マガジンのカバー画像

J LAB ch0 #ワークショップ

93
コミュニティメンバーによるワークショップ関連の記事を投稿する場所。
運営しているクリエイター

記事一覧

ジェイラボワークショップ第40回『東大最難問解法展覧会』【数学部】[20220912-0925] #JLWS

この記事は、私が所属している「ジェイラボ」というコミュニティ内で行われたワークショップのログです。 以下、★マークを辿ればストーリーとして今回のワークショップを追体験することができるようになっています。今回はほぼほぼ本筋から逸れなかったため、ほぼ全てが★マークですが。 1日目★Hiroto こんばんは。数学部部長のHirotoです。よろしくお願いします。今回のテーマは、『東大最難問解法展覧会』です。東大受験数学史上最難問と呼ばれている問題の、解法を、展覧します。 ○スケ

スキ
6

ジェイラボワークショップ第39回『人を<嫌う>ということ』【哲学部】[20220829-0911] #JLWS

今回は哲学部WSは、ジェイラボ哲学部で行なった「ひとを<嫌う>ということ」中島義道著の輪読の内容をベースにジェイラボ哲学部のオリジナルの物語を作成し、WSを行った内容のログとなります。 今回のWSの司会は私、イヤープラグさざなみ君、YY12君、Tsubo君の4人で行いました。 物語の部分に★印をつけておきましたので、★だけを読めば物語部分は読めるようになっています。 それでは早速ログに移ります。 Day1■コバ おはようございます。 本日から哲学部WSです。文章は夜に

スキ
5

ワークショップ第38回『英文読解とライティングのための文法的視点』【英語部】[20220815-0828] #JLWS

本記事は、オンラインコミュニティ「ジェイラボ」内部にて行われました、私が部長を務めます英語部のワークショップ(WS)のログです。英語部としては2回目となる今回のWSでは、『英文読解とライティングのための文法的視点』と題しまして、英文の情報構造と主題選択に関する基本的な内容を扱いました。 以下、ログになります。基本的には日付ごと、投稿ごとに見出しをつけ、投稿がいくつかのセクションに分かれている場合はセクションの題名も小見出しとしています。日付にはその日に扱う大きなテーマを副題

スキ
5

ジェイラボワークショップ第37回『義務教育を問いなおす 第1回』【教育研究部】[20220801-0814]#JLWS

皆さん こんにちは。 ジェイラボ教育研究部部長のシトです。 今回のWSでは教育研究部で読んでいる『義務教育を問いなおす』をベースに展開していきました。 *シトターンに事後スレッドにてとあります。それはWS期間内に返事ができなかったものに対して、WS終了後に返答していることを意味しています。 挨拶■シト おはようございます。教育研究部部長のシトです。 本日から2週間を通して教育研究部のWSを行います。 よろしくお願い致します。 はじめに 今回のWSは教育研究部で輪読し

スキ
4

ジェイラボワークショップ第35回『表現研オリエンテーション』【文化表現研究部】[20220718-0724] #JLWS

持病のためと活動方針の迷いからしばらく活動停止していた僕の趣味活動である文化表現研究部(表現研)の活動を再開しました。以下、一週間で行なったオリエンテーションのログを公開しておきます。 Day1 アンケート■にしむらもとい さて、活動再開した表現研でございますが、表現研の趣旨と今年度の活動方針をオリエンテーションしていきたいと思います。 今年度はe-sportsを実際に体験することを主な趣旨にしておりますが、何故そんなことになっているのかということまでお話を持っていくこと

スキ
4

ジェイラボワークショップ第34回『数学の認知科学(後半)』【数学部】[20220704-0717] #JLWS

今回の記事は、ジェイラボ哲学部と合同で行なった「数学の認知科学」G.レイコフ/Rヌーニェス著の輪読の内容をベースに、ジェイラボ哲学部/数学部の合同でWSを行った内容のログとなります。 数学の認知科学の輪読とWS司会はコバさん、イヤープラグさざなみさん、私(Hiroto)、ていりふびにさんの4人で行いました。 またこのWSログは後半部分となるため、後半担当の私とていりふびにさんの語り部分の内容となります。 前半は第33回WSログでお読みいただけます。 物語の部分に★印をつけ

スキ
8

ジェイラボワークショップ第33回『数学の認知科学(前半)』【哲学部】[20220620-0703] #JLWS

今回は哲学部WSは、ジェイラボ数学部と合同で行なった「数学の認知科学」G.レイコフ/Rヌーニェス著の輪読の内容をベースに、ジェイラボ哲学部/数学部の合同でWSを行った内容のログとなります。 数学の認知科学の輪読とWS司会は私、イヤープラグさざなみさん、Hirotoさん、ていりふびにさんの4人で行いました。 またこのWSログは前半部分となるため、前半担当の私とイヤープラグさざなみさんの語り部分までの内容となります。 後半は第34回WSログでお読みいただけます。 物語の部分に

