ラポール関係がある人に聴くと

ラポール関係がある人に聴くと

インタビューはラポール関係にある人に聴くことと指導しています。胡屋青年会に『エイサーはみんなのもの』を送っていないのです。後悔しています。 看護学生が胡屋青年会のメンバーにインタビューしています。青年会とエイサー文化について 【語り手の属性】 男性 /20代 /沖縄市出身北海道在住 /国家公務員 /親しい友人(T氏) 【テーマ設定の理由】 授業「エイサーから社会を読み解く」を受け、シマ社会のエイサー文化について興味が湧き、青年会というコミュニティとエイサー文化について更に

エイサー移住

エイサー移住

よさこいソーラン祭りの経験者へのインタビューレポートが看護学生からありました!北海道のエイサー隊と呉屋青年会と町田のエイサー祭り、そのダイナミックなつながりとその情熱が分かるレポートです。 以下、看護学生のインタビュー・レポートより 沖縄とエイサー【語り手の属性】 50代男性 東京都出身 観光業 叔父 【テーマ設定の理由】 授業でエイサーを学んだ時に、青年会でエイサーをしていた叔父のことを思い出し、出身地である東京からなぜ沖縄のエイサーに興味を持ったのか、どんな所に惹か

1
エイサーにおける沖縄らしさ

エイサーにおける沖縄らしさ

1. 伴奏楽器だった太鼓が踊り出した締太鼓型エイサーエイサーというと、テレビや新聞、雑誌などのマスメディアでは、大太鼓や締太鼓を勇壮に打ち鳴らす姿が好んで描かれます。そのため大太鼓や締め太鼓を激しく打ち鳴らすエイサーが、エイサーらしいエイサーとしてイメージされることが多いのではないでしょうか。 しかし、このようなエイサーは締太鼓型エイサーとでも名づけられるもので、かつてはそれほど一般的なものではありませんでした。 エイサーの古い形は念仏エイサーであり、それが明治・大正

3
200
パーランクー型エイサーの謎

パーランクー型エイサーの謎

はじめにパーランクー型エイサーは見る者に深い感動を与えます。その感動は、静と動のコントラストとそれを包み込むヴァイオレンスの激しさによるものでしょう。それは青年たちの厳しい抑制と荒々しいエネルギーのなかで調和させています。 青年たちは肉体の極限までを静かに耐え抜きます。これはシマにおける成人への通過儀礼ではないでしょうか。通過儀礼の過酷さと厳しい抑制のなかに、シマ社会の人びとがつくりだした美学が込められているようにおもわれます。いったい誰がこのような構成を創り出したのでしょ

1
200
チネーまわりとモーアシビエイサー

チネーまわりとモーアシビエイサー

念仏エイサーとモーアシビが融合しエイサーが誕生する                       1. はじめにエイサーの祖形はアンニャたちがもたらした似せ念仏でした。似せ念仏は喧嘩口論が絶えず、衣装も頭巾や帯には絹を使い、絵入りの派手な衣装を着けていました。覆面して門に立ち、指笛を吹いて歌三味線をし、〈異風之躰〉で道路を徘徊し、人の家に押し入るとして取り締まりの対象になっていました。 これは18世紀半ばの行政記録(1733年、及び1758、59年)に残されているものです

1
200
午後のお茶を飲みながら行った夫婦の会話

午後のお茶を飲みながら行った夫婦の会話

相場が良くわからない。 何の話。 中古のノートパソコンの話。 買うの? 掘り出し物っぽいけど、調べても相場が良くわからないのよ。 なんで? エイサーだから。 エイサー? なんで立つの? 踊らなきゃ。 へ? エイサーだから、沖縄の祭り。 そっちのエイサーではない。 血が騒ぐね。 騒がなくて、いいよ。 掛け声はエイサーでいいの? 知らない。 私も知らない。 知らないお祭りで勝手に盛り上がれても。 とりあえず、わが家のエイサー祭りを開発するべき。 しないよ。 と

24
チョンダラーとは何者なのか

チョンダラーとは何者なのか

1. はじめにエイサーの祖形は「似せ(にーせー)念仏」であるとされています。似せ念仏の「似せ」はニーセー(若衆)のことで、「念仏」は仏教的な唱える念仏ではなく芸能としての念仏踊(ねんぶつおどり)をいうものです。 念仏踊は念仏や和讃(わさん)を唱えながら、鉦(かね)、太鼓、瓢(ふくべ)などをたたいて踊る民俗芸能で、踊念仏(おどりねんぶつ)ともいわれています。平安時代から始まったとされ、鎌倉時代になって、諸国を遊行(ゆぎょう)し踊念仏を広める芸能集団が現われ、民衆に広まります。

1
200
[2021.06]【沖縄・奄美の島々を彩る歌と踊り11】 沖縄の創作エイサー −伝統性と現代性の競合−

[2021.06]【沖縄・奄美の島々を彩る歌と踊り11】 沖縄の創作エイサー −伝統性と現代性の競合−

文:久万田晋(くまだ・すすむ 沖縄県立芸術大学・教授)  前にエイサーを紹介した記事(連載第3回)においても、戦後沖縄で始まったエイサーコンクールを通じてエイサーが大きな変貌を遂げたことを指摘した。エイサーはいまや県外各地、そして世界各地にも広がっている。その大きな原動力となったのが1980年代に登場した創作エイサーの団体であり、その嚆矢が後に紹介する琉球國祭り太鼓である。  創作エイサー団体は、従来の地域に密着した青年会エイサーとは、様々な点において違いがある。その違い

4
振付け作品集1 「久高萬寿主節」「繁盛節~崎枝節」

振付け作品集1 「久高萬寿主節」「繁盛節~崎枝節」

はいさい!ご無沙汰しております。Shimozatoです。 私、これまで「創作エイサー」「和太鼓奏者(いっちょ前に奏者なんて言ってみる、、)」とさまざまな舞台活動をさせていただいていますが、実は今年で芸歴「29年」になるんですねぇ。。そりゃ歳とるよね。。。 小学校5年(10歳)のころに、地元浦添の「鼓衆太陽子(ティーダヌファ)」に入団してからのカウントですので芸歴29年となります。(その前年に、琉球古典音楽太鼓徳八流保存会に入門しているので、それも含めると、なんと芸歴30年

1
5/3 GWで大盛り上がり

5/3 GWで大盛り上がり

5月最初の "22時のブランチェス" インスタライブはGW真っ只中 いつも以上に大勢の皆さんが参加してくれました! ありがとうございます!!! レコーディングの時に使用するマイクの種類や特徴 その時に使用するポップガードの役割や重要性について話していたら パンストの話題になり とっし〜が "22時のブランチェス" 始まって以来となる 最大の笑いを言うなど、かなり盛り上がりました。 4/26の配信で決定した新たな企画 「令和のエイサー曲を作ろう!」 でも新展開 楽曲作

10