モケリン

他愛もない話と、読んでる本の話を書いています。

モケリン

他愛もない話と、読んでる本の話を書いています。

最近の記事

読書日記・2月12日~2月18日

2月12日(月) 水木しげるさんの『昭和史』を読み進めている。事件続きの昭和初期から読み進めているんだけど、あまりに事件が多すぎて何が何だかわからなくなっている。「いわゆる○○事件である」と紹介されているので、おそらく有名な事件ばかりだろうし、授業で習ったこともあったはずなんだけど私は一切覚えていないので頭が混乱している。でもこの本、水木さんの幼少期からの姿が描かれていて、それがとてもゆるくて良かった。激動の時代も何のその! とにかく腹が減りまくり、そのことしか考えられない

    • 読書日記・2月5日~2月11日

      2月5日(月) 古賀及子さんの『おくれ毛で風を切れ』を読む。日々の暮らしを独自の視点と文章にしていく古賀さんの、日記の面白さを改めて思い知ると同時に、私もこんな風に日記が書きたい!!!という気持ちだけが高まる。気持ちだけを高めて行動にはうつさないというのが私のスタイル。そこが大きな問題点。 * 2月6日(火) ここ数日、読解力を身につけたくて、小学生の国語ドリルで勉強し直している。小学4年生からスタートしたんだけど、これがけっこう難しくて「え?何??どういうこと???

      • 読書日記・1月29日~2月4日

        1月29日(月) 気持ちがドカーンと沈むニュースが舞い込んできた。ニュースになっていた漫画家さんの作品が大好きすぎて、どの作品も読み返しまくっていたけれど当分は読み返すことができないかもしれないな・・なんてことを思いながら久しぶりに『Bread&Butter』をパラパラとめくっていたらやっぱり面白くて、気づいたら夢中になって読んでいた。どんなことがあっても、作品の面白さには関係がないのかもしれない。ありがたい。 * 1月30日(火) 大矢博子さんの『クリスティを読む!

        • 読書日記・1月22日~28日

          1月22日(月) ひらいめぐみさんの『転職ばっかりうまくなる』に、好きなことを仕事にすることの弊害が書いてあった。本屋さんへ行くことが癒しの時間だったひらいさん。しかし書店員になってから本屋さんへ行くと、その店の本の配置や入荷本などが気になるようになり、癒されるはずの本屋さんでも仕事のことばかり考えて気が休まらなくなったそうな。 私もひらいさんのようになりそうなので、本屋さんが大好きだけど本屋さんで働くことを選んだことがない。好きなことを仕事にしたほうがいいと耳にすること

        読書日記・2月12日~2月18日

          読書日記・本を読んだり映画を見たり

          1月15日(月) 最近つかれているのか、目がかすんで本が読みにくい日が増えた。私ったらよっぽどお疲れなのね、ゆっくり休まなくちゃ!なんて自分を労わろうとしていた矢先、夫に「それって老眼じゃない?」とあっさり指摘される。自分でも薄々気づいていたんだよ。でも私は「これは老眼かもしれないけど違うかもしれない」という希望を捨てずに生きているレディーなのだ。そんなレディーに対して直球を投げるのは失礼だろ!!とわめく。精神は永遠に子どものままなのに、体だけはしっかり老いていくのどうにか

          読書日記・本を読んだり映画を見たり

          読書日記・焦らず騒がず

          1月8日(月) 冬休みも終わろうとしている今になって、スイカゲームを購入した。子どもたちと私の3人で順番にゲームをしてみる。子どもたち以上に私が本気になり熱くなったので、早々にゲームから離脱。ハマりそうな予感しかない、主に私が。 * 1月9日(火) noteで読書日記を再開した日。読んでいる本のことをちょこっとだけ書くには日記が最適なんだと、日記を中断していて気づいた。ただ「日記を更新しなくちゃ!!」と焦りを抱けば、日記を書くこともしんどくなる。焦らず騒がす、冷静に対

          読書日記・焦らず騒がず

          読書日記・やっぱり再開

          日記はもう書かないつもりだったけれど、そうすると読んだ本の話をする場所がないなぁと気づいたので、やっぱり読書日記を再開ます。てへ。 2024年1月1日(月) 年始からとんでもないニュースにビックリ。持って行き場のない感情がわきあがるものの、こういうのをSNSに書くのもはばかれる、しかしどこかに匿名で吐き出したい思いがずっとまとわりつく。ちょっと落ち着け、自分!と思い、葉山莉子さんの『ティンダー・レモンケーキ・エフェクト』を読む。日記はおもしろくて楽しい。救われる。 *

          読書日記・やっぱり再開

          今年もいつも通りがんばりません

          2023年の年末、「2024年になる前に、来年やりたいことでも書き出してみようかな」と考えていたのに、そういえば何にも書いていなかったと気づいた2024年1月9日。 忘れっぽい私がやりたいことを書いたところで、それらを覚えていられるとは思えない。けれど、そういったやりたいことを書くだけでも、意識がそちらに向くとかいう話も聞くじゃないですか。とはいえ自慢じゃないが、書いてたから意識が向いたってことがいままで一度もないのも事実。もしかして書いたものは定期的に見返さないと意味がな

          今年もいつも通りがんばりません

          日記は読むのが楽しいのであって

          年明けと同時に、葉山莉子さんの『ティンダー・レモンケーキ・エフェクト』を読んでいる。 「Tinder」で「日記さん」と呼ばれながら、日記を書いていたらしい葉山さん。「Tinder」が何かよくわかっていないんだけど(出会い系アプリ????)、葉山さんの日記がとても心地よくて読むのが楽しい。 『ティンダー・レモンケーキ・エフェクト』を読んでいたら、葉山さんが日記を書き始めた理由が書かれていた。理由はいくつかあるらしいのだけど、そのうちのひとつに福尾匠さんという方の日記が関係し

          日記は読むのが楽しいのであって

          読書日記・2023年最後の日記。

          12月23日(土) 出口保行さんの『犯罪心理学者は見た危ない子育て』を読む。子育てをしている親御さんは、「過保護型」「高圧型」「甘やかし型」「無関心型」の4つのどれかに偏っているらしいと本にあった。自分がどれに該当するのかを考えながら本を読む。4つとも当てはまる。日ごろの子どもたちに対する接しかたを改めないと、とんでもないことになりそうだ!!と危機感を抱くほど、私はこの本に登場する問題のある親にそっくりだった。いやだー。 * 12月24日(日) 『世界でいちばん透きと

          読書日記・2023年最後の日記。

          読書日記・笑えないのに笑ってしまう

          12月17日(日) 『自由研究には向かない殺人』を読む。だんだんと嘘をついている人が増えてきた感じ。こうなってからが面白くなるんだよねぇ、と思いながらひたすらページをめくる。犯人が誰なのか、いっこうに見当もつかない。 * 12月18日(月) 午後、家の近くで予定があるので自転車で出かける。帰りが夜になってしまい(誤算)、しかもかなりの強風だったせいで寒さがダイレクトに体をおそう。めちゃくちゃ寒かったので、つい「さむーい!!!!」と大声で叫んでしまった。歩いていたおじい

          読書日記・笑えないのに笑ってしまう

          読書日記・しかも、かなり。

          12月12日(火) 買い物をしていて「ありがとうございました」を言わない店員さんに遭遇すると、なんかモヤモヤしてしまう。今日出会った店員さんは、どのお客さんに対しても「ありがとうございました」を言わないので、気にしているのは私だけなのだろうか、それともみんな心の中でモヤモヤしているのかな、それよりも鼻毛が伸びていることにいま気がついて、それどころじゃないのかな? なんてことをチマチマと考えていた。どうでもいいことが、とても気になってしまう時が人生にはある。しかも、かなり。

          読書日記・しかも、かなり。

          読書日記・学ばない人

          12月7日(木) 日々の支払いはキャッシュレスが多いのに、気づいたら小銭がパンパンにたまっている。たまった小銭は小銭専用の袋に入れて保管しているのだけど、その袋もいっぱいになったのでATMに小銭だけ入金することにした。たしか去年も同じことをしたよね? と思って通帳を見たら、やっぱり12月に小銭を入金していた。12月は銀行が非常に混み合うので、入金するなら別の月にしよう!と去年痛感したはずなのに、すっかり忘れて今年も12月に入金している。学ばない。私は学ばない人だ。 *

          読書日記・学ばない人

          読書日記・幸せなことなんじゃないか

          12月1日(金) クリスマスツリーを出すのを忘れている。毎年11月中には出しているというのに、今年は「あ!クリスマスツリー出さなきゃ!!」と毎日言い続けながら、言ったそばから忘れていくので、結局ツリーが出せていない。早く出さなきゃ(その後、10日までツリーのことは忘れられる)。 * 12月2日(土) 江國香織さんの『シェニール織とか黄肉のメロンとか』を読んでいる。学生時代から仲の良かった3人の女性たち。それぞれの生き方が大きく異なっていても、友情がずっと続いていてステ

          読書日記・幸せなことなんじゃないか

          読書日記・それが正解であるかのように

          11月27日(月) 今週からもう12月だよ、と子どもたちに朝から教えられ「え?ほんとだ!もう年末じゃん!!」とビックリしたのに、この日の夜「今週から12月だね」と夫に言われて「え??ほんとだ!もう年末じゃん!!」と同じことを口にした。人の話をサラリとしか聞いていないので、私にはいつでも新鮮な驚きが訪れる。 * 11月28日(火) 『沈黙の果て』の上巻を読み終わる。この人なんかあやしくない??? と思っていた人物が逮捕された。やっぱり!!と思いながら下巻を読み始めたら、

          読書日記・それが正解であるかのように

          読書日記・母は疲れているのです、たぶん

          11月22日(水) 食べ過ぎるから太るんだし食べ過ぎなければいいんだよと、太り続ける私に、同じく太り続ける夫が言う。夫の言葉が全然耳に入ってこない。 * 11月23日(木) 息子に自転車に乗ろうよ!と誘われたので、またもや全速力でかけまわった。足が痛い。ラピュタで有名なムスカの「目があ!目があ!」のセリフのように「足があ!足があ!!」と言っていたら、息子に「うるさい!ママ静かにして!!!」と怒られた。母は疲れているのだよ、君こそ大人しくムスカごっこを聞いていたまえ。

          読書日記・母は疲れているのです、たぶん