2020.07.06 #相田にツッコメ

三四郎の相田さんが、自らのライフスタイルをまとめた本を出版することになった。「何でアイツが!?」とは思ったが、詳しく調べると元からやってる、1人暮らしについて書いたエッセイをまとめたものだった。0から始まった企画ではなかった。

最近相田さん、いや、しゅーじまんがYoutuberデビューしたり、その上オリジナルソングの作成までやってるもんだから、どんどん芸人としてのガラパゴス化が進んでるなおい、と

もっとみる

失礼で傲慢な中年男性

僕の友人であるお坊さんが、「お寺の跡取り息子の宗教観」というテーマでお話する会があった。

そこで彼は、ひとりの僧侶が葛藤を乗り越え、「宗教性」の目醒めとともに自己を諒解する過程を、自らの体験とともにお話ししてくださった。

ちなみに参加者には僕の知り合いもいたが、半分くらいは初対面の方々だった。

その議論の中で、「仏教とキリスト教の違い」がひとつのテーマになった。

ちょうど僕の左右にクリスチ

もっとみる
あざーす!
6

面白いんじゃなくて、優しいのよ。

僕は、ゴリゴリの大阪人です。
そんな愛する大阪は「お笑いのまち」なんてことを未だに言われる、笑いに生きる、そんな街。

そんなイメージがあるからだけど、テレビなんかじゃ、「大阪の人は素人でも面白い」みたいなことを言い出しちゃう。

でもさ、実はみんな分かってる。「大阪人だから面白い」そんなことは幻想だよね。

面白くない大阪人も絶対いるし、なんなら僕はその一人。

だけど、やっぱり僕も大阪人だ。

もっとみる
あなたもスキ^ ^
45

面接官に「いや下手くそか!」と心でツッコンでしまった社会不適合者の戯言

こんばんわ、なるほどスゲェです。
今日も毎日noteやってくぜ。

今日は職業訓練校の面接に行ってきました。

挨拶を済ませ、面接が始まる前に面接官の方が笑顔で
「肩の力を抜いてリラックスして挑んでくださいね」
と言ってくださった。

僕は思った。
「いや、下手くそか」
下手くそと思ったのは、
あまりに業務的な言い方に聞こえ、本当に緊張を解こうとしている姿勢がみじんも伝わらないからだ。

これは僕

もっとみる
えーーーーーー!!!!ありがとうございます!
8

ツッコミをいれられる部首たち。其の拾漆

皆の暇潰しシリーズ「ツッコミをいれられる部首たち。」、17回目です。

漢検2級資格取得に向けて勉強をする私に思わずツッコミをいれられてしまった部首たちを、1記事につき2つずつ紹介していくというシリーズもの。

このシリーズはすべてこちらのマガジンにまとめてあります。

それではスタート!

【第1問】

音 : コウ
訓 : -----

予想 : 月
「『つき』っぽい」

正解



もっとみる
褒められると伸びるタイプです。
9

♯37 『得意じゃないのに仕事にしようとしてる人例え』

お疲れさまです!
よく、冗談でアイドルになりたいとか、俳優になりたい等言ったりしますよね!
でも、その人にはアイドルに向いてない、俳優に向いてない欠点があるはずです!

それを指摘した後に付け加える言葉です!

まずは「お前がアイドル目指すっていうのは、」

以下例です。

------------------------------------------------

・お酒が飲めないのに、バ

もっとみる

♯36 『予告っぽく話す』

皆さんスポーツはスキですか?
私は、野球や、卓球、サッカー、身体を動かすこと全般好きです!

そんな時、さらにスポーツを楽しく行うために、サーブの前、投球の前、pkの時『予告っぽく』自身でナレーションを行って見て下さい!

下記例です。
---------------------------------------------------------------------------------

もっとみる

早起きしたのでいつもより時間をかけて丁寧にヨガで体をほぐして、いざ自転車に跨ろうとしたらギックリ腰になった。腰を曲げて帰宅した私を妻は心配してくれたが、大事にはならなそうだと見極めた彼女は「あんなめっちゃヨガしていってこんな事ある?」と言って笑った。関西人の彼女のツッコミは鋭い。

ツッコミをいれられる部首たち。其の拾陸

皆の暇潰しシリーズ「ツッコミをいれられる部首たち。」、16回目です。

漢検2級資格取得に向けて勉強をする私に思わずツッコミをいれられてしまった部首たちを、1記事につき2つずつ紹介していくというシリーズもの。

このシリーズはすべてこちらのマガジンにまとめてあります。

それでは早速いきましょ~!

【第1問】

音 : -----
訓 : うね

予想 : ?
「『へん』か『つくり』かどっちかな

もっとみる
貴方に幸あれ。
11

ガセネタとサムズアップ

昨年、私の勤める会社ではチャットアプリを全社的に導入した。

導入当初は戸惑いや反発こそあったものの、数ヶ月経った頃にはほとんどの社員が利用するようになっていた。

営業のハウツーや最新技術動向など、種類を問わず耳寄りの情報を共有するチャンネルは、「学び」があるとして評判だった。

今年の二月頃のことだ。

私は出社してパソコンを起動し、くだんのチャットアプリを開いた。

社内全体向けの情報共有チ

もっとみる
わーい!ありがとうございます!
6