ウシガエル

with外来生物の実感

岩堰(松山市)へと撮影に行った。目的は野鳥である…

「原則運動禁止!」の警報が出る猛暑の中でも、ここに来るとさながら森林浴のような気分。非常にいい場所だったのだが、いざ家に戻ってRAW現像をしていると、何やら複雑な気持ちになってきた。今回はその話題である。

原因はこちらの写真。

野鳥を探す合間になんとなく撮影したのカエルとカメ。一方はウシガエル、もう一方はミシシッピアカミミガメ。勘のいい方は

もっとみる
ありがとうござりまする!
2

USHIGAERUGATE 2020牛蛙駆除記

プロローグ1 199×年 

一面に広がる田んぼは多くの日本人の心の原風景として記憶されている。

夏休みになれば、照りつける太陽の下、碁盤の目状に広がる田んぼの合間にある埃っぽい砂利道を自転車で駆け抜けた。荷台には釣り竿とタモ網と魚籠がくくりつけられていた。大抵は友人たちと行くことが多かったが、休みの日には父が連れて行ってくれた。そちらのほうが、取れる生き物が多く、楽しいことが多かった。

お目

もっとみる
共感してもらえるなんて嬉しい\(^^)/
2

0528-0603

5/28(木)
電気をつけっぱなしで寝ていた。明日の弁当を作っていないことが気がかりだったわりによく寝た。昨夜から肩が冷えていたりそこら中がかゆかったり喉が乾燥気味だったりして、アレルギーの症状が出ていてへんな体調。そーっと起きる。

ヤンキーの真似をして卵豆腐ご飯。もみのりをかける。豆腐が小さかったからか薄味だった。時間的にギリギリ弁当がつくれそうだったので目玉焼きを焼く。

出勤。昼休み、栃木

もっとみる
(^o^)つカルピスチューハイ
2

ウシガエルの子守歌

杉山では陽が沈めば辺りは暗くなり、人の歩く姿もなくなる。
渥美線の線路沿いの道などは防犯灯が ぽつりぽつり と寂しく灯っているが、灯っている後ろは真っ暗闇の田んぼが広がっている。
眠らない町東京。用事で東京へ出かけても夜出歩いた事がないのでよくわからない。夜の六本木。車の往来ばかりで人の姿の見えない昼間の六本木しか見た事がないので話に聞く夜の六本木がどんな風なのか知らない。一体いつから東京は眠らな

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです。また気が向いたらお立ち寄りください。
これからも見に来てください!
3

わたしの故郷

寝る間際
読み聞かせに飽きた子供が
私の故郷の話をして欲しいと言う

田んぼしか無いところだよ

二十歳まで暮らした家を思い出す

どこへ行くにも時間がかかり
血と土地のしがらみが頑丈で
皆と同じを求められた

夜は闇のように
長く黒く

聞こえるのは
ウシガエルの鳴き声と
バイパスを爆走するバイクの音だけ

何にも無いところだよ

『水と電気はあったの?』

訪れたことのない我が子は
田舎と未開

もっとみる
スキうれしいです!
11

カップ麺小サイズ

皆さんお疲れ様です。ARASKAです。

ご飯を作るのが面倒な時どうやって乗り切るか、時間と経済状況によって意見が分かれると思います。また、ご飯は買ったけども物足りない気がするという時も同様でしょう。

そんな時私は、出来るだけ安くて量が多いものが良いよねと、ホイホイとカップラーメンのBIGサイズを購入して、お湯を沸かすのが面倒くさくて食べずに残してしまい、衝動的に食べたくなった時にそのBIGサイ

もっとみる
小さなガッツポーズ出ました!