スキ
7

ジェイラボワークショップ第31回『英語を学ぶ意義とは何か』【英語部】[20220606-0612] #JLWS

本記事は、オンラインコミュニティ「ジェイラボ」内部にて行われました、私が部長を務めます英語部のワークショップのログです。今回は初回オリエンテーションという形で、「英語を学ぶ意義とは何か」をメインテーマとして進行させていただきました。 以下のログにおいては、日付ごと、投稿ごとに見出しをつけました。メインテーマに関わる僕個人の考えについては、Day5とDay6の投稿にて大体の内容を語っていますので、参考にしていただければと思います。 ■ゆーろっぷ おはようございます。英語部

スキ
9

ジェイラボワークショップ第29回『初回オリエンテーション』【教育研究部】[20220523-0529] #JLW

みなさん こんにちは。 ジェイラボ教育研究部部長のシトです。 今回のWSではオリエンテーションを行いました。 これまで教育研究部はワンマンで回していましたが、今年からは入部者がいるので活動を本格的に進めていっています。 ■シト 皆さんこんにちは。教育研究部部長のシトです。本日から1週間、教育研究部のオリエンテーションを行います。この1週間は今後の活動で扱うものの参考のための質問やアンケートを行おうと考えています。では、よろしくどーぞ。 まず、教育研究部の紹介から。

スキ
5

ジェイラボワークショップ第30回『蜆一朗研究員による意識調査』【ジェイラボ未来部】[20220530-0605] #JLWS

 この記事は、2022年5月30日から6月5日にかけて行われました、第30回ワークショップ『蜆一朗研究員による意識調査』【ジェイラボ未来部】のログをまとめたものです。著作権等の影響で外部に公開できない資料等を一部削除していることもありますが、基本的には誤字等も訂正せずにそのまま張り付けてあります。もし訂正したほうが良いこと等ありましたら蜆一朗まで連絡お願いいたします。 はじめに■蜆一朗  皆様おはようございます。蜆一朗です。これから投下する文章を編集していたらこんな時間(

スキ
14

ジェイラボワークショップ第28回『初回オリエンテーション』【物理学部】[20220516-0522] #JLWS

今回は新物理学部の最初のワークショップとして初回オリエンテーションを行いました.以下,ログになります.なお,発言者の頭に「■」をつけ,その返信(スレッド)は発言者の頭に「・」をつけています.また,Questionを出した日の翌日以降でも回答を募集していたので,時系列が前後しているところもあります(Questionごとに回答をまとめました).また,複数のQuestionに対して同時に回答していただいたものは一番番号が大きいもののところ(i.e.Question a_i(i=1,

スキ
7

ジェイラボワークショップ第27回『数学部のこれからの物語 〜一般・抽象vs特殊・具体〜』【数学部】[20220509-0515] #JLWS

こんにちは.ジェイラボ数学部部長のHirotoです.今年度最初のWSのログを公開したいと思います.(ジェイラボとは,僕が所属しているコミュニティの名称です.WSとは,ワークショップの略です.) ログ議論をする(聞く)際、どっちの方が好みですか?1 一般→具体 の流れ 11@Naokimen, @コバ, @Tsubo, @蜆一朗, @Takuma Kogawa, @Daiki, @チクシュルーブ隕石, @Yuta, @イスツクエ, @あんまん, @chiffon cak

スキ
14

ジェイラボワークショップ第26回『人に何かを伝えるということ』【哲学部】[20220502-0508] #JLWS

J LAB Season4 Workshop、今年度哲学部の初回WSは「人に何かを伝えるということ」というテーマで行いました。 ジェイラボWSとは人に何かを伝える場です。 そのそもそもの「人に何かを伝える」という事をジェイラボメンバー皆で考えるということを今年度哲学部初回WSのテーマとしました。 今年度からのジェイラボWSの「物語を読むという体験を主催者側が準備する」という新しい取り組みを、今回のWSでは「私(コバ)による語り」という形で取り入れました。 「私による語り」

スキ
8

ジェイラボワークショップ第25回『利他とは何だろうか』【基礎教養部】[20220425-0501] #JLWS

J LAB Season4 Workshopのモデルとして僕が担当した回のログです。通常の半分、一週間で行ないました。 僕のこれまでの や の能力主義の連載 とつながる部分が多くあり、それなりに示唆に富んだ内容になっていると思います。いつも通り前提知識は不要ですが、決して簡単に読めるものではないと思います。頭を使いながらじっくり読んでいただければ幸いです。 それでは、以下、ログの転載です。50,000字程あります笑 日付ごと、投稿ごとに見出しをつけました。もちろん、

スキ
14