バルカン半島

14.1.1 バルカン半島の危機 世界史の教科書を最初から最後まで

ヨーロッパの強国同士が、それぞれ「強い国づくり」をすすめ、「大きな戦争」が起きないように同盟を結び合い、問題があれば国際会議を開いて解決する。
そうやって強国間の”バランス“をとることで、「平和」を生み出す。

1880年代末、この「列強体制」に基づくバランスが、ガラガラと崩れていった。

そして、見る見るうちに、イギリス・フランス・ロシア vs ドイツ・オーストリアという2つのグループの対立が激

もっとみる
🐭 世界史を"みんな"のものに!
20

【ユンゲ・フライハイト紙】国境線への殺到のあとに: オルバンがソロスを難民の殺到について非難

2020年2月3日
ブダペスト発: ハンガリーの大統領ビクトル・オルバンが、自国の境界における難民の数の最近の上昇について、大富豪のジョージ・ソロスを批判した。「ソロスのネットワークがバルカン半島全体で移民を組織化しているのだ」、金曜日のKossuth-Radioで紹介されたBudapester Zeitungの記事によれば、オルバンはそのように語った。このことに目を向けない人は、盲目であるに違い

もっとみる

バルカン半島旅行記⑤ カルスト地方への旅

普通の高校2年生が、あるとき、ユーゴスラビアに魅せられて、夏休みにバルカン半島を1ヶ月間旅した話。

ブレッド湖

7月26日。この日はスロベニアのハイライトの1つであるブレッド湖に向かうため、朝7時のバスに乗り込んだ。(このように朝しっかり起きられていたのは旅の前半だけだった…)
ブレッド湖は美しい氷河湖ということで、有名な避暑地になっている。
↓画像はインターネットより

1時間半程バスに

もっとみる
ありがとうm(_ _)m
10

バルカン半島旅行記④ トリエステ自由地域

普通の高校2年生が、あるとき、ユーゴスラビアに魅せられて、夏休みにバルカン半島を1ヶ月間旅した話。

トリエステの複雑な歴史

トリエステはイタリア北東部の国境近くの都市。その地理的な位置から、歴史的に様々な民族、国家の支配を受けてきた。
第1次世界大戦までは、長い間オーストリア=ハンガリーの重要都市として繁栄したが、「未回収のイタリア」回復運動を経てイタリアに併合される。
その後、ナチスドイツに

もっとみる
ありがとうm(_ _)m
22

バルカン半島旅行記① きっかけと準備

普通の高校2年生が、あるとき、ユーゴスラビアに魅せられて、夏休みにバルカン半島を1ヶ月間旅した話。

実は、このような本格的な文章を書くのは初めてです。最初は事実関係をいちいち確認しながら書いていましたが、それではいつまでたっても終わらないということで、自分の知識と記憶の正確さを信じて書いていこうと思います。もし間違い等ありましたら指摘していただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

もっとみる
やったぜ!
29

【旅の美味】Ракия ラキア

日本で「ラキア」とか「ラキヤ」などと発音されるこのお酒は、バルカン半島でつくられる蒸留酒です。

日本の焼酎のようなものでしょうか。

一昨年、ブルガリアを訪れるまで、このお酒を知りませんでした。

ブドウをはじめ、アプリコット、スモモ、梨、リンゴ、イチジク、サクランボなどさまざまなフルーツが原材料です。
ミックスしたものもあるそう。

写真左はブルガリアのレストランでいただいたもの。

写真右は

もっとみる
ありがとう💕
18

東欧旅行記 file④ 「力に屈したら男に生まれた意味がねェだろう」

Hello👍

ブダペストに滞在してから5日目の夜、イヴェトちゃんから突然、

「私の友達の誕生日パーティがあるんだけどよかったら一緒に行かない?」

「行ったとして、俺は何を話せばええんや。」

当たり前だ。誕生日の子も全く知らないアジア人から会っていきなり

「誕生日おめでとう🎉」なんて言われても複雑な気分になるだけだ。

と初めは乗り気ではなかった僕だが、イヴェトちゃんがどうしてもと

もっとみる
いつも見てくださいありがとうございます。
13

はじめました

2019年高2の夏休みにバルカン半島を1ヶ月で旅しました。記憶があるうちに旅行記を書いていこうと思います。

ありがとうm(_ _)m
15

セルビア紀行(ベオグラード)

セルビアと聞いてあなたは国旗やどんな国なのか、何がおいしいか、有名人は誰か……等々思い浮かびますか?
そしてどういうイメージを持ってますか?

私は今回セルビアに行く事を友達に伝えたところ、「危なくないの…?」「治安めっちゃ悪そう」などとマイナスな回答ばかりが返ってきました。

治安云々に関しては外務省の発表している海外安全情報を参考にすると

ほとんどの所は白色のレベル0、安全なんです。
黄色い

もっとみる
ペペロンチーノのこともスキしてあげてくださいね。
4

東京キララ社『旧共産遺産』上梓します。

この度、東京キララ社『旧共産遺産』を上梓致します。

[ 内容紹介 ]

バルカン半島を中心とした旧共産圏に遺る奇抜な廃墟と、朽ちゆくスポメニック(戦争記念碑)
ケレンフェルド発電所(ハンガリー)/戦闘機の墓場(ハンガリー)/人民蜂起記念碑(クロアチア)/サラエボ五輪跡(ボスニア)/自由の記念碑(モンテネグロ)/スポメニック群(セルビア)/セルビア正教会(コソボ)/廃工場(アルバニア)/トーチカ(

もっとみる