+1

“服装は淑女だが下着は娼婦”で有名な母だけに

ゲテモノが好きになった今、元に戻るなんて到底考えられない...と言っていた友人が、4年越しのゲテモノ不倫に終止符を打とうと奮起している時、俺は新しい恋愛でメンのヘルスがえらい角度で闇落ちしており、全然彼女の力になれないどころか、アイツのキンタマぶっ潰してぇぞ!せいや!などと喚いて彼女にLINEをしまくる始末で、一回息を止めて軽く頭をブツけた方がいいことだけは明白であった。 3日くらい汗をかき続けたパジャマでコンビニに行くことは平気なのに、なぜか執拗なまでに手洗いとうがいを繰

スキ
7
+7

科学技術「融合爆裂」

【核融合の元】 核融合とは 原子核同士がぶつかって 融合する事です。 人工的に核融合をさせる為に 1番核融合させやすい原子は 水素です。 水素は 水素原子と言って 水素1つで原子の1種類なのです。 更に水素の奥には 「陽子」と言う原子核が1個あり これが一般的に 水素と呼ばれてる物です。 しかし水素には 何種類か存在し 「陽子」の他に「中性子」と言う 原子核を持つ水素があります。 水素の中にある「中性子」が 1個の場合「重水素」 2個の場合「三重水素」 この様

スキ
49

アクリル絵の具で「オーロラとクリスマスツリー」を」描いてみた

クリスマス関連の絵は、タイミング的に今しかないなので、描く頻度がどうしても多くなりますw 今回はオーロラとクリスマスツリーを描きました。 構図的には「オーロラ」「木」「クリスマスツリー」の三角形でバランスを保っています。バックの山々と森林はこのような構図ではよく見かけますが、今回も描いて間違いありませんでした。 他のモチーフとして、丸太小屋やトナカイなど描いても良かったのですが、少しゴチャっとしそうなので、木とツリーのスペースを生かして、敢えてシンプルにしました。(クリス

スキ
1

オーロラを見たい件について

ある日の夕刻。本屋をブラついていた。私は本屋が大好きで、3時間とか平気でいてしまうタイプである。 私が徘徊していた軽井沢のアウトレットにある本屋さんは一風変わった絵本とか図鑑とか洋書とかが多い。 万人に受ける本ではなく、その時々でその個人に刺さる一冊があったりなかったりする。 生憎、その日の私に刺さる本はなかった。霧が立ち込める小雨の軽井沢の夕刻は、なんとも幻想的で、私の読書意欲を高めたが、粘って店内をぐるぐるしてみても、読みたい本には巡り逢えなかった。 諦めて立ち去

スキ
1
+1

ミーターの大冒険 オーロラへ 9 「オーロラ 変異体」

9 ミーター、シンナのオーロラは、綺麗だったわ!カルガンにもオーロラが見えるみたいだけど、オーロラのもともとの意味って分かる?これも図書館には記述がないわ!  イルミナ、俺もターミナス産だけど、どうも最近のターミナスはおかしい、どこか狂いはじめてる。それも歴史記録消滅のせいかもね。お前のせいじゃないな。  これもイオスで仕入れた情報なんだが、どうも伝説の故郷の星アタカナの、その伝説らしいんだよ。  オーロラという気の多い、女神が主神に頼んだっていう話だよ。  なにを?

スキ
2
+2

SRIの75年間のイノベーション : 先端モジュール式非干渉性散乱レーダー(AMISR:Advanced Modular Incoherent Scatter Radar)

AMISR:宇宙環境を研究するために必要な重要データを収集して科学者に提供する、モジュラー式の移動可能、かつ遠隔操作ができる世界初のテクノロジーシステム 「75年間のイノベーション」シリーズでは、SRIが設立された1946年から現在に至るまでの数々の画期的なイノベーションを取り上げます。SRIの英語ブログでは、2021年11月の75周年を迎える日まで、毎週1つずつイノベーションに関する記事をリリースしています。この日本語ブログでは、その中からいくつかを日本語にてご紹介します

スキ
2

アクリル絵の具で「オーロラ」描いてみた

オーロラといえばカナダのイエローナイフやホワイトホースが有名です。 僕は一度も行ったことがないしオーロラも見たことがないので、一生のうち一度は行きたいと思います。 同じように多くの人が見たいはず(勝手に決めてすいません)なので、今回は気分だけでもカナダにオーロラ見物に行った「てい」で見ていただけると嬉しいです。 今回の動画 Youtubeへの動画アップ。303回目は「オーロラ」を描いています。 この絵をご購入いただけます おかげさまでYoutubeのチャンネル登録70

スキ
2
+80

コロナ渦でヨーロッパ旅行に行ってみた。(前編)

どうもJINです。趣味は投機です。Twitterで仮想通貨やFXのトレードなどを呟いています。アカウントはこちら。Noteではそれらの主にシステムトレードの部分について書いています。 今回は趣向を変えて先日行ったヨーロッパ旅行について書きたいと思います。日記形式で書いていますがサマリーを最後に書いたので、行った場所、必要な物や掛かった費用などをざっくり見たい人はそこだけ読めば充分かと思いますwエピローグも長いので飛ばしてもいいですw では始めたいと思います。 プロローグ

スキ
8
+15

#4 ラップランドの二つの教会:サーリセルカ&ロヴァニエミ(フィンランド)

オーロラが観たくて、極寒のラップランドを訪ねました。バスの窓から見えるのは、凍てつくような白銀の世界。あまりに美しくて、ずっと窓にもたれかかって外の景色を眺めていました。ラップランドで出会った2つの素敵な教会をご紹介します。  サーリセルカは人口300人ほどの小さな町で、オーロラを観るためにたくさんの人がやってきます。ホテルで一息ついたあと、近くを歩いてみると、ほの暗い雪景色の中に灯りが見えました。何ともいえない暖かい光に誘われて近づくと、礼拝堂でした。 * 聖パウロ礼拝

スキ
14
+7

【目印を見つけるノート】591. オーロラと川縁の散歩

YouTubeでオーロラのライブ動画を見ていたら、止めどきがわかりません。みどころは何分辺り、というのがありませんので目が離せないのです。でも止めないと生活に支障が出てしまう😅 あちらの夜明けは何時かしら。 太陽でフレア(爆発)が起こっているというニュースはここのところ割と見ていました。地磁気に影響があるのなら携帯の電波が届きづらくなるかなとか、素人は考えたりしたのですが、そうか、オーロラがたくさん見えるんだということに気づいていませんでした。ものごとをどこから見るかとい

スキ
28