岡ひろみは今もいる

「えこひいき、してるんだよ」

ニヤっと笑って、先生が言った。

中学の部活だ。
私はテニス部に入っていた。
「エースをねらえ!」の岡ひろみに、めちゃくちゃ憧れていたのだ。お蝶夫人じゃない方。
おそらく再放送アニメで「新エースを狙え!」が正しいが、とにかくあれは私のハートをガッチリ掴んだ。

岡ひろみには、宗方コーチが必須である。

1年の時の顧問は、アニメに仕立てると、まぁまず顧問Aとして、名前

もっとみる
幸せであります!
15

せっかく#ラジzooさんに参加させて頂いたのに、あまり音声を投稿できずに本当に申し訳ありませんでした。
去年、YouTube用に録音した音声ですが、最後に置いておきますね。

noteから引越しの際はアカウントごと削除しますので、それまでの間ですがお時間のある時にお聴きくださると幸いです。

簡単に言うと
「欲しいものが手に入らなかった時の態度や行動で、その人間の品格がわかる」
というお話を、大好

もっとみる
ありがとう!今日は良い日になりそう♡(*´꒳`*)
10

なぜかヒーローより2番手が好き【企画 思い出のマンガのひとこと】

私、昔から主人公やヒーローよりもその友人とか、ライバルの方が好きなことが多かったんです。
読んでいたマンガでもそうでした。
昔マンガの愛の言葉に胸キュンです。

王道マンガの第2の男

古いマンガばかりなのをお許しください!
みんな知らないかもと悩みつつ、思い出のマンガの話です。

昔からヒーローよりも、2番手や主人公の友人やライバルが好きでした。

たとえば「ベルサイユのばら」(池田理代子)のオ

もっとみる
うれしい💖花束さしあげます🌷🌷
156

もしかすると、すごい体験だったのかもなーと思い出すと思うのですが、「エースをねらえ」映画版の作画中だったマッドハウスのスタジオが高校から近くて、放課後ズケズケ友人たちと遊びに行ってたんですよね。
生「杉野昭夫」さん、繊細な感じの方でした。
JKってやつは恐れ知らずですね。

ありがとうございます🐱励みになります
26

青春中学校生活【自伝#5】

小学5年生の時、ラブレターを渡す相手を間違えてしまった、内気なのか強気なのかよくわからない私は、本命のタクヤくんに告白することも出来ず、本命がタクヤくんだということも誰にも知られることなく、そのまま時が過ぎた。

そして小学校卒業後の春休みのタイミングで、まさかのタクヤくん一家が引越すという予想外の展開となり、私の初恋はあっけなく自然消滅となってしまった。

中学に入り、あまり体の強い方でなかった

もっとみる
スキ❤️有難うございます❣️めっちゃ嬉しいデス✨✨
1

大人の階段登るシンデレラ

にほんブログ村「シンプルライフ」カテゴリーで、ブログを書いてる『なぜ猫』です。

ブログを始めて、もうすぐ2年になります。
書いた記事は1000を超えました。
片付けや断捨離の事も多く書いています。
その中から、家の間取りについて書いた記事をリライトして、
ご紹介させていただきます。

ウチを建てる時に、気にしなかった事の、
1つに、
『家事動線』が、あります。

夫の友達の設計士さんは、
家事動

もっとみる
好き、ありがとうございます😊
5

羽海野チカ先生と『エースをねらえ!』

『ハチミツとクローバー』や『3月のライオン』で知られる漫画家の羽海野チカ先生。子供の頃から、山本鈴美香先生の『エースをねらえ!』を熟読していた自分には、何となく同じ匂いを感じていて。それが間違っていなかったとわかったのは、羽海野先生のブログを読んだ時。

羽海野先生も『エースをねらえ!』を子供の頃から読んでいて、『ハチクロ』単行本のお金が入った時、一番最初に買ったのが『エースをねらえ!』の文庫版だ

もっとみる
スキをありがとうございます
9

前田のえみ【 不朽の名作】エースをねらえ!「お蝶夫人に学ぶ○○○○○の鍛え方」

お久しぶりです、大阪でこんにゃく屋をしておりますイシガミです。
パートナーで漫画家兼イラストレーターの前田のえみ先生

お互い多忙で、なかなかnoteにも来れておりませんが…😓

先日、のえみ先生YouTubeに新作動画をアップされました。
今回は作品のメイキング動画じゃなく…

「エースをねらえ!」のお話です。

のえみ先生、独自の目線で切り込む「エースをねらえ!」からの人生哲学。
とても聞き

もっとみる
おはこんばんちわ
8

フラメンコは中途半端が1番ツライ (回避する方法論)

フラメンコを習っていて

ツラくなる時期がある。

だいたい1年くらいすると

ツラくなる、

もしくは

楽しくなくなると

相場が決まっています。

スタジオアウロラでも

やめる生徒さんは

だいたい1年くらいで

やめていく。

理由は

「成長が止まるから変化がない、マンネリになる」という

気分になるから。

(私個人としては成長は止まらないと思っているけれどね)

もちろん

個人差

もっとみる