【ピアソラ生誕100周年記念】432hzで聞く癒しのピアソラ名曲選

2021年の今年はアルゼンチンタンゴの巨匠:ピアソラの生誕100周年記念にあたります。イタリア系の音楽を軸として世界の音楽文化を柔軟に取り入れながら進化してきたアルゼンチンタンゴ。ピアソラはその中でも特に様々な文化を取り入れた文化の開拓者の1人でした。そんなピアソラに敬意を表しつつ、432hzで心地よく聞いていただくためピアソラの名曲から12曲ピックアップ。日本でもお馴染みのリベルタンゴやアディオ もっとみる

ありがとうございます!( ^)o(^ )
25

PRETTY TANGO【FREE BGM】

Sound Kitchen TAKAHAHI

00:00 | 00:30

イタリアのタンゴ風な音楽です。可愛らしくもあり、少し不器用なくらいのダンスが合っているかも?中世ヨーロッパが舞台のゲーム、探索用BGMにもおすすめです。

当楽曲は個人・商用問わず無料でお使いいただけます。クレジット表記、もしくはコメント欄に一言いただけますととても励みになります(*'ω'*)ノヨロコビ
楽曲の制作依頼についてもお気軽にお声がけください。

フリー素材,instrumental,

もっとみる

【独り言】アコーディオン弾きとタンゴ【ちょっとだけ】

※始めに。「ちょっと」のつもりで書き始めたら四千字を超えるボリュームになっちゃいましたが、このコラムはアコーディオンでタンゴを弾くことについて私がどのように考えているか、タンゴという素晴らしい音楽をいかにリスペクトしているかを個人的な観点から書いたものです。そして、アコーディオンでタンゴを演奏すること自体を否定する意図が一切ないことを予めお断りしておきます。さあ、私のタンゴへの取り組み?(というほ

もっとみる
!muchas gracias!
4

「今日は1日ピアソラ三昧」

皆さまご無沙汰です。アブダビ経由でミラノに戻り、隔離も終えてミラノでの生活ペースを取り戻しつつあるミラノ特派員黒田です。長らくヴィラ=ロボス研究家の市村由布子さんの文章に頼りきりだった黒鳥ジャーナルでしたが、今日はミラノ特派員クロアキが、生誕100年で盛り上がっているアストル・ピアソラのラジオ番組情報をシェア!

5月4日にNHKラジオで『今日は一日”ピアソラ三昧”』という9時間番組がありました。

もっとみる
ありがとうございます😍😍
23

半分のオレンジとタンゴにおける男女の話

書き手:Haruna

タンゴってセクシー、親密、恋人以外とこんなに近づいて躍るなんて!とはよく言われる話。実際にタンゴを踊る筆者(アラサー女)は何を考えているのか、タンゴの魅力が多少なりとも伝わるよう、主観たっぷりに自分目線で綴ろうと思う。

半分のオレンジ
スペイン本国の言葉で"Media Naranja"という表現がある。直訳すると「半分のオレンジ」。自分の片割れである運命の相手を指す。自分

もっとみる
また見てね!
13

セステート・タンゴ~「(私の)最後の1枚」の顛末

タンゴの名門オスバルド・プグリエーセ楽団から1968年に独立、その後のタンゴ界をリードするグループの一つとなった「セステート・タンゴ」。オスバルド・ルジェロ(バンドネオン)、ビクトル・ラバジェン(バンドネオン)、オスカル・エレーロ(バイオリン)、エミリオ・バルカルセ(バイオリン)、アルシーデス・ロッシ(コントラバス)、フリアン・プラサ(ピアノ)という布陣で、メンバーのうちコントラバスを除くほぼ全員

もっとみる

[2021.05]【ピアソラ~生誕100年】超実用的ピアソラ・アルバム・ガイド on Spotify Part 8

文●斎藤充正 texto por Mitsumasa Saito

[著者プロフィール] 斎藤充正 1958年鎌倉生まれ。第9回出光音楽賞(学術研究)受賞。アメリカン・ポップスから歌謡曲までフィールドは幅広い。世界のピアソラ・ファンがピアソラのバイブル本として認めている『アストル・ピアソラ 闘うタンゴ』の著者であり、ピアソラに関する数々の執筆や翻訳、未発表ライヴ原盤の発掘、紹介などまさにピアソラ研

もっとみる
「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
12

アルゼンチンタンゴ - Juan D'Arienzo Tango Master Collection

リズムの王様の異名をとったそうだけど、考えていたようなリズムではなかった。曲自体は良かった。

もっとみる

Pas de deux hommes

Youtubeで中森明菜Tango noirを見ていたら、どんぶらこっこと何故かここまで辿り着いてしまった。
もう帰れないので、しばらくここ、ベルリンにいます。

あなたにドラマ始まっている
1

後悔のない女優人生を!動き出した米倉涼子さんの“挑戦”

井上公造です。

先日、米倉涼子さんのエンターテインメントショー「Ryoko Yonekura -DISFRUTA 2021-」に行ってきました。このショーは、米倉さんがデビュー以来所属していたオスカープロモーションから独立し、個人事務所「Desafío」を設立してから1年を記念したスペシャルイベントです。

日替わりゲストも豪華で、1日目はモデルのヨンアさん、2日目はTBSの安住紳一郎アナウンサ

もっとみる