はじまり
+2

はじまり

2020年11月末 ひょんなことから、キャンプに行くことになった僕たち2人は、自分たちのサービス創りに取り組み始めるようになる。 新卒から勤めていた商社に辞表を提出し、引き継ぎ業務を終えた僕には、約3年半 地道に貯めてきた有休が1ヵ月ほどあった。3年半だと、さして長い時間でもないようにも感じたが、営業として走ってきた自分へのご褒美だと思って、ありがたく頂いた。 有休を使い始めて数日は、社用携帯を手放した解放感 と 平日に昼まで寝ている自分への罪悪感 と戦いながらもそれなり

スキ
4
Vol.3 GitHubのProjectを使うことにした
+1

Vol.3 GitHubのProjectを使うことにした

開発、進んでおりません。 他の作業で忙しいと言うか、基本的に他の作業が優先です。こっちは優先順位低めでやってるのでなかなか進まない感じです。 1ヶ月で1つの機能‥‥とかになっちゃうのでしょうか。このペースだと開発には何年もかかっちゃいそうです。途中で投げる可能性も申し訳ないですがあります。 で、それだけスローペースで開発するとなると、今何をやってるかすら忘れてしまいそうになるので、GitHubのProjectを使ってみることにしました。 未着手、進行中のタスクが分かりや

おいしい健康のレシピが生まれる場所、キッチンの紹介です。
+2

おいしい健康のレシピが生まれる場所、キッチンの紹介です。

こんにちは。おいしい健康の管理栄養士のフクです。 おいしい健康では、自社サービス「おいしい健康」をwebサイト、iosアプリ、androidアプリにて開発・運営しています。 レシピを選んで作るだけではなく、ご自身やご家族の健康状態に合わせて献立を作ったり、同じ悩みがある方と献立やレシピを共有しあえるサービスです。 健康維持の方だけでなく糖尿病や腎臓病など、健康状態に合わせたお食事が必要な方にもご利用いただいております。今回はそのようなサービスやレシピを生み出す場所、会社の

スキ
16
【生きるに値する社会をつくる #36】なぜコンセプトは重要なのか?
+1

【生きるに値する社会をつくる #36】なぜコンセプトは重要なのか?

こんにちは、「生きるに値する社会をつくること」を目的に活動しているカウンセラー・コーチ・作家の水樹ハル(@harumizuki423)です。 今回のテーマは、 なぜコンセプトは重要なのか? というテーマでお話していきます。 次回課題が1つクリアできたらまた1つ課題が出てくるもので、、、「心の美容室」の価格設定をどうしようかなぁと悩んでいます。。。 というのも、オンリーワンのゴールのスタイリングって言うだけあって、、、人っていうのは目指すゴールが1つではない。 みん

スキ
1
つくれぽ投稿ユーザをリテンションさせるために取り組んだこと
+8

つくれぽ投稿ユーザをリテンションさせるために取り組んだこと

クックパッドのクリエイション開発部の村山です。UXエンジニアとしてレシピ / つくれぽ投稿領域の施策立案、iOS実装、分析/効果検証を行っています。 今回は上期につくれぽユーザをリテンションさせる仕組みについて考え取り組んだことについて書こうと思います。 つくれぽとは? つくれぽはクックパッドの機能の一つで、レシピに対してユーザが投稿できるコンテンツです。作ったレシピの写真や動画、テキストとハッシュタグで構成されていて、他のユーザさんにレシピの「ここが良かった」というポイ

スキ
9
カレンダー機能の使用率を調査してみた「植物水やりリマインダーアプリ - WaterPlantly」
+2

カレンダー機能の使用率を調査してみた「植物水やりリマインダーアプリ - WaterPlantly」

WaterPlantlyという植物水やりリマインダーを作ってます。 ▼ iPhoneの方はこちら ▼ Androidの方はこちら 先月カレンダー機能をリリースしました。 リリース後、約1ヵ月経過したのでどれぐらいカレンダー機能が使われているのか? 調査してみました。 カレンダー機能とはカレンダー機能は水やり・肥料を何月何日に行ったのか、カレンダーに記録する機能です。 なぜカレンダー機能を作ったのか?カレンダー機能作成のきっかけは、ユーザーさんからでした。水やりをし

【Startup Tips #6】ヘルスケア編:起業したい医学生からよく受ける質問。 医師のキャリア、いつまでやってから起業した方がいいですか?専門医までは取った方がいいですか?

【Startup Tips #6】ヘルスケア編:起業したい医学生からよく受ける質問。 医師のキャリア、いつまでやってから起業した方がいいですか?専門医までは取った方がいいですか?

みなさん、こんにちは。 StartUp Tipsマガジンです。 前回の記事で、「非エンジニアとエンジニアのチームが開発を進めていくにつれ、空中分解してしまうのはなぜか?」について書きました。 今回は、「ヘルスケア編:起業したい医学生からよく受ける質問。医者のキャリア、いつまでやってから起業した方がいいですか?専門医までは取った方がいいですか?」について述べたいと思います。 医者のキャリア、いつまでやってから起業した方がいいのか? A. どちらでもいいです。サービスの内

スキ
4
【Startup Tips #5】非エンジニアとエンジニアのチームが開発を進めていくにつれ、空中分解してしまうのはなぜか?

【Startup Tips #5】非エンジニアとエンジニアのチームが開発を進めていくにつれ、空中分解してしまうのはなぜか?

みなさん、こんにちは。 StartUp Tipsマガジンです。 前回の記事で、「プロダクトアウトの弊害:創業メンバーが開発力がある場合、ニーズの検証が疎かになりがち!?」について書きました。 今回は、「非エンジニアとエンジニアのチームが開発を進めていくにつれ、空中分解してしまうのはなぜか?」について述べたいと思います。 非エンジニアとエンジニアのチームが開発を進めていくにつれ、空中分解してしまうのはなぜか? A. 非エンジニアのサービス依頼がふわっとしているために、エ

スキ
5
アプリ初回起動からのアンインストール率が27%減少した理由を考察してみる
+5

アプリ初回起動からのアンインストール率が27%減少した理由を考察してみる

「図書館貸出検索」という現在地周辺の図書館から借りたい本を検索できるアプリの運営・開発しています。 ▼ iPhoneの方はこちら ▼ Androidの方はこちら 7月と8月を比べるとアプリをインストールした日に、アプリをアンインストールする率が、約27%減少しました。なぜ減少したのか考察してみようと思います。 仮説なぜアンインストール率が下がったのか?考えてみます。「図書館貸出検索」は図書館にある本を探すアプリです。なのでアプリをインストールした次にユーザーが行う行動

【Startup Tips #3】大企業で恒常的に新規事業を生み出すには?
+3

【Startup Tips #3】大企業で恒常的に新規事業を生み出すには?

みなさん、こんにちは。 StartUp Tipsマガジンです。 前回の記事で、「大企業で新規事業が生まれにくいのはなぜか?」について書きました。 今回は、その解決策について述べたいと思います。 Q. 大企業はどうすれば新規事業を恒常的に開発できるのか?A. プロダクトを発明できる人材(MAで創業者を外部から取ってくる or 社内で副業で成功している人など)を中心に研究開発チームを作る。組織は少人数でフラットが良い。 これに関しては、「爆速成長マネジメント」の本のマー

スキ
13