コロナ禍日記

「メダルとコロナ」。2021.7.31.

「メダルとコロナ」。2021.7.31.

 午前8時40分ごろ、家を出る。  暑い。  日の光が強い。 夏休みの気配 道路で、ウォーキングをしている女性が歩いてきて、先へ行く。同じ方向だったけれど、どんどん差が大きくなって、遠くに行く。  向こうから二人の女子高生が並んで歩いてきて、一人が一人をじっと見て「焼けたね」というような会話をしている。  次は、二人の女子高生が、自転車で並んで、登校してくる。  ジョギングする男女がいる。  整体に、年配の女性が、すでに中に入っている。  美容院の前を掃除しているスタッフ

3
「コロナとオリンピック」。2021.7.24.

「コロナとオリンピック」。2021.7.24.

 朝起きて、鉄道情報を見たら、いつも使う路線が遅れているらしい。  別の路線を使って出かけようと思って、焦って、支度をして、いつもよりも早く出かけようとしていたら、別の路線まで遅れが出たことを知った。  どちらも遅れるのならば、トラブルが起こった時刻が早い方にしようと思って、いつもの路線に乗ることにするけれど、家を出るのは、通常よりも10分くらい早くした。  天気はいい。  温度は高い。  ただ、歩いていると、少し水滴が降ってきたような気がした。 コロナとオリンピック

7
Memo Diary|優しいまま強くなるって難しい

Memo Diary|優しいまま強くなるって難しい

ここ数年、自分の考えや印象的だった言葉を手帳にメモしています。 かなり雑めの日記代わりみたいなものなのですが、これが後で振り返ったとき当時の自分を思い出すのにとても便利。 もしくは、自分が突然死んでしまったとき誰かに見られるのもいいな、とも思います。だからこれはきっと記録兼遺書です。 死んだ後でもいいから自分がどういう人間でどういうことを考えていたのか知って欲しい、というただのエゴかもしれません。 2020/2/12 全ての事実に優劣をつけたがるのもうやめよう。 在るのは

7
「梅雨明けと感染拡大」。2021.7.17.

「梅雨明けと感染拡大」。2021.7.17.

 朝起きて、なんだかニュースは見たくなかった。  いろいろなランキングを発表するバラエティーのような番組を見ていると、世の中には辛いことがなさそうだった。  食材を買い込んで、炊き込みご飯を作って、どの組み合わせが美味しいか、という順位をつけている。  午前9時前に家を出たら、もう暑い。  日差しが一段と強くなっている。  昨日、関東は梅雨明けをしたらしい、というのを天気予報などで聞いたのだけど、そういう「宣言」的なこととは関係なく、空を見ればわかる。  完全に、夏空にな

1
UKまだまだロックダウン日記/楠本まき

UKまだまだロックダウン日記/楠本まき

5月12日 これまで政府がとった新型コロナウイルス対策を検証する、独立調査委員会を来年春に立ち上げるとボリスが発表。つい、検証するというだけで感心してしまったが、来年?遅いんじゃー、責任逃れのためだろう、と野党や国民からは非難轟々で、そうか、そうですね、と思う。 血栓ができるリスクがわずかとはいえ確実にあるということで、UK内でも最近はアストラゼネカよりもファイザーのワクチン提供が増えてきたようだ。UKがどうやってワクチン接種を世界に先駆けて進めることができたか、というドキ

12
8. 父の三十三回忌の法要で感じた一陣の風

8. 父の三十三回忌の法要で感じた一陣の風

 わが家の墓地は、思いのほか、敷地が広すぎる。春のお彼岸に、家人と墓掃除をして雑草を抜いたばかりだというのに、もう膝位置くらいには伸びていた。敷地いっぱいのドクダミと竹の根、ツタ科の雑草が多い。中央の先祖代々の墓。石碑の隣には、わずか2歳で地蔵の姿になった姉と、土葬のままで埋まっている6体の故人の墓。全員に、まず花を供えた。  母(今年89歳)を、栂尾山・高照寺の境内に待たせているのだし、はやく掃除をしなければ。這うようにして両手で草ぬきをし、墓石に水をかけ、ごしごしと素手

4
「多すぎる緊急事態宣言」。2021.7.10.

「多すぎる緊急事態宣言」。2021.7.10.

 とても暑い1日らしい。    今日は、途中でにわか雨が降るらしいので、折り畳みのカサを詰めて、パンパンになったカバンを持って、出かける。  午前9時前で、もう日差しが強いのは分かる。  小さい扇風機を顔にあてている女子高生とすれ違う。  黒いマスクをしている男子高校生のグループが歩いてくる。  二度目の夏マスクの季節になった。  駅に行くまでにある病院の入り口には、たっぷりと「ソーシャルディスタンス」をとった高齢の男女が二人並んでいる。  さらに歩くと、駅前の薬屋のオ

「大雨と感染増加」。2021.7.3.

「大雨と感染増加」。2021.7.3.

    昨日からずっと雨が降っている。  夜中もずっと止まなかった。  雨音が続いていて、不安になるくらいだった。  朝も、まだ降っている。  雨が止む気配がない。 大雨  NHKを見たら、画面の横は気象情報になっていて、さらに交通情報も流れていて、どうやらいろいろな電車の路線が遅れたり、止まったりしているらしい。  サイトで確認したら、いつも土曜日に乗るはずの路線に「遅れ」という表示があり、どうしようか迷った。少し時間がかかるけれど、「正常運転」の表示のある、いつもと

4
コロナの時代の育児―育休復帰篇・前編/谷崎由依

コロナの時代の育児―育休復帰篇・前編/谷崎由依

4月23日(金)  緊急事態宣言の発出が決まった。発出そのものは月曜から。今日決めるということを数日前に確か決めていたような気がする。決めることを決めることを決める、みたいな。いったいそれはなんなのだ?  昨日のオンライン授業を踏まえて、いろいろやることがある。わたしの勤務する大学は、今年度の授業運営について、対面とオンラインを併用しつつやるという方針を2月くらいまでは打ち出していた。それが3月になって急に、全面的に対面で行うというふうに方針転換された。文科省から何か言われた

6
「選挙とワクチン」。2021.6.26.

「選挙とワクチン」。2021.6.26.

 いつもよりも早めに起きて出かけなくてはいけないせいか、それだけで緊張して、眠れなくなる。どうして眠れないんだろう、と思いながら時間がたって、気がついたら、起床予定より1時間ほど早い時間で、そこから少しだけ寝られたけれど、寝不足なのは間違いないので、不安にはなる。 見送り  午前9時前に、いつものように家を出る。  妻が道路まで出て見送ってくれる。  振り返ると、手を振ってくれる人がいるのは、とてもありがたいのだけど、今日に限って、あんまりそう思い過ぎると、そんなことを感

5