見出し画像

チャールズ・アイゼンシュタイン著 「私たちの心が実現できると知っている より美しい世界」ー紹介・目次

はじめに

 アメリカの著述家チャールズ・アイゼンシュタインの著書は、ギフト経済の理念とクリエイティブ・コモンズ・ライセンスに基づいて、出典を明らかにすれば自由にシェア出来るように公開されています。私は昨秋に友人を通じてチャールズ本人にも連絡を取って、彼の代表作の一つである「The More Beautiful World Our Hearts Know is Possible」の翻訳に取りかかり始めましたが、諸事情によりその翻訳プロジェクトは棚上げになっていました。この度、私自身もギフト経済を実践しようということで訳し終わっている最初の4章分をここで随時公開していくことに決めました。モチベーションとスケジュール次第では、未訳の章の翻訳にも取り掛かるかもしれません。 

(追記)ゆっくりのペースになるかもしれないですが、全訳に取り組んでいくつもりです。

本書の紹介

 社会や環境が危機に瀕している時に、個人として私たちは世界を良くするために何が出来るでしょうか?この本は、この危機の時代に、私たちの多くが感じているフラストレーション、麻痺や圧倒される感覚に立ち向かうための力強いメッセージを送ってくれます。それは私たちが忘れてしまっている真実を呼び覚まし、私たちには皆繋がりがあって、私たちの小さき個人的な選択は世界を変えるパワーを持っているという真実を思い出させるのです。今の世の中にはびこる分断ではなく、本来存在するありとあらゆるものとのつながりを思い出し、それを生きることで私たちは世界に良き変化をもたらすことができるようになるのです。

 この本の全体を通じて著者は、実話を交えながら、いかに小さくとも個人の勇気、優しさや自己信頼からの行動が私たちの文化や生活に浸透し始め、地球を危機に陥らせている分断・分離の物語を変えることが出来ると語っています。私たち自身が平和や秩序を体現することで、古きパラダイムを眠りにつかす事が出来、「私たちの心が実現できると知っている より美しい世界」を共に創り出す事が出来るのです。

原書は2013年の11月に出版されています。

英語のオンライン版はこちらで公開されています。

こちらのページから寄付をすることで著者をサポートできます。

著者紹介

チャールズ・アイゼンシュタイン (Charles Eisenstein)

著述家。文明、意識、貨幣、人間の文化的進化を主なテーマとして扱う。幅広くインターネットで流通している彼のエッセイやビデオメッセージによって、彼はジャンルを超えた社会的哲学者、カウンタカルチャーの知識人として英語圏では世界的に知られている。エール大学卒(1989年、数学・哲学専攻)。卒業後10年を英語ー中国語の通訳として過ごす。聖なる経済学 (Sacred Economics)、人類の上昇 (Ascent of Humanity) の著者。全米で最も有名な TV ショーでもあるオプラ・ウィンフリーの番組にも出演。 

著者ウェブサイト

(参考ビデオ:聖なる経済学 [日本語字幕付き]) 

目次

謝辞

分離
崩壊
インタービーイング 
皮肉な考え方
正気を失うこと
6
7 科学 
8 気候
9 絶望
10 希望
11 形態形成
12 ナイーブであること
13 現実
14 スピリチュアリティ 
15 正統性
16 新しきこと
17 緊急性
18 欠乏感
19 行為
20 無為
21 注意
22 苦闘
23 痛み
24 悦び
25 ジャッジメント
26 憎悪
27 正義
28 精神病質
29 悪
30 物語
31 途絶
32 奇跡
33 真実
34 意識
35 運命
36 通過儀礼

> 第1章 分離


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大野誠士 | Office Seiji Ohno 代表

”スキ”やコメントありがたいです😊

ありがとうございます!
20
CIISソマティックカウンセリング心理学部元准教授。カリフォルニア州公認心理セラピスト。現在はベンチャーキャピタル、社会起業家、教育関係者、女性政治家、助産師、お母さんたちとの繋がりなどを通じて、社会システムや個人の意識の変容に取り組んでいます。 seijiohno.jp