おかざき真里

おかざき真里 『&』 を読む

どこかのテレビ番組で、類人猿の研究者が、「わかる」ということは、想定と本質が矛盾しないことですと説明してたけど、それがまさしくテーマであった、『&』。
タイトル通り、登場人物たちはみんな二つのものを同時に抱えており、それがダブルワークだったり、過去や今、好きな人や好かれている人、責任持たなきゃいけない人間と救いをくれる人間、反発と献身、などなど、&のバラエティは豊かなのです。
その、抱えている二つ

もっとみる

日記 2020年9月 物語としては完結していない。でも、登場人物の心境は完結している世界で。

9月某日。

「宝石の国」を5巻まで読んだ後から、Youtubeで「宝石の国」のMADを漁る日々を過ごしていて、その中で「命に嫌われている。」という曲を知った。
 自分の中で好きな曲ができると、職場の後輩に喋ることにしていて、「命に嫌われている。」についての話題を出してみると、

「あ、カンザキイオリですね。同じ人で『あの夏が飽和する。』って曲が俺は好きです。ってか、俺の理想です。物語が想像できて

もっとみる
嬉しい...!
19

漫画「サプリ」を読んで死と働き方を考え直してみた

会社の本棚にあった漫画「サプリ」

何でそこにあるのかわからなかったが、借りて読んだ。

お仕事漫画に恋のエッセンス少々。

絵が美しいし、おかざき真里さんが博報堂のプランナーだったこともあり、リアリティあふれる働く女性の姿にあっという間に夢中になった。

借りて一度読んだけど、先日、キャンペーンで40%オフ&クーポンで25%オフという半額以下で電子書籍全巻をゲットできるチャンスがあったので、つい

もっとみる
頑張ります!!
3

『かしましめし』1巻発売記念!おかざき真里×よしながふみ かしまし対談《アンコール掲載》

※こちらは『フィール・ヤング』2017年10月号掲載の対談記事を一部抜粋し、2017年9月 FYnetに掲載された記事を修正のうえ再掲したものです。

『かしましめし』第1巻の刊行を記念して、著者のおかざき真里先生と、フィーヤン初登場のよしながふみ先生による夢の豪華対談が実現! 

奇しくも同じ年にデビューを飾り、現在も「ご飯もの」と「時代もの」の作品を並行して連載中…という、共通点の多いお二人に

もっとみる

美味しい「とうもろこしご飯」のススメ

漫画が好きです。美味しいものを食べるのも好きです。この二つが掛け合わさったらほんとに幸せです。

ということで、好きなご飯の話。おかざき真里さんの「とうもろこしご飯」のレシピは我が家での定番になっています。

食べた瞬間からリピート確定でした。香ばしい醤油バターで炒められた甘ーいとうもろこしでご飯が進みます。

スーパーにとうもろこしが並んでいる今の季節にはぴったり。材料としては、簡単に準備できそ

もっとみる
ハッピー!
4

救ってくれて、ありがとう

漫画、最近読んでますか。家に子供のものが優先しておかれるようになってから、漫画はほとんど処分してしまった。一番読んでいたのっていつだろう。中学~高校生くらいかな?子供が大きくなったら、また買い集めたいな、と思う。そんなはいるの「#私を構成する5つのマンガ」をお話します。

1.火の鳥

 いきなりここから?!という感じなのですが、わたしが小学生の時に、唯一親から買い与えられた漫画が火の鳥だ。不死鳥

もっとみる
小吉😂はいるのシフォンケーキが焦げました
20

日本のことをマンガで学ぶならこの三作!絶対外さないゾ!

みなさんこんにちは。和樂web編集長のセバスチャン高木です。コロナとの生活はしばらく続きそうです。

こんな時なので学校の授業で習ったきりすっかり忘れてしまった日本文化のことを学んでみては?と思うのですが、本を読むのはちょっと気分的にしんどいときがありますよね。

そんな時おすすめなのがマンガです。ここでは「日本のことはぜーんぶマンガから学んだ」と豪語する、私、セバスチャン高木が日本文化を学ぶため

もっとみる
バカバカしいことを真剣に!
34

漫画『阿・吽』から学ぶ生き方の選択肢

こんにちは。

いきなりですが、私はおかざき真里さんの漫画が大好きでよく読んでいて、何気にふと思ったことをツイートしたところ…おかざき真里さんご本人にいいね!を頂いてしまい、ちょっとテンション上がってしまったので、自分の独自の解釈をつらつらと書き留めていこうと思います。

まず、登場人物の最澄と空海の人柄から。

最澄と空海いう人物

最澄は、一言で言うと『ソフト』な人です。人当たりよく、品もよく

もっとみる

27歳と1日目

2月28日で、27歳になった。
27歳といえば、母がわたしを産んだ歳でもある。

そして、わたしのだいすきなお仕事マンガ、『サプリ』の主人公、藤井ミナミの年齢でもあり、とうとう追いついてしまったなあ…という気持ちでいっぱい。
歳を重ねるごとに、読んできた漫画の主人公の年齢を超えてしまう。
26になった時は、『砂時計』の杏が最後に大悟と結ばれる年齢になってしまった!と思って、ロケ地である島根・鳥取に

もっとみる
わーい!うれしいですっ❣️
27