yushin_ito

会社員兼Football Traveler。アウトプットをサッカー(W杯、CL、EURO、海外各国リーグ等を現地観戦)、食、旅、本で回していく雑文。 著書 『宴の記憶 ―眼の前にあったワールドカップ―』 https://www.amazon.co.jp/dp/B0881WHNRC
固定された記事

書評|一人称単数

 村上春樹の『一人称単数』は話者によって紡がれた短編集。思考のあくのようなものをすくい取り、煮詰めるとこういう文章になるだろう。  著者の作品には「表裏」が存在…

旅|陽の光|1

 雨が降り注ぐ土曜日の朝。僕は最低限の荷物をバックパックに詰め、静岡へと向かった。電車を乗り継いだ。乗り換えた横浜駅でビールを買った。「ジャン・フランソワ」のパ…

書評|犯罪者

 『犯罪者』は『幻夏』以上にスケールを感じさせる作品だ。太田愛にとっての処女作。物語の核となる謎。その謎は読者の想像を超え、真相を求める旅路へと駆り立てる。  …

TOKYO 2020
日本 2-1 メキシコ
・引き気味に構えたJ
・守攻の切り替えが早く、少ない手数の攻撃が得点へとつながる
・前線に入るMのパスを封じた守備陣、中盤も素早く寄せる
・林の攻守に献身的な動きと相手の起点を抑えた中山
・OAの三選手がしっかりと屋台骨を支える

食レポ|清水港 みなみ

 腹は満たされていた。しかし、足は自然と「清水港 みなみ」へと向いた。駅を抜け、シティホテルの前を通る。人気の薄い路地にその店はあった。  華奢な階段を上り、こ…

食レポ|伊駄天 静岡店

 コワーキングスペースで必要な仕事を済ませた。同じ作業だが、土地が変わると趣が変わる。異なる角度から物事を捉え、動作を変えることによって一種の緊張感や面白味が付…