【わるくちの地獄】ー「まなざし」から「行動監視」、その先の「ネットリンチ」

「個の時代」が抱える一つのリスクに、ソーシャルメディアがある。今や誰しもが複数のソーシャルメディアアカウントを運用し、情報を収集し、発信を続けている。リスクの点で気になるのは、「裏垢」や「闇垢」の存在だ。

「裏垢」は、個人によって運用されているにもかかわらず、顔・名前・性別・職業全てわからない。架空に設定した人物になりきり、自身の身体と乖離するがゆえに、いとも簡単に、暴力的で批判的な牙を向く。

もっとみる

#(ハッシュタグ)の使い方について考えてみる

どうも、遠藤です。

タイトルの通りなんですが、Twitterだけに限らず、SNSを利用していて思うところがあって、これを書きました。

「約束の場所」とか「待ち合わせの場所」ってカッコよく書いてますが、結局は「共通認識」や「共用の風呂」、いや...「共通の話題を書く掲示板」みたいなものか。

そこを覗いてみたら、過去に誰かが書いたことが見えるようになっているのがハッシュタグの特徴で、瞬間的に盛り

もっとみる
ヤッホイ!
9

「新型コロナによって広告クリック単価が60%減少」調査関連ニュースまとめ 5/22号

週末にチェックする忙しいマーケターのための調査関連ニュースまとめ。

新型コロナによって広告クリック単価が60%減少

ブランド品を売ったことがある女性、お金より捨てるのもったいない傾向

宅配便を「対面で受け取りたい」子育て世帯はわずか1%

中国など14の国・地域でAndroidのシェアが80%以上に

中国の訪日予定がある人たち、予定時期は「2020年7〜9月」が最多に

緊急事態宣言解除後

もっとみる

#3 インフルエンサーマーケティングの本質は「繋がり」ではなく「最大化」にある。

1, インフルエンサーマーケティングから、
ソーシャルメディアマーケティングの時代へ

「インフルエンサー」という言葉が一般的になった現代。
SNSでのPR案件などが主流となり、「インフルエンサーマーケティング」と聞くと、ほとんどの人が、なんとなくそのマーケティング手法をイメージできる世の中になりました。

トレンダーズは、約15年この領域を扱っていますが、今年の4月。名称を新たに「インフルエンサ

もっとみる

noteのフォロワーが1000を超えましたのでお礼を...

どうも、遠藤です。

弱小noteブロガーのぼくですが、noteユーザーの方々からフォローしていただくことが増え、2020年05月21日にフォロワーの数が1000を超えました。

フォローいただきました皆さんはもちろん、これまでお読みいただきました皆さん、コメントやシェアをいただきました皆さん、本当にありがとうございます。

これまでフォロワー数を気にはしてなかったのですが、今年に入ってから...

もっとみる
ヤッホイ!
27

ソーシャルメディアではフォロワーが増えたからと言って読まれるわけではない

どうも、遠藤です。

当然といえば当然なのですが、タイトルの通りなのです。いわゆるインフルエンサーでもなんでもありませんが、この記事を書いている時点でTwitterは2200弱、noteが1000弱をウロついている、ちょっとした寄り合いサーです。

SNSを利用していると、どうしてもフォロワー数とか目に入ってきますし、仕事とかに関連していくこともあろうかと思っていることから、すこしぐらいは影響が出

もっとみる
あなたの「スキ」で報われます。ありがとうございます。
12

サッカークラブはエンゲージメントをどう取り戻すか。

Jリーグが中断して約3ヶ月。想定される無観客での再開や考えられる経営リスクに備えて、毎日色んな新しいソリューションを仕入れて準備をしリモートワーク以前よりも忙しない5月前半でした。

こんな時こそ、クラブには新しい収益源となる第4の柱が必要で、試合の勝敗や所属選手に左右されない”ノンフットボール”の軸で提供できる新しい価値を創らないといけない。

...と考える一方でサッカーのない日常が続くここ最

もっとみる
ありがとうございます😊
51

中国で「マスクメイク」が大きなトレンド、アイメイク製品やスキンケアも好調な売上

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、人々の生活様式は一変した。中国の美容業界も例外ではない。大きな変化の1つは「マスクメイ

もっとみる
ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
31

SNSでは「誰に」「何を届けたい」のか明確にして継続しよう

どうも、遠藤です。

今回は、ちょっとぼくの中では挑戦的であり、試験的です。

何が試験的なのかといえば、何かしらのtipsを書けるほどに突き詰めて取り組んでいるわけでもないことを前提にすると、今回のタイトルをつけること自体が、ものすごく挑戦的なものとなるんです。

少し前に『テレワークで擬似オフィスを構えるのにはPragliで寄り集まったらいい』ってツールの紹介記事を書いたのですが、これまではそ

もっとみる
ヤッホイ!
15

企業のSNSアカウントは、誰に向かって発信すればいいの?

今日は、企業視点でSNSの自社アカウント運用について。

「僕らはSNSでモノを買う」という書籍が出るほど、購買の主戦場がソーシャルメディアに移行し始めてきています。

僕自身、イチSNSユーザーとしての体験談を語らせていただくと、

SNSを通じて、

・新しい商品を知ることもある
・商品を買うこと決めることもある
・相手(企業・サービス)をさらに好きになる

などなど、いろいろなところで影響を

もっとみる
スキありがとうございます!!嬉しいです!
75