#2 公用語と国語

#2 公用語と国語

日本では憲法にも法律にも「日本の公用語は日本語である」と規定する条文はありません。 では、他の国の公用語事情はどうなっているのでしょうか? 多言語国家であるスイスやスペイン、先住民族の言語が数多くあるメキシコなど、国によって「公用語」というものに対して違ったアプローチをしています。 そして、公用語に対して「国語」を定めている国もあります。公用語を定めつつも国語も定めるのはどうしてでしょうか? 動画時間は10分ちょっとですので、暇つぶしにご覧ください。 日曜言語学部

英語ハイクが窓をひらいてくれた(2)
+1

英語ハイクが窓をひらいてくれた(2)

「英語ハイクが窓をひらいてくれた」(1)では、俳句をまったく知らなかったわたしが、English language haikuと出会ったことで、俳句の本を訳して出版するまでになったことを書きました。 考えてみればたいした冒険というか、暴挙というか、俳句の知識ゼロで、英語で書かれた世界のものとはいえ、日本語訳だなんていいんだろうか、という思いは(今なら)あります。当時はまったく気にすることなく、嬉々として「英語ハイクって面白い!」、日本語にしたらどうなる??? ってなもんでし

スキ
4
パラグアイの黒い羊

パラグアイの黒い羊

2021年7月某日。 妻と久しぶりの買い物にでかけた先でのこと、妻側の友人夫婦に出くわした。 30代前の若い奥さんが気さくに話しかけてきて、妻同士ではずむ会話でふわっと周りの空気が温かくなった。 しかし。 話題はワクチン接種へ。 笑顔で、「もう、済ませたのぉ?」と聞かれ、私も妻も戸惑いを隠せなかった。 外出制限が発令されてから1年と少し。 私達の黒い毛並みはますます漆黒に染まってしまったようだ。

マイナーなサッカー探訪記⑦パラグアイ

マイナーなサッカー探訪記⑦パラグアイ

はじめに パラグアイの首都アスンシオンには、ウルグアイから飛行機で到着した。 おそらく多くの人はウルグアイとパラグアイの違いがわからないだろう。私も実際に来るまで似たようなものだと思っていたが、入国してすぐに違いを感じることになった。 まずは気候だ。両国とも7月下旬に訪問したのだが、ウルグアイはダウンジャケットを着なければならないほど寒かった。しかしパラグアイは昼間は夏のように熱い。後で調べると平均気温が10℃も違うことが判明した。 次に物価だ。ウルグアイの物価は日本

スキ
5
”何もない”が存在するパラグアイの思い出🇵🇾

”何もない”が存在するパラグアイの思い出🇵🇾

”何もない”以上の存在があるだろうか。 ”何もないが存在する”地が何よりの至高で、美しい場所だと思う。 南米パラグアイに行く前に出会った旅人から「パラグアイには何もないよ」とよく聞かされていた。「何もないから良いんだよ」と。 パラグアイが「何もないんだよ」と言われる訳は、ウユニ塩湖やアンデス山脈、イグアスの滝とかのド派手な絶景スポットがひしめく南米大陸の中では観光地として見劣りしてしまう、と言ったところだろう。 だがそれが良い。何もないからこそ好きなんだ。 赤土と空

スキ
15
これからアスンシオンにある賃貸マンションを探す人へのアドバイス
+3

これからアスンシオンにある賃貸マンションを探す人へのアドバイス

私は今、パラグアイの首都アスンシオン都心部にあるマンションに住んでいます。今回は私の体験から、これからパラグアイで賃貸マンションやアパートなどを借りようとしている方へのアドバイスを紹介します。 本来ならブログに書く所なのですが、有料記事とすることにしました。私はパラグアイの日系社会の中で目立っている存在で、たくさんの人にブログやSNSが見られています。誰が私のどんな噂話をしているか、聞きたくなくても耳に入ってくる状態となっています。 この内容は本当に必要な方のみとしたいので

スキ
1
有料
200
パラグアイの伝統工芸品ニャンドゥティ~作り手の抱える問題~

パラグアイの伝統工芸品ニャンドゥティ~作り手の抱える問題~

初めまして。特定非営利活動法人ミタイ・ミタクニャイ子ども基金インターンの慶応義塾大学3年、神 和夏(じん のどか)です。 これから、このブログにて主にパラグアイのファッションに関連した記事を書いていこうと思っています。よろしくお願いします! さて、今回はパラグアイの伝統工芸品のニャンドゥティについてご紹介します! ニャンドゥティの起源まず、ニャンドゥティの起源についてです。 藤掛(2019: 344)によると、主に二つの説がありますが、どちらの説もスペイン領カナリア諸島の

スキ
8
エルサルバドルの次にビットコインを法定通貨にする国はパラグアイではないようだ😱

エルサルバドルの次にビットコインを法定通貨にする国はパラグアイではないようだ😱

 先日、「エルサルバドルの次にビットコインを法定通貨にする国は?」という記事を執筆しました。  パラグアイの議員より、ビットコインに関する法案を7月に提出するとのことだったので、次に来る国はパラグアイかと思っていました。ところがどうもそうではないようなのです。パラグアイに関する新たな情報が出ました。  パラグアイでないとすれば、次はどこが来るのでしょうか? 今後注目したいものですね。 * * *  2021年2月より「風の時代にあったビジネス・マーケティング戦略」につ

スキ
2
[2021.06]ラティーナ流 おいしいワールド・レシピ⑪ パラグアイのエンパナーダを餃子の皮で〜Empanada Paraguaya〜

[2021.06]ラティーナ流 おいしいワールド・レシピ⑪ パラグアイのエンパナーダを餃子の皮で〜Empanada Paraguaya〜

レシピ提供と写真●ルシア塩満  本エントリーは、6/30(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。  本連載の第一回目ではアルゼンチンのエンパナーダを紹介しました。  南米各国で食べられているエンパナーダは、国によって具材等が異なり、とても奥が深いです。今回は、パラグアイ・アルパ奏者のルシア塩満さんから、パラグアイのエンパナーダのレシピを教えてもらいました。本来なら生地から作るそうですが、本業のアルパの演奏で手を酷使されていて生地か

スキ
8