うつ病になったときにするべき運動

うつ病になったときにするべき運動

今回はうつ病や自分の失敗を思い出してしまい落ち込んでしまうという方がするべき運動について書いていきます。 運動の重要性運動をすることによるリフレッシュ効果はとても大きいです。外に出て運動する場合、日光に当たります。日光にあたるとメンタルの回復にもつながります。運動で例えばウォーキングすれば移動をすることになるのですが、移動距離が長くなると人の幸福度は上がっていきます。 こういった効果からも運動をするとうつ病等回復につながっていきます。 勿論、無理をして運動する必要はありま

スキ
6
カポエイラ11回目

カポエイラ11回目

2021/9/18 【ストレッチ】 いつもの感じ。 【メイアルーア コンパッソ?復習】 蹴り足を伸ばして回ると、カポエイラっぽい動きになるみたい。 【ハステイラ】 かけられた後の受け技。ストレッチの時の足技だった。これが受け身と攻撃を兼ねている。だが、いざかけられるとバタンと倒れてしまう。出来てる人を見たけど腕にかなりの力入っている。これは筋力がいるな。 【逆立ち】 怖い。壁が無いと無理だ。3点倒立も頭に重心があるらしくて出来無い。 【ホーダ】 今日も何も考えず、適当

カポエイラ10回目

カポエイラ10回目

2021/9/11 【ストレッチ】 いつもの。ハステイラ難しい。 【メイアルーア復習】 股の間から相手を見て蹴るのが難しい。動きバラバラ。 【足を揃えて後ろに飛ぶ】 難しい。何回かは勢いで出来るけど、5回目辺りで、力尽きた。腕に乗り切らなかった体重ごと床に落ちた。多分これで左の腕に繋がる背筋の筋を痛めた。家に帰ってから気付いた。深呼吸が痛い。起きあがろうとすると痛い。滅多に痛い事をしないから尚痛い。今、6日経ったけど痛い。こんな場所が痛くなるとは。 【アウー】 大きく出

カポエイラとサンバヘギ
+3

カポエイラとサンバヘギ

マッチ:オリンピックを観ていてあらためてスポーツと文化はちがうなと思ったのですが、スポーツは速さや高さや強さを求めて競うものであるのに対して、文化は勝利や優勝の瞬間がなくても長く続けられる。オリンピックなどはとくに顕著で、優勝の瞬間を得ることができなくなったときに、引退したり指導する側にまわったり、それまで続けてきたことをやめる道を考えるものだという印象が強い。文化は勝利にこだわるものではないから長く続けられる。長く続けることに価値があるということをすごく感じていて、それを知

スキ
11
UK photos - Capoeira at Regent’s Park
+8

UK photos - Capoeira at Regent’s Park

スキ
28
違いを感じてちゃんとみつめること
+3

違いを感じてちゃんとみつめること

島野:ゲトを始めるまえとあとで、ブラジルに対するイメージや世界観が変わったことはありますか。しばらく苦い経験ばかり積み重ねてるじゃないですか。ゲトをさかいに変わったようなことはあるんですか。 マッチ:やっぱりミナスジェライスのときよりはバイーアのほうがよかったです。ゲトというより環境が大きかったかな。これをしたらこう返されるのかとか、言いたいことをちゃんと言わないと好きなようにされるっていうのは苦い経験があったからこそ知れたことで、つぎに行きやすくなったというのはありますね

スキ
17
カポエイラ9回目

カポエイラ9回目

2021/8/28 【ストレッチ】 いつもの。3点ブリッジ。背中持ってもらったけど無理だった。ちょっとした勇気がない。 【アルマーダ復習】 もう少しゆっくりやった方がいい。必ず相手を見て動くこと! 【メイアルーア】 低い位置からの回し蹴り。威力が強いから、必ず相手を見てから蹴ること。家で練習できるかな。 【ホーダ】 ヘタクソ。割込みヘタ。蹴りもヘタ。キモジョだよ。次回はもっと動くか。

東京リベンジャーズのマイキーの蹴りやってみた

東京リベンジャーズのマイキーの蹴りやってみた

YouTubeで流行っているやつです。 私が行っているのはサイドスワイプという技です。 マイキーが半間と闘っているシーンで炸裂した蹴りですね。 人によってはマイキーが出した技は540度旋風脚だという人もいるし、サイドスワイプだという人もいます。 インスタグラムなどでも海外の極真空手の選手がこれとよく似た技を練習しているのを見かけたりもします。 確かに極真空手で最も攻撃力のある技である胴回し回転蹴りをあと半捻り増やして逆の足で蹴りを撃つとこれとよく似た形になります。

スキ
6
カポエイラに魅了されて辿り着いたブラジル
+5

カポエイラに魅了されて辿り着いたブラジル

 対談をもとに音楽を探るrhyZm。  自身のルーツとは遠いところで生まれた異文化に惹かれる理由はどこにあるのか。  今回はブラジル、バイーア州が育んだ音楽と格闘技にそれぞれ惹かれた2人が語り合います。 プロフィール 島野賢哉 ブラジル音楽に惹かれ、ブラジル各所に滞在、居住。ブラジル、とくにバイーア州で出会ったサンバレゲエの魅力を日本や台湾、他、世界各国に伝えるため、サンバレゲエグループ「BARRAVENTO」(バハヴェント)を仲間とともに創立。現在クリエイティブサウンド

スキ
23
カポエイラ8回目の後の自主練

カポエイラ8回目の後の自主練

【倒立の為のカエルの足打ち】 なるべく足が高く上がるようにする。小さい方も大きい方も出来る。あとは回数を増やす。毎日やって肩を鍛える。恐怖心を克服、慣らすことかな。 【壁倒立】 かなり怖い。昔は何も考えず簡単に出来た。我が家の壁が狭いからか。いや怖いからだ。フワリと足が上がった時は、静かに降りることが出来る。迷ったときは着地が爆音になる。目線は手の間。 【ブリッジ】 3点からのブリッジが肩に効く。肩甲骨周りが筋肉痛になる。まだまだブリッジの完成には程遠い。毎日同じ動きをす