にし

もっとみる

ブドウ収穫(SZÜRET)

他の記事で「田舎の土地」と呼んでいる AL 村とは別に AD 村にもブドウ畑を(長男が)所有しており、「親戚」が自家製ワインを作っていて、儀式的ではあるが、ブドウの収穫に行ってきた。

ニャンコのお出迎えに次男が大喜びする。

この土地も細長く、丘になっている。

これは上からの写真で、ブドウ畑の先は農作地だが、そこに 10 年程前に高速道路が通るようになった。ここでは騒音はまったくと言っていいほ

もっとみる
ありがとうございます!
10

高価なオイル「グレープシード」

グレープシード
学名:Vitis spp.
科名:ブドウ科
和名:ブドウ
原産地:コーカサス地方、カスピ海沿岸など
使用部位:種子

グレープシードにまつわる話
 グレープシードはその名の通り、ブドウの種子です。ワインの製造後に残ってしまうグレープシードを洗浄、乾燥した後に圧搾して抽出したグレープシードオイルが有名です。ヨーロッパではワインの原産地であるフランスやイタリアを中心に昔から製造されてい

もっとみる

ブドウ狩りに行ってきた

9月上旬、旬の季節になったので山梨までドライブしてブドウ狩りしてきた。

今回行ったのは勝沼町にあるブドウ農園で
周りもブドウ狩りやってる農家がたくさん。

入場料¥2000でシャインマスカット、巨峰、サニードルチェ、デラウェアの4種が食べ放題。

入ったら農家の方からそれぞれのブドウについて特徴や取り方を説明してもらって90分間の食べ放題スタート。

デラウェア
・ブドウといえばこれって感じの

もっとみる