NISHIMURA Motoi / J LAB Director

東京(理1)と京都(医)の大学に行ってみるも迷子になった男 / 勉強教えたり,勉強したり,読書したり,旅に出たり,料理したり / 一般教養,大学受験,哲学,科学 / J LAB ≫ http://j-laboratories.org

Think difficult ! part6「感覚の牢獄において<表現する>とは何か」 -書くとは書かないという自覚【全文公開】

"Think difficult!"を説き続け、そろそろ終わりに近づきつつある。 考えるということについて、基本的に僕の書いたもの(表現)を読む(受け取る)という形式を前提として...

ワークショップ - 第06回[20191202-1208]ソシャゲ廃課金は趣味の範疇と言えるか【小論文】

(注)この記事はコミュニティメンバーに向けた記事です。コミュニティ参加者以外には通じない話が多数含まれています。ご了承ください。 今回のワークショップの期間は、...

1889年生まれの三人、ウィトゲンシュタインとハイデガー、そしてヒトラー。もしくは、酒と言語と存在と時間。

20世紀を代表する哲学者、ルートヴィッヒ・ウィトゲンシュタインとマルティン・ハイデガー。この二人の哲学者は、なんと同い年である。さらに、言わねばならない。そう、あ...

ワークショップ - 第05回[20191118-1124]超科学・オカルト・都市伝説・陰謀論

(注)この記事はコミュニティメンバーに向けた記事です。コミュニティ参加者以外には通じない話が多数含まれています。ご了承ください。 今回のワークショップの期間は、...

Think difficult ! part5「知性とは何か」 -限界を目指すことと日常を営むことはそもそも全く違う【全文公開】

"Think difficult!" を説いていると、いずれ必ずぶち当たる疑問がある。考えるという「閉じた」行ないで、はたして人生が「開かれて」良くなるのかということである。つま...

ワークショップ - 第04回[20191111-1116]14歳の哲学対話(創作編)

(注)この記事はコミュニティメンバーに向けた記事です。コミュニティ参加者以外には通じない話が多数含まれています。ご了承ください。 今回のワークショップの期間は、...