【機能とデザインの境界】企業とアーティストは、「分業」すべき

【機能とデザインの境界】企業とアーティストは、「分業」すべき

いまだ現世には、“仕組みと芸術”を統合させられると信じている節がある。だが企業が芸術を語ることはアーティストへの無礼であり、アーティストがプランニングに口出しすることは企業への攻撃である。このトピックでは、「平穏にキャリアを積むルール」を、知ることができる。情熱と怒りの両極に揺れながら日々懸命に不自由な精神世界を生き抜くアーティストの、ために書く。 ---------------------------------------------------------------

スキ
23
光と色の祝祭(横浜美術館館長・蔵屋美香)

光と色の祝祭(横浜美術館館長・蔵屋美香)

小説家、エッセイスト、画家、音楽家、研究者、俳優、伝統文化の担い手など、各界でご活躍中の多彩な方々を筆者に迎え「思い出の旅」や「旅の楽しさ・すばらしさ」についてご寄稿いただきます。笑いあり、共感あり、旅好き必読のエッセイ連載です。(ひととき2021年9月号「そして旅へ」より)  長らく美術館に勤めている。美術作品に関する調査、研究、保管、展示を行う、学芸員という職業だ。  この仕事は意外と海外出張が多い。たとえば、次の展覧会のためはるばるアーティストを訪ねることもある。ま

スキ
25
イノベーション・キュレーター塾って
+2

イノベーション・キュレーター塾って

第7期生を募集中のイノベーション・キュレーター塾。 私自身第1期生でした。 振り返りをかねて・・・伴走者を育成する塾ってなかなかないと思う。創業塾ではないし、コンサル育成塾やコーチングの塾でもない。説明はすごく難しいけど、去年から事務局側に立って、ますます、この塾の価値を感じて広げていきたいと思っている。 入塾のきっかけ2015年7月に偶然に出会ったイノベーション・キュレーター塾のフライヤー。キュレーターって何?ソーシャルビジネスには興味あるけど、支援とつながらない・・・

スキ
20
ツンとしないで、もっと近くへ美術館・・・はじめました、モロビ全開!

ツンとしないで、もっと近くへ美術館・・・はじめました、モロビ全開!

「モロビ全開!」とは、美術館をより近くに感じてもらいたいという思いから、学芸員、ミュージアムカフェ・ショップの担当者etc..さまざまな美術館の"人"が登場し、美術館を紹介するという動画の配信テーマです。 定期的にFacebookライブを行い、その模様をアーカイブとして諸橋近代美術館の公式YouTubeチャンネルで公開しています。段取りが悪かったり、噛んでしまったり、そういった数々の失敗やトラブルも発生しますが、ライブならではの臨場感としてお楽しみください。 「美術館にお

スキ
9
【キュレーター】アーティストの創作活動に、支援者が重要な理由

【キュレーター】アーティストの創作活動に、支援者が重要な理由

作品を創っているだけでは成功しないこと、アーティストは気付いている。一方で支援者との関係性には懐疑的で、創作への介入を拒む。このトピックでは、「支援者との連携方法」を、知ることができる。意識高いふりでも目先の生活費獲得が最優先なアーティストの、ために書く。 -------------------------------------------------------------------------- アーティスト情報局:太一監督 × 日本未発表の国際映画業界情報 あるい

スキ
33
心の病についてのリアル展覧会をオンラインでやってみました:台湾編③

心の病についてのリアル展覧会をオンラインでやってみました:台湾編③

現在、台湾の台北(タイペイ)では心の病をテーマにした観客参加型のユニークな展覧会が開催されています。 展覧会のタイトルは「エネルギッシュ:故障中の人生試験場」。 ある有名なアーチストの人生と作品をとりあげながら、現代アーチストや精神障害を経験したひとたち、来場者、たくさんの個人や団体が参加し、この展覧会を一緒につくり上げました。 「混乱や障害の中で生きていくってどういうことだろう?」 「自分にとって”ホーム”とは何だろう?」 「自分が死んだ後も残したいものって何?」 精

スキ
6
『リボルバー』ノート

『リボルバー』ノート

原田マハ著 幻冬舎刊  久しぶりに小説を取り上げる。  原田マハは私の好きな作家の一人だ。いま本棚を見たらこの作家の本は40冊近くある。読み始めたのはここ5、6年だからまだスライド式本棚の前棚に並んでおり、タイトルが全てデスクから見える。  最初に手に取ったのは、『本日は、お日柄もよく』だった。原田マハというそれまで聞いたこともない変わった名前と、タイトルに惹かれて開いてみたら面白くて、本屋で名前を見つけては、次々に買って読んだ。  この作家の本のタイトルが意表を突いてい

スキ
59
”なんでキュレーターになりたかったんですか?“

”なんでキュレーターになりたかったんですか?“

なんでキュレーターに"なった"んですか? ではなく なんでキュレーターに"なりたかった"んですか? と聞かれることが度々ある。 特に昨年、美術館の研究員という職に就いてから「キャリア」について話してほしい、キュレーターという仕事について詳しく教えてほしいと、有り難いことに依頼されることが増えてきた。ここまでの道のり、決断、経験、日々考えてることが後輩たち/後世の方の少しでも助けになれば嬉しいと思い、そういう話は基本的に二つ返事している。 しかし、「なぜなりたかったん

スキ
10
// profile //  かみむらゆい(YK37 inc.) art curator / art PR planner

// profile // かみむらゆい(YK37 inc.) art curator / art PR planner

かみむらゆい(YK37 inc. CEO / art curator / art PR planner・director) 22歳で東京からニューヨークへ。 ファッションプレス、 クリエイターチームのPR、 ライターとして下積み時代を過ごす。 帰国後は東京のIT系PRカンパニーへ就職。 27歳でフリーランスのPRプランナー・PRライター「かみむらゆい」として活動開始。 2016年、29歳で株式会社を設立。 2020年、創業時に自身が立ち上げたプロダクション事業等を譲渡。 芸

スキ
8
ウイスキーの香りを高め、味に深みを。本場イギリスの贅沢すぎる無垢オークタンブラー/​​アウトドアワークセットで自分だけのワークスペースを創出/「クラファンキュレーター」のなり方、やり方を教えます

ウイスキーの香りを高め、味に深みを。本場イギリスの贅沢すぎる無垢オークタンブラー/​​アウトドアワークセットで自分だけのワークスペースを創出/「クラファンキュレーター」のなり方、やり方を教えます

※ここでは毎日情報収集した記事を3つ取り上げて、結婚相談所&クラウドファンディングコンサルタントの2視点からコメントしていく投稿になります。情報の拾い方はこちら(とってもわかりやすいです😄) ********************************** 1つ目 これほしかったんだけど高かったなぁ~ あとコップいっぱい家にあるし、使いたいものも多かったんですよね。 最後のハードルを越えられなかった、、、 ****************************

スキ
2