まえだゆうき

【絵本作家】タイで1番の絵本作家になる為、異国の地で奮闘中🇯🇵 仕事はシラチャのサービスアパートメント🏡🇹🇭 仕事に絵本に波乱万丈の毎日です!タイ全国の書店で絵本発売中! オフィシャルサイトhttps://ehon-maedayuki.com

まえだゆうき

【絵本作家】タイで1番の絵本作家になる為、異国の地で奮闘中🇯🇵 仕事はシラチャのサービスアパートメント🏡🇹🇭 仕事に絵本に波乱万丈の毎日です!タイ全国の書店で絵本発売中! オフィシャルサイトhttps://ehon-maedayuki.com

ストア

  • 商品の画像

    タイで商業出版!サイン付き『ぼくエスカレーター』二か国語版(タイ語名:ผมเป็นบันไดเลื่อน)

    【絵本作家が身一つでタイに旅立ち、バンコクで商業出版を決めた伝説の絵本、遂に発刊!!】 絵本作家まえだゆうきが、所持金30万円、コネなし、90日間のタイムリミットで挑んだ、正真正銘のリアルドキュメンタリー『タイ旅』。 冒険の最後には、バンコクの出版社で商業出版も決め、見事、タイ全国の書店に絵本が並ぶ事となりました! 本商品は、バンコク、タイ国内の書店に並んでいる絵本と、同じ絵本になります。 (タイ旅の詳しい内容はこちらから) https://ehon-maedayuki.com/thai ///////////////////// 『ストーリーあらすじ』 デパートの片隅で働くエスカレーターくん。 でも、登ったり降ったりの退屈な毎日にはもう飽き飽き。 2階で働くエスカレーターのエスコちゃんめがけて、エスカレーターくんは大冒険に出かけます! 「働くって一体なんだろう?」 「ボクって一体誰だろう?」 そして、エスカレーターくんが始めた大冒険の結末とは!? とっても可愛い絵のタッチと、読み聞かせに楽しいリズミカルな文章。 子どもが読んでも、大人が読んでも、とっても楽しい絵本です! 「第10回新しい絵本大賞」でも賞を受賞した、大人気の物語。 言語は日本語とタイ語のバイリンガル仕様。 ここでしか手に入らない一品、ぜひ、お楽しみください! ■ 絵本販売の一部は、タイの子どもたちへの絵本寄贈の費用に充てさせて頂きます。 /////////////////////// 『本書はサイン付きの商品です』 ■ 特に希望がない場合は、絵本作家まえだゆうきのサインを入れさせていただきます。 サインの内容に希望があります方は、「注文時のメモ欄よりご指定」くださいませ。 ////////////////////////////////////////// 【注意事項】※よくお読みください ■ 価格は海外からの送料込みの価格です。 ■ 海外からの発送の為。到着には1ヶ月以上のお時間を頂戴しております。 ■ 商品注文の際に打ち込む住所は、間違えの無いよう、必ず確認をお願い致します。 ありがとうございます! 絵本作家 まえだゆうき
    3,000円
    まえだゆうきオンラインショップ
  • 商品の画像

    絵本『ぼくのおちんちん』おとこのこのためのはじめての性教育

    『おちんちんて何であるんだろう?』『どうして女の子にはおちんちんは付いていないのかな?』 男の子ならば誰もが疑問に感じる「おちんちんの謎」を、カラフルでポップな絵と、ワクワクのストーリー展開で楽しく学べる性教育絵本です。 「おちんちんの役割」「男の子と女の子の違い」「命の不思議さ」そして「命の大切さ」。 健やかで、オープンに「性教育を学ぶ為のエッセンス」がぎゅっと詰まった、はじめて性教育について関心を持たれた方、これからどうやって子どもに性教育を教えていこうか悩まれている方にうってつけの入門書です! 教育現場でも読み聞かせしやすい、大判のA4サイズです! 男の子を持つお母様、お父様、そして教育に携わる全ての方に手に取って頂きたい一冊! 巻末には、性教育認定講師「みなみりな」氏によるQ&Aコーナー、ワークショップコーナーも付いてきます! 著者は、タイ、バンコクにて商業出版を重ねている人気絵本作家「まえだゆうき」 監修には性教育認定講師の「みなみりな」 多くのチャリティーイベント、性教育イベントを手がけている「みなえみ」 他、多くの方の力を借りて本書は完成いたしました。 本書が性教育の普及と、性教育で悩む全ての人たちのささやかな助けになる事を願って。 ////////////////////////////////////////// 【注意事項】※よくお読みください ■ 価格は海外からの送料込みの価格です。 ■ 海外からの発送の為。到着には1ヶ月以上のお時間を頂戴しております。 ■ 商品注文の際に打ち込む住所は、間違えの無いよう、必ず確認をお願い致します。 絵本作家 まえだゆうき
    2,500円
    まえだゆうきオンラインショップ

マガジン

  • 【日々はあっちゅーま】タイ移住編!🇹🇭

    タイに絵本を売りに来たつもりが、タイ人のオーナーに誘われて、なぜか海の上の日本食居酒屋のマネージャーに。 仕事に絵本に、悩みながら送る日々の赤裸々なレポート。 現在は転職してシラチャのサービスアパートメントで働いています。🇹🇭 絵本もタイで販売中!タイでナンバーワンの絵本作家になってやるぜ!!

  • タイ旅(世界の子どもたちに絵本を届けに行く!)

    絵本作家まえだゆうきが身一つで挑む、筋書きのないリアルなストーリー。 タイに絵本を売りにく!世界の子どもたちに絵本を届けに行く! 壮大な旅の物語を、リアルタイムで一緒に楽しみましょう!

  • チベット・インド旅行記

    『世界の秘境チベットに向かって埼玉県からヒッチハイク!?』数々の出会いやアクシデントを越えて、果たしてまえだゆうきはチベットまで辿り着くことは出来るのか!? 10代ならではのみずみずしい感性と、等身大の葛藤を、景色感溢れる文章と挿絵で綴ります。 絵本作家まえだゆうきが、19〜20歳にかけてチベット・インドを旅した、1年間の大冒険を紀行文でまとめました! どうぞ、皆様もご一緒に道なき道への旅をお楽しみください!

  • 商品の画像

    タイで商業出版!サイン付き『ぼくエスカレーター』二か国語版(タイ語名:ผมเป็นบันไดเลื่อน)

    【絵本作家が身一つでタイに旅立ち、バンコクで商業出版を決めた伝説の絵本、遂に発刊!!】 絵本作家まえだゆうきが、所持金30万円、コネなし、90日間のタイムリミットで挑んだ、正真正銘のリアルドキュメンタリー『タイ旅』。 冒険の最後には、バンコクの出版社で商業出版も決め、見事、タイ全国の書店に絵本が並ぶ事となりました! 本商品は、バンコク、タイ国内の書店に並んでいる絵本と、同じ絵本になります。 (タイ旅の詳しい内容はこちらから) https://ehon-maedayuki.com/thai ///////////////////// 『ストーリーあらすじ』 デパートの片隅で働くエスカレーターくん。 でも、登ったり降ったりの退屈な毎日にはもう飽き飽き。 2階で働くエスカレーターのエスコちゃんめがけて、エスカレーターくんは大冒険に出かけます! 「働くって一体なんだろう?」 「ボクって一体誰だろう?」 そして、エスカレーターくんが始めた大冒険の結末とは!? とっても可愛い絵のタッチと、読み聞かせに楽しいリズミカルな文章。 子どもが読んでも、大人が読んでも、とっても楽しい絵本です! 「第10回新しい絵本大賞」でも賞を受賞した、大人気の物語。 言語は日本語とタイ語のバイリンガル仕様。 ここでしか手に入らない一品、ぜひ、お楽しみください! ■ 絵本販売の一部は、タイの子どもたちへの絵本寄贈の費用に充てさせて頂きます。 /////////////////////// 『本書はサイン付きの商品です』 ■ 特に希望がない場合は、絵本作家まえだゆうきのサインを入れさせていただきます。 サインの内容に希望があります方は、「注文時のメモ欄よりご指定」くださいませ。 ////////////////////////////////////////// 【注意事項】※よくお読みください ■ 価格は海外からの送料込みの価格です。 ■ 海外からの発送の為。到着には1ヶ月以上のお時間を頂戴しております。 ■ 商品注文の際に打ち込む住所は、間違えの無いよう、必ず確認をお願い致します。 ありがとうございます! 絵本作家 まえだゆうき
    3,000円
    まえだゆうきオンラインショップ
  • 商品の画像

    絵本『ぼくのおちんちん』おとこのこのためのはじめての性教育

    『おちんちんて何であるんだろう?』『どうして女の子にはおちんちんは付いていないのかな?』 男の子ならば誰もが疑問に感じる「おちんちんの謎」を、カラフルでポップな絵と、ワクワクのストーリー展開で楽しく学べる性教育絵本です。 「おちんちんの役割」「男の子と女の子の違い」「命の不思議さ」そして「命の大切さ」。 健やかで、オープンに「性教育を学ぶ為のエッセンス」がぎゅっと詰まった、はじめて性教育について関心を持たれた方、これからどうやって子どもに性教育を教えていこうか悩まれている方にうってつけの入門書です! 教育現場でも読み聞かせしやすい、大判のA4サイズです! 男の子を持つお母様、お父様、そして教育に携わる全ての方に手に取って頂きたい一冊! 巻末には、性教育認定講師「みなみりな」氏によるQ&Aコーナー、ワークショップコーナーも付いてきます! 著者は、タイ、バンコクにて商業出版を重ねている人気絵本作家「まえだゆうき」 監修には性教育認定講師の「みなみりな」 多くのチャリティーイベント、性教育イベントを手がけている「みなえみ」 他、多くの方の力を借りて本書は完成いたしました。 本書が性教育の普及と、性教育で悩む全ての人たちのささやかな助けになる事を願って。 ////////////////////////////////////////// 【注意事項】※よくお読みください ■ 価格は海外からの送料込みの価格です。 ■ 海外からの発送の為。到着には1ヶ月以上のお時間を頂戴しております。 ■ 商品注文の際に打ち込む住所は、間違えの無いよう、必ず確認をお願い致します。 絵本作家 まえだゆうき
    2,500円
    まえだゆうきオンラインショップ
  • もっとみる

最近の記事

タイにやって来て一年

【近況報告・お誕生日メッセージありがとうございます😊】 サワディカッ!皆さん、元気ですか? タイにやって来て、早いものでもうすぐ一年。 前田は毎日元気にやってます!   昨日(11月28日)は、僭越ながら、38歳の誕生日でした。 いつもと変わらずオフィスで仕事をしていると、職場のみんながサプライズでケーキをくれたり。 見知らぬ人から宅配便でケーキが届いたり。 沢山メッセージもらったり。 想像を遥かに上回るお祝いに、かなり目頭がうるっとくる1日でした。 (本当にありがとう

    • 【悩む事は尽きないけれども】

      【悩む事は尽きないけれども】 先週の休みは、行こう行こうと思いつつ行っていなかった、パタヤに行ってきたよ。 バスに揺られて20分。 着いたのはいいけれども、どこに行けばいいか分からず。 大きな仏像を見て、海を見て、ココナッツジュース飲んで、帰ってきました。 その話を同僚に話したら、「次回は島に行きなさい」と言われたので、今度は島に行ってこようと思います。 (みんなもおすすめポイントあったら教えてね) //////////////////// 『最近の悩み』 きっと

      • 満足では無いんだな

        シラチャに引っ越してきた時にもらった中古の自転車。 ボロボロのボ~ロボロになってきたから、修理に出したよ。 サドルを替えて、ギアのワイヤーを替えて、タイヤも替えて、油を差して。 見違えるようにピカピカになったんだ。 スクンビット通りの坂道を立ち漕ぎして、 ロビンソン(デパート)に行ったり、床屋に行ったり、カンタリーカフェに行ったり。 トゥクトゥク代も馬鹿にならないと、今日もチャリ漕いで節約しているよ。 (来年こそはバイクを買いたい) /////////////////

        • 僕たちは、思い出す為に旅に出る

          【僕たちは、思い出す為に旅に出る】 ビザの手続きの関係で、「ラオス」に行ってきたよ。 シラチャの街からバスに乗り、タクシーに乗り、飛行機に乗り。 またバスに乗り、国境を越え、川を越え、ヴィエンチャンの街へ。 ラオスは社会主義の国のせいなのか、タイに比べてのんびりしてて。 ビールとコーヒーとフランスパンが美味しくて。 夜風が気持ちよくて。 いい感じにWi-Fiが繋がりにくい国。 (どこへ行ってもタイ語が伝わるから、何不自由なく過ごせました) おかげで強制的に仕事か

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 【日々はあっちゅーま】タイ移住編!🇹🇭
          まえだゆうき
        • タイ旅(世界の子どもたちに絵本を届けに行く!)
          まえだゆうき
        • チベット・インド旅行記
          まえだゆうき
        • 日々はあっちゅーま
          まえだゆうき

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          それなりの脳みその使い方

          【それなりの脳みその使い方】 タイで新しい仕事を始めてから、1ヶ月が経ったよ。 ちょっと前までは、包丁を手に魚を捌いたり、フライパンを振っていた私だったけれども。 今は日系の会社に勤めて。 ワイシャツを着て、毎日業務日報書いて、休憩時間にはゴルフの練習に励む日々です。 (仕事の付き合いでゴルフはマストです) 面白いもので、仕事が変われば、ユニフォームだけじゃなくて、 脳みその使い方も変わる。 山のようなオーダーを捌くために、時間をぎゅっと濃縮させるような 脳みその使い

          今日一日ベストを尽くせたか。それだけを頼りに生きているんだ

          『今日一日ベストを尽くせたか。それだけを頼りに生きているんだ』 何事もそう。 新しい仕事、新しい環境、新しい人間関係。 新しく何かを始めるって、いつだって大変。   覚える事も沢山で、人間関係も、信頼も、一から作っていかなければならない。 ほどほどのストレスは、筋トレと一緒で、「たくましい心」を作ってくれるというけれど。 ストレス過多だとさすがに最近ぐったりモード。 そんな時はさ。 一日、 今日一日だけを生き切る事に力を注いでいるよ。 毎日やれるだけの事をや

          転がる石のようにね

          『転職しました』 サワディカッ!みなさんお元気ですか? 少し急な報告になりますが、今月から、6ヶ月間勤めたレストランを退職して、シラチャのサービスアパートメントでお仕事をする事になりました^^ 9月1日からお仕事しています。 頑張ってます! 半年間のレストランの仕事はとてもやり甲斐があって。 100%ローカルなタイの職場で、タイ人のスタッフに囲まれて奮闘する日々は濃密で。 ぶっちゃけここ半年間ぐらいは絵本作りの事すっかり忘れて、本気で板前さんになろうかと思った事もあった

          この道が正解だったかではなく、この道を正解にする為の1日を今日も生きているんだ

          【この道が正解だったかではなく、この道を正解にする為の1日を今日も生きているんだ】最近コツコツと描いているエッセイの挿絵。 いつもは色を塗る時はアクリル絵具を使う事が多いんだけれども、今回はかなりペンで念入りに線入れをしているので、それを活かす意味でも、透明度の高い水彩絵具を使って着色しています。 家の近くのロビンソン(デパート)で絵具と筆を買ってきたよ。 自分で描いておいてなんだけれども、なかなか細かい部分が多いので骨が折れますが、好きな音楽かけながら絵を描いている時

          まわり道こそが本質でありますように

          【まわり道こそが本質でありますように】「無人島に行くとしたら何をもっていきますか?質問」で絶対に即答で答えるのが、ノートとペン。 いつもカバンのなかにはノートのストックを何冊か入れていて、たまにストックを切らした日には、ソワソワして落ち着かなくなります^ ^ 旅の旅行記。日々のエッセイ。 イラスト。絵本のアイデア。 思った事。悔しかった事。 これからの目標。 思いつくままに書き殴っていくんだ。 結局の所、自分にとっての1番のストレス発散は書く事だし。 1番の相談相手もノ

          絵を描く

          【絵を描く】※今日は絵の話です 仕事の合間をぬって書き続けていた「旅行記」が完成したので、最近、少しずつ旅行記の挿絵を描き始めたよ。 絵本作家と言いつつも、最近はレストランで刺身包丁ばかり握っていた私。 久しぶりに握ったペンの感触は、「そうそう、やっぱりこれだよなぁ」。と思わずニンマリしてしまうような、そんな感覚でした。 少し話が変わるけれど。 私が最近読んだ、森岡穀さんというマーケターの方(USJとかを手がけていた人)の本の一節で、 「会社でも個人でも、何をする

          板前気分

          【板前気分】 最近、仕事中は厨房に立つことが多い私。 焼き場、揚げ場、と来て、最近は魚を捌いたり、刺身を持ったりするようになってきて、少しずつ板前さんの仕事を覚えるようになって来ました。 最近は休憩時間に、YouTubeで魚の捌き方の動画ばかり見ているよ^^ サーモン、アジ、タイ、イカ、それぞれの魚を無駄なく捌いて料理していく日本食の技術には、改めて感動を覚えるね。 写真大好きタイ人のお客さんが喜ぶような、映える盛り付けができるよう、色々チェックしています。 それに

          仲間との出会い

          【仲間との出会い】 「出会いというものはいつも、今まで見たことのない景色を見せてくれる」。 今週からうちのレストランにやってきた新しい板前のヌン君(30才)。 はてさて、どんな子かなと思って様子を見ていたら。 なかなかどうして、寿司や刺身の扱いもうまいし、盛り付けにも美意識がある。 仕事にもストイックで、しかもハンサム。 しばらく様子を見るどころか、やってきてすぐに一発で仲良くなってしまいました。 (私は基本的に人に対しては甘々です) 毎日のおすすめメニューで、ヌン

          すみません、J-POPが大好きになってしまいました

          【すみません、J-POPが大好きになってしまいました】 色々あるお店の仕事の中でも、一番テンションが上がる仕事が、『お店のBGM選び』。 日本食レストランということで、ユーミンや尾崎から、米津やyoasobiぐらいまで、新旧おりまぜて色々流しているよ。 仕事が大変な時も、忙しい時もふと手を止めて、流れるJ-POPに耳を傾けてしんみり聴き入るのがマイブーム。 ところが問題なのが、ホールの女の子たちの間で「J-POP大好きグループ」と、「J-POP好きじゃないグループ」で

          悔しいけれども、仕事って本当に楽しいんだな。

          【悔しいけれども、仕事って本当に楽しいんだな。】 『そこに自由意志があるかどうか』。 それが人間の幸福を決める、大切な要素なのだそうだ。 シラチャーのレストランで働き始めてから四ヶ月。 「店を良くしよう」 「メニューを変えよう」 「味を良くしよう」 と奮闘する私の心意気を信じてくれたのか、オーナーが私よりベテランの先輩板前さんたちを他の店に異動させて、代わりに新しい板前さんたちを私の下につけてくれたのです。 (つまりは、ちゃんと私の提案を聞いてくれる人たちで周りを固め

          いい人でいるというビート板

          【いい人でいるというビート板】 自分で言うのもなんだけど、自分は結構いい人だと思う。 仕事を頼まれたら快く引き受けるし、別に人の悪口を言ったりもしない。 一日の終わりには、「今日も俺っていい奴だったな~」。と、自分を褒めてあげるぐらいにはいい奴だと思う。 でも、オーナーから仕事としてレストランを任されている以上、スタッフの方々に対して『言うべきところは言う』とか、『毅然とした態度を取る』と言う部分も、必要になってくるわけで。 普段からいい人やりすぎて、「いい人になり切っ

          休む事も仕事のうち?

          【休む事も仕事のうち?】 仕事に絵本に職場での人間関係。 これから先、かなりの長期戦になると分かってからは、どうやって自分をいたわって、情熱を維持していくか。という事も大事なポイントになってきたよ。 朝、鏡に映った自分を見た時。 職場に向かってチャリ漕いでる時。 なんかモヤモヤ憂鬱な時は、思い切って自分をいたわるようにしているんだ。 最近の流行りは、仕事終わりに住んでるコンドーのプールで泳ぐ事。 (さおりさん教えてくれてありがとう!) 私は平泳ぎしかできないので